首藤 健一 (シュドウ ケンイチ)

SHUDO Ken-ichi

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

准教授

ホームページ

http://surface.phys.ynu.ac.jp


取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   准教授  

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   助教授  

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   講師  

  • 1999年09月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   講師  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   数物・電子情報系理工学専攻   准教授  

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 薄膜・表面界面物性

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Compendium of Surface and Interface Analysis

    Ken-ichi Shudo, Shin-ya Ohno (担当: 共編者 )

    The Surface Science Society of Japan   2018年03月 ISBN: 9789811061554

    Amazon

  • Reflectance Difference Spectroscopy

    Ken-ichi Shudo, Shin-ya Ohno (担当: 共著 )

    2018, Springer-Verlag GmbH, Heidelberg  2018年 ISBN: 9789811061561

  • "Frontiers in Optical Methods: Nano-Characterization and Coherent Control" Springer Series in Optical Sciences

    K. Shudo, I. Katayama, S. Ohno (eds) (担当: 共著 , 担当範囲: 企画・編集を担当。複数の章を執筆 )

    Springer-Verlag GmbH  2013年12月

     概要を見る

    近年の先端的な光学測定手法に関して概説した大学院生・研究者向けの解説書。原子スケールの超薄膜の光応答や,フェムト秒スケールの超高速過程の現象の計測例を挙げて,原理や実験法を解説した。

  • `Real-Time Analysis of Initial Oxidation Process on Si(001) by Means of Surface Differential Reflectance Spectroscopy and Reflectance Difference Spectroscopy' in "Frontiers in Optical Methods: Nano-Characterization and Coherent Control"

    Shin-ya Ohno, Ken-ichi Shudo and Masatoshi Tanaka (担当: 共著 , 担当範囲: 全体の内容構成と文献調査,編集と校正を行った )

    Springer-Verlag GmbH  2013年12月

     概要を見る

    表面反射分光の精密測定によって原子スケールで半導体表面の吸着物の定量化を行う手法を説明した。スペクトルや光学異方性から吸着分子の光遷移や薄膜形成の解析の実例を挙げて解説した。

  • Ultra-Fast Response of Ultra-Thin Materials on Solid Surfaces' in "Frontiers in Optical Methods: Nano-Characterization and Coherent Control

    K. Shudo (担当: 単著 )

    Springer-Verlag GmbH  2013年12月

     概要を見る

    光物性の量子力学的側面を説明した教科書。固体物理学の基礎から,原子スケールの超薄膜の光応答や,フェムト秒スケールの超高速過程の現象の実験結果の量子力学的側面を挙げて解説した。

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 「シリコン (111) 表面での塩素及び水素の光脱離・光解離と共吸着」

    首藤 健一

      1997年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学理学系研究科 シリコンの表面に於ける反応をトンネル走査顕微鏡(STM)で観察し,局所構造の変化から論じた。塩素吸着させた時に生ずる光反応に関して,また 水素が吸着した際に生ずるシラン様表面種の光解離反応に関して,そして 塩素と水素の置換に伴う構造変化に関して,それぞれ報告した。

    DOI

  • Light-induced monolayer modification of chlorinated silicon (111) surface studied with a scanning tunneling microscope

    首藤 健一

      1994年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京大学理学系研究科 シリコン表面の塩素エッチングを光照射で誘起し,STMで詳細に観察した。最表面原子層のシリコンアドアトムが単塩化物の場合には安定であるが,二塩化物・三塩化物になると脱離を引き起こし,第二層目の表面周期構造(レストアトム)が現れることを報告した。レスとアトム層に特徴的な欠陥から,光脱離が熱的な平衡とは異なる過程で生じていることを示唆した。

    DOI

論文 【 表示 / 非表示

  • Modulation of the optical absorption edge of epsilon- and kappa - Ga2O3 due to Co impurities caused by band structure changes: Work function measurements and first-principle calculations

    Yamanaka K., Raebiger H., Mukai K., Shudo K.

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   127 ( 6 )   2020年02月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • 材料科学に於ける電子線の応用

    首藤 健一

    表面と真空 ( 公益社団法人 日本表面真空学会 )  63 ( 1 ) 3 - 6   2020年01月  [査読有り]

    単著

     概要を見る

    <p>Generation and analysis of electron beams are of great use still today to elucidate electronic and microscopic features of solid materials. Some interesting methods, in terms of visualization of physical property at the sub-micrometer-scale structures, are addressed from researchers' view point in the fields of material science and technology. Readers will conceive something new in the introduced articles that appear in this special issue of the journal.</p>

    DOI CiNii

  • Reply to Correspondence on "Core Electron Topologies in Chemical Compounds: Case Study of Carbon versus Silicon"

    Yoshida Daisuke, Raebiger Hannes, Shudo Ken-ichi

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   58 ( 31 ) 10408 - 10409   2019年07月

    共著

    Web of Science DOI

  • “Catalytic generation of negative ions at metal surfaces with water adlayers"

    Masako Shindo, Kyohei Tashiro, Takao Sekiya, and Ken-ichi Shudo

    J. Mater Sci   54   12887 - 12897   2019年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Electronic states of 3D aromatic molecules on Au(111) surfaces: adsorption of carboranethiol

    Takuto Aoki, Yuta Nakahama, Tadao Ikeda, Masako Shindo, Masanobu Uchiyama, Ken-ichi Shudo

    Journal of Materials Science     2019年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Takuto Aoki, Yuta Nakahama, Tadao Ikeda, Masako Shindo, Masanobu Uchiyama & Ken-ichi Shudo: “Electronic states of 3D aromatic molecules on Au(111) surfaces: adsorption of carboranethiol” Journal of Materials Science, in press (2019). doi: 10.1007/s10853-019-03598-2

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Kawazoe Prize (best poster award)

    2018年   ACCMS-topical meeting 2018  

    受賞者:  Tsugumu Hishiki, Takuma Sumiya, Atsuya Muranaka, Hannes Raebiger, Masanobu Uchiyama, and Ken-ichi Shudo

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 自己組織化単分子膜形成に伴う振動の位相変調効果

    萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  継続中 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 30th International Conference on Defects in Semiconductors

    Kosuke Yamanaka, Hannes Raebiger, Kohki Mukai, Ken-ichi Shudo  [招待有り]

    Electronic state sand band gap adjustment of Co-impurity doped ε-Ga2O3 and κ-Ga2O3’  (Seattle, WA USA)  2019年07月21日   AOI │ Academic Outreach & Innovation Washington State University

  • Ultrafast Snapshot of Molecular Vibration: on Solid Surfaces at the Nanoscale

    K. Shudo  [招待有り]

    International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials (ICEAN) 2018  (Newcastle NSW, Australia )  2018年10月30日  

     概要を見る

    K. Shudo: 8B-IL-3: “Ultrafast Snapshot of Molecular Vibration: on Solid Surfaces at the Nanoscale” International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials (ICEAN) 2018 30/Oct- 2/Nov/’18. Newcastle NSW, Australia <<Invited>>

  • Catalytic effect of wet metal surface for helium anion generation

    K. Shudo, M. Shindo, and K. Tashiro

    ACCMS-topical meeting 2018 Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS)  2018年09月07日  

  • Magnetic circular dichroism spectra and spin-state calculations of metal-organic- framework film of porphyrin derivatives

    T.Hishiki, T.Sumiya, A.Muranaka, H.Raebiger, M.Uchiyama, K.Shudo:

    ACCMS-topical meeting 2018 Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS)  2018年09月07日  

  • Adsorption structure and electronic state of carborane derivatives on Au (111) surface

    T.Aoki, Y.Nakahama, T.Ikeda, M.Shindo, M.Uchiyama, K. Shudo

    ACCMS-topical meeting 2018 Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS)   2018年09月07日  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院工学府  表面物性特論

  • 大学院理工学府  ナノスケール物性科学特論

  • 大学院理工学府  表面科学

  • 大学院工学府  固体表面工学

  • 教養教育科目  プログラミング実習B

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
     
     
    Designated for Kawazoe Prize (best poster award)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:T.Hishiki, T.Sumiya, A.Muranaka, H.Raebiger, M.Uchiyama, K.Shudo PO2.6 “Magnetic circular dichroism spectra and spin-state calculations of metal-organic- framework film of porphyrin derivatives” ACCMS-topical meeting 2018 Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS) 7-9/Sep/’18, Vietnam National University, Hanoi (VNU-HN), Vietnam

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本表面真空学会

    2018年04月
    -
    2019年03月

    学協会   編集委員