白崎 良演 (シラサキ リョウエン)

SHIRASAKI Ryoen

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

准教授

生年

1965年

研究分野・キーワード

固体物理、場の量子論、非線形波動、強相関電子系、ポーラロン、ソリトン、擬一次元電子系、二次元電子系、量子ホール効果、熱流磁気効果、スピントロニクス、光誘起相転移、FNFトンネル磁気抵抗

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Delocalization of Polaron of the Extended Peierls-Hubbard System in the Mott Phase   2003年11月

    【論文】 Effects of the lattice discreteness on a soliton in the Su-Schrieffer-Heeger model  1996年03月

    【論文】 Non-Abelian gauge field theory of the spin-orbit interaction and a perfect spin filter  2007年03月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Observation and calculation of higher-order sideband transitions in a flux qubit coupled to a SQUID-based resonator   2014年07月

    【国際会議発表】 Raman-like transitions in A superconducting Quantum circuit and Incorporation of switch Made of novel 2D materials  2016年04月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年

    東京大学  理学系研究科  物理学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  東京大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本物理学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 数理物理・物性基礎

  • 物性Ⅰ

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of Discreteness and Quantum Fluctuations on Non-linear Excitations in One-Dimensional Electron Lattice Systems

    白崎 良演

      1993年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学大学院理学系研究科 本論文では、t-ポリアセチレンのソリトンについて、結晶内に炭素原子が離散的に配置する格子の離散性と、結晶が格子振動の量子性が、ソリトンの形状と生成エネルギーに与える影響を理論的に考察した。離散性の効果の評価では、ソリトンに伴って現れる格子の光学的、音響的ひずみの二つのモードの影響を考慮して連続体モデルを再構築し、ソリトン解を求め直した。次に格子振動の量子性の影響は、ソリトンの生成エネルギーに対するフォノンと電子の自己エネルギーを用いて評価した。その結果、格子振動の量子性はソリトンの生成エネルギーに大きく影響し、この効果は t-ポリアセチレン中の水素の同位体効果として観測できる可能性を数値的な評価を行うことによって示した。

  • New Electronic Localized States in the u-Schrieffer-Heeger Model -The analytical solution of the electronic localized states- (Su-Schrieffer-Heeger Model に現れる電子の新しい局在状態)

    白崎 良演

      1990年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京大学 大学院理学系研究科 t-型ポリアセチレンは一次元的な鎖構造を作り、炭素間結合の結合交替の欠陥としてソリトンが現れる。本論文では、ソリトンが音響的な対称性を持つ格子歪を伴う場合に、電子バンドのバンド端の電子状態に弱い束縛状態が現れることを解析的な理論計算によって明らかにした。

論文 【 表示 / 非表示

  • Observation and calculation of higher-order sideband transitions in a flux qubit coupled to a SQUID-based resonator

    島津佳弘、白崎良演、戸田俊一、山梨晴貴

    Journal of Physics: Conference Series ( IOP science )  568   052030   2014年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    3接合超伝導磁束量子ビットは、3つのジョセフソン接合を含む超伝導ループ回路である。量子ビットは超伝導ループ内の電流の右回りと左回りの2状態による量子力学的重ね合わせ状態を実現する。また、状態間の量子トンネル効果によって基底状態と励起状態でエネルギー分裂を起こし、励起エネルギーに相当するマイクロ波を印加したとき量子状態が遷移する。さらに、共振器と結合した量子ビットは基底状態と励起状態がそれぞれサイドバンドを形成し、マイクロ波の印加により基底状態のサイドバンドから励起状態のサイドバンドの準位への遷移を引き起こす。これをサイドバンド遷移と呼ぶ。本研究は共振器と結合した3接合超伝導磁束量子ビットを作成してサイドバンド遷移の測定を行い、理論計算との比較を行った研究である。サイドバンド遷移を引き起こすマイクロ波周波数と遷移確率の大きさについて理論と実験の良い一致が見られた。

    Web of Science DOI

  • Current-induced cooling phenomenon in a two-dimensional electron gas under a magnetic field

    Naomi Hirayama, Akira Endo, Kazuhiro Fujita, Yasuhiro Hasegawa, Naomichi Hatano, Hiroaki Nakamura, Ryōen Shirasaki and Kenji Yonemitsu

    Journal of Low Temperature Physics   172 ( 6 ) 132 - 153   2013年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    電子系に電流を流すと、電流による発熱で試料が加熱されるが、強磁場中の2次元電子系では定常電流と定常熱流が非一様に分布するために、試料の温度分布も一様ではなくなることが実験的に示されている。本研究は、熱流磁気効果を考慮した輸送方程式によって導出した非線形ポアソン方程式を用いて、試料内の電位ポテンシャルと温度分布を数値的に解き、非一様な温度分布が現れる様子を調べた研究である。本研究は、特に試料の左右に電極を付け、それ以外は絶縁・断熱的に外界と接している状況を厳密に取り入れて数値解析を行った研究であり、エッチングスハウゼン効果とライト=リデュック効果による試料の冷却効果が現れることを改めて確認している。

    Web of Science DOI

  • Thermomagnetic Effect in the Quantum Hall System

    Ryōen Shirasaki, Akira Endo, Naomichi Hatano, and Hiroaki Nakamura

    Journal of ELECTRONIC MATERIALS   41 ( 6 ) 1540 - 1545   2012年02月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Transport-Coefficient Dependence of Current-Induced Cooling Effect in a Two-Dimensional Electron Gas

    Naomi Hirayama, Akira Endo, Kazuhiro Fujita, Yasuhiro Hasegawa, Naomichi Hatano, Hiroaki Nakamura, Ryōen Shirasaki, and Kenji Yonemitsu

    Journal of ELECTRONIC MATERIALS   41 ( 6 ) 1535 - 1539   2011年12月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Dissipative Particle Dynamics Simulation of Phase Behavior in Bolaamphiphilic Solution

    R. Shirasaki , Y. Yoshikai, H. Qian, S. Fujiwara, Y. Tamura, and H. Nakamura

    Plasma and Fusion Research: Regular Articles   6   2401116 - 2401119   2011年08月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Raman-like transitions in A superconducting Quantum circuit and Incorporation of switch Made of novel 2D materials

    清水、白崎  [招待有り]

    Energy Materials Nanotechnology Meeting on Quantum. C36.  (プーケット郡、タイ王国)  2016年04月  

     概要を見る

    超伝導ループを用いた量子ビットは新しい情報計算機器の基本素子の候補として関心が持たれている。本研究では共振回路と結合した超伝導磁束量子ビットを作成し、結合によって現れる量子ビットの側帯励起バンドの観測とRabi振動の実験を行い理論との比較を行い良い一致をえた。一方、量子ビットの動作を制御するデバイスの候補としてFETスイッチが考えられる。本研究では2次元物質である二硫化モリブデンを用いてFETを試作しその伝導(輸送)特性を調べ、特異なヒステリシスが現れることを発見した。 (担当部分) 実験研究と理論研究の成果をまとめた論文であるが、このうちの理論計算を担当

  • Investigation of phase behavior of bolaamphiphilic solution using dissipative particle dynamics simulation

    R. Shirasaki , H. Qian, S. Fujiwara, and H. Nakamura

    30th JSST Annual Conference (JSST 2011) International Conference on Modeling and Simulation Technology  (東海大学高輪キャンパス)  2011年10月  

     概要を見る

    本論文は、溶液中の自己組織化現象を、散逸粒子動力学法によるシミュレーションによって調べた研究である。特にこの論文では、分子軸の折れ曲がりの角度分布に注目して、分子溶液の相図との関係を調べた。 分子軸の折れ曲がりに対して、復元力がある場合、溶液中ではラメラ構造やネットワーク構造が現れるが、分子の折れ曲がりの角度分布は0.3〜0.4(rad) 付近に大きなピークを持っていた。一方、全く復元力が働かない場合は、ラメラ構造もネットワーク構造も見られず、両親媒性分子の場合と似た、棒状ミセル構造等が現れる。このときの分子の折れ曲がり角度の分布ではπ(rad) 近くにピークを持つことが明らかになった。 (担当部分) 数値計算と計算結果の評価を担当。

  • Theoretical study of thermoelectric and thermomagnetic characteristics   of Bismuth nanowires under a quantizing magnetic field

    平山、遠藤、藤田、長谷川、羽田野、中村、白﨑、米満

    NATO Advanced Research Workshop on New materials for thermoelectric applications: theory and experiment 2011  (クロアチア)  2011年09月20日  

  • Transport-coefficient dependence of current-induced cooling effect in a two-dimensional electron gas

    平山、遠藤、藤田、長谷川、羽田野、中村、白﨑、米満

    30th International Conference on Thermoelectrics (ICT 2011)  2011年07月18日  

  • Dissipative Particle Dynamics Simulation of Phase Behavior in Bolaamphiphilic Solution

    白﨑、吉海、クワン、藤原、田村、中村

    20th International Toki Conference on Advanced Physics in Plasma and Fusion Research  (岐阜県土岐市セラトピア土岐)  2010年12月07日   核融合科学研究所

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • ダイラタンシー性PIC水溶液のゲル化メカニズムに関する理論的検討

    提供機関: 地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所  国内共同研究  

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  ナノ・マイクロ凝縮系物性論

  • 大学院理工学府  ナノ物性物理科学

  • 理工学部  固体物理学Ⅰ

  • 理工学部  電磁気学演習

  • 理工学部  物理工学実験情報演習Ⅰ

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2019年03月
      理工学部教務・厚生委員(物理工学EP委員)   (部局内委員会)