首藤 健一 (シュドウ ケンイチ)

SHUDO Ken-ichi

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

准教授

ホームページ

http://surface.phys.ynu.ac.jp


学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) - 東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   准教授  

  • 2005年4月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   助教授  

  • 2001年4月
    -
    2005年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   講師  

  • 1999年9月
    -
    2001年3月

    専任   横浜国立大学   工学部   講師  

  • 2018年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   数物・電子情報系理工学専攻   准教授  

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 薄膜、表面界面物性

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 図説 表面分析ハンドブック

    日本表面真空学会(編集), 首藤健一, 大野真也(共著)( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 反射率差分光法(Ⅲ、15.2))

    朝倉書店  2021年6月  ( ISBN:978-4-254-20170-3

     詳細を見る

    総ページ数:576   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Compendium of Surface and Interface Analysis

    Ken-ichi Shudo, Shin-ya Ohno( 担当: 共編者(共編著者))

    The Surface Science Society of Japan   2018年3月  ( ISBN:9789811061554

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:853   担当ページ:521-526`Reflectance Difference Spectroscopy'   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Reflectance Difference Spectroscopy

    Ken-ichi Shudo, Shin-ya Ohno( 担当: 共著)

    2018, Springer-Verlag GmbH, Heidelberg  2018年  ( ISBN:9789811061561

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • "Frontiers in Optical Methods: Nano-Characterization and Coherent Control" Springer Series in Optical Sciences

    K. Shudo, I. Katayama, S. Ohno (eds)( 担当: 共著 ,  範囲: 企画・編集を担当。複数の章を執筆)

    Springer-Verlag GmbH  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:その他

    近年の先端的な光学測定手法に関して概説した大学院生・研究者向けの解説書。原子スケールの超薄膜の光応答や,フェムト秒スケールの超高速過程の現象の計測例を挙げて,原理や実験法を解説した。

  • Ultra-Fast Response of Ultra-Thin Materials on Solid Surfaces' in "Frontiers in Optical Methods: Nano-Characterization and Coherent Control

    K. Shudo( 担当: 単著)

    Springer-Verlag GmbH  2013年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:その他

    光物性の量子力学的側面を説明した教科書。固体物理学の基礎から,原子スケールの超薄膜の光応答や,フェムト秒スケールの超高速過程の現象の実験結果の量子力学的側面を挙げて解説した。

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 「シリコン (111) 表面での塩素及び水素の光脱離・光解離と共吸着」

    首藤 健一

    1997年3月

    学位論文(博士)   単著  

    DOI

     詳細を見る

    東京大学理学系研究科
    シリコンの表面に於ける反応をトンネル走査顕微鏡(STM)で観察し,局所構造の変化から論じた。塩素吸着させた時に生ずる光反応に関して,また 水素が吸着した際に生ずるシラン様表面種の光解離反応に関して,そして 塩素と水素の置換に伴う構造変化に関して,それぞれ報告した。

  • Light-induced monolayer modification of chlorinated silicon (111) surface studied with a scanning tunneling microscope

    首藤 健一

    1994年3月

    学位論文(修士)   単著  

    DOI

     詳細を見る

    東京大学理学系研究科
    シリコン表面の塩素エッチングを光照射で誘起し,STMで詳細に観察した。最表面原子層のシリコンアドアトムが単塩化物の場合には安定であるが,二塩化物・三塩化物になると脱離を引き起こし,第二層目の表面周期構造(レストアトム)が現れることを報告した。レスとアトム層に特徴的な欠陥から,光脱離が熱的な平衡とは異なる過程で生じていることを示唆した。

論文 【 表示 / 非表示

  • K-point longitudinal acoustic phonons are responsible for ultrafast intervalley scattering in monolayer MoSe2

    Soungmin Bae, Kana Matsumoto, Hannes Raebiger, Ken-ichi Shudo, Yong-Hoon Kim, Ørjan Sele Handegård, … 全著者表示

    Nature Communications   13   2022年7月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • Strain Engineering to Release Trapped Hole Carriers in p-Type Haeckelite GaN

    S. Bae, Y-G. Kang, K. Ichihashi, M. Khazaei, V. Swamy, M. J. Han, K. J. Chang, K. Shudo, H. Raebig … 全著者表示

    ACS Appl. Electron. Mater.   3 ( 12 )   5257 - 5264   2021年11月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • もっと短かく:高次高調波レーザー

    首藤健一

    表面と真空   64 ( 6 )   283   2021年6月

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • Modulation of the optical absorption edge of epsilon- and kappa - Ga2O3 due to Co impurities caused by band structure changes: Work function measurements and first-principle calculations

    Yamanaka K., Raebiger H., Mukai K., Shudo K.

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   127 ( 6 )   2020年2月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • 材料科学に於ける電子線の応用

    首藤 健一

    表面と真空   63 ( 1 )   3 - 6   2020年1月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本表面真空学会   単著  

    <p>Generation and analysis of electron beams are of great use still today to elucidate electronic and microscopic features of solid materials. Some interesting methods, in terms of visualization of physical property at the sub-micrometer-scale structures, are addressed from researchers' view point in the fields of material science and technology. Readers will conceive something new in the introduced articles that appear in this special issue of the journal.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007784328

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 光をシャッターとする電子源

    首藤健一

    表面と真空   62 ( 7 )   458   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:J-STAGE   単著  

受賞 【 表示 / 非表示

  • Kawazoe Prize (best poster award)

    2018年   ACCMS-topical meeting 2018  

    受賞者:Tsugumu Hishiki, Takuma Sumiya, Atsuya Muranaka, Hannes Raebiger, Masanobu Uchiyama, and Ken-ichi Shudo

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 自己組織化単分子膜形成に伴う振動の位相変調効果

    2012年4月 - 現在

    科学研究費補助金  萌芽研究

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 30th International Conference on Defects in Semiconductors

    Kosuke Yamanaka, Hannes Raebiger, Kohki Mukai, Ken-ichi Shudo  [招待有り]

    Electronic state sand band gap adjustment of Co-impurity doped ε-Ga2O3 and κ-Ga2O3’  AOI │ Academic Outreach & Innovation Washington State University

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Seattle, WA USA  

  • Ultrafast Snapshot of Molecular Vibration: on Solid Surfaces at the Nanoscale

    K. Shudo  [招待有り]

    International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials (ICEAN) 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Newcastle NSW, Australia  

    K. Shudo:
    8B-IL-3: “Ultrafast Snapshot of Molecular Vibration: on Solid Surfaces at the Nanoscale”
    International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials (ICEAN) 2018
    30/Oct- 2/Nov/’18. Newcastle NSW, Australia <<Invited>>

  • Coherent phonons in the molybdenum disulfide by ultrafast optical transient response spectroscopy

    A.Ozaki, M.Moriyama, I.Katayama, M.Kitajima, J.Takeda, K.Shudo

    ACCMS-topical meeting 2018 Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Catalytic effect of wet metal surface for helium anion generation

    K. Shudo, M. Shindo, and K. Tashiro

    ACCMS-topical meeting 2018 Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Magnetic circular dichroism spectra and spin-state calculations of metal-organic- framework film of porphyrin derivatives

    T.Hishiki, T.Sumiya, A.Muranaka, H.Raebiger, M.Uchiyama, K.Shudo:

    ACCMS-topical meeting 2018 Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   物理工学実験情報演習Ⅱ

    理工学部

  • 2022年度   表面物理工学

    理工学部

  • 2022年度   表面科学

    大学院理工学府

  • 2022年度   表面・ナノ物理学

    理工学部

  • 2022年度   プログラミング実習

    理工学部

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
     
     
    Designated for Kawazoe Prize (best poster award)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:T.Hishiki, T.Sumiya, A.Muranaka, H.Raebiger, M.Uchiyama, K.Shudo PO2.6 “Magnetic circular dichroism spectra and spin-state calculations of metal-organic- framework film of porphyrin derivatives” ACCMS-topical meeting 2018 Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS) 7-9/Sep/’18, Vietnam National University, Hanoi (VNU-HN), Vietnam

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本表面真空学会

    2018年04月 - 2019年3月  編集委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会