SUGENO Yuko

Affiliation

Faculty of Urban Innovation, Division of Urban Innovation

Job Title

Research Fellow

Research Fields, Keywords

Italy, renaissance, 建築理論

Related SDGs




写真a

The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1993

    Yokohama National University   Division of Civil Engineering and Architecture   Master Course   Completed

  •  
    -
    1991

    Yokohama National University   Division of Civil Engineering, Architecture and Marine Technology Department of Architecture and Building Science

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering - Yokohama National University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2011.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Urban Innovation   Division of Urban Innovation   Research Fellow  

  • 2007.4
    -
    2011.3

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Engineering   Research Fellow  

  • 2001.4
    -
    2007.3

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Engineering   Research Assistant  

  • 1994.9
    -
    2001.3

    Duty   Yokohama National UniversitySchool of Engineering   Research Assistant  

  • 2017.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityCollege of Urban Sciences   Department of Architecture and Building Science    Research Fellow  

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 2006.9
    -
    2007.8

    Università degli Studi di Firenze   visiting scholar  

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2023.3
     
     
     

    地中海学会

  •  
     
     
     

    日本建築学会

  •  
     
     
     

    建築史学会

  •  
     
     
     

    美学会

Research Areas 【 display / non-display

  • Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Architectural history and design

 

Research Career 【 display / non-display

  • 15,16世紀のイタリアにおける建築理論書に関する研究

    Project Year: 2003.4

  • 神奈川県の近代建築に関する研究

    Project Year: 2008.10 - 2021.9

  • Study on a transition of Architecture and Music in the 16th Century

    Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year: 1996.4 - 1997.3

  • Study on a transition of Architecture and Music in the 16th Century

    Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year: 1997.4 - 1999.3

  • 16世紀及び17世紀イタリアにおける建築と音楽の変化に関する研究

    Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year: 1999.4 - 2001.3

display all >>

Books 【 display / non-display

  • 様式とかたちから建築を考える

    菅野裕子、五十嵐太郎( Role: Joint author)

    平凡社  ( ISBN:9784582544725

    Amazon

     More details

    Total pages:308   Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

  • 横浜の名建築をめぐる旅

    菅野裕子、恩田陸( Role: Joint author)

    エクスナレッジ  ( ISBN:9784767828909

    Amazon

     More details

    Total pages:192   Language:Japanese Book type:General book, introductory book for general audience

    赤レンガ倉庫、旧横浜正金銀行本店、横浜開港記念会館といった、総計32棟の横浜の近代建築をとりあげ、その歴史や意匠的な魅力について解説した、一般向けの建築案内書。巻末に、横浜の建築や文学に登場する建築についての、小説家恩田陸氏との対談も収録している。

  • Architecture and music

    ( Role: Joint author)

    ( ISBN:9787590973432

     More details

    Language:Chinese Book type:Scholarly book

  • 都市科学事典

    菅野裕子、編集代表 佐土原 聡( Role: Sole author ,  「1-1-6 中世からルネサンスの都市空間」(pp. 16-17)、「5-1-4 建築と芸術」(pp. 404-405))

    春風社  ( ISBN:9784861107344

    Amazon

     More details

    Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

  • 装飾をひもとく : 日本橋の建築・再発見

    菅野裕子、五十嵐太郎( Role: Joint author)

    青幻舎  ( ISBN:9784861528231

    Amazon

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

    本書は、日本橋高島屋史料館TOKYOで行われた展覧会「装飾をひもとく」の展示をまとめたものである。国重要文化財である日本橋高島屋の建築を中心に、日本橋エリアの近代建築を取り上げ、西洋の古典主義がどのように導入されているかを検証している。菅野は、日本銀行本店本館と三井本館を扱う第1章を担当し、2つの建築の意匠的特徴について執筆した。また、日本銀行本店本館、日本橋三越、日本橋のディテール解説、および、帝国製麻の解説文も執筆した。

display all >>

Thesis for a degree 【 display / non-display

  • 西洋の建築と音楽に関する比較芸術史的研究

    菅野裕子

    2006.3

    No Setting   Single Work  

Papers 【 display / non-display

  • ON THE DEFINITION OF IONIC BASES IN DE RE AEDIFICATORIA:Geometry and Numeracy in the Architectural Treatise without Pictures

    SUGENO Yuko

    Journal of Architecture and Planning   89 ( 820 )   1185 - 1196   2024.6  [Reviewed]

    DOI

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Architecture and Planning Society   Single Work  

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/89/820/89_1185/_article/-char/ja

  • 日本キリスト教草創期における全国のプロテスタント教会堂建築の形態的特徴

    野角真穂、守田正志、大野敏、菅野裕子

    2023年度日本建築学会関東支部研究報告集Ⅱ    475 - 478   2024.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本建築学会   Joint Work  

  • 横浜山手にある1920-30年代の洋風住宅へのヒアリング調査による温熱環境に関する課題抽出

    彭彭、田中稲子、白川葉子、菅野裕子

    第47回 人間-生活環境系シンポジウム報告集   07 - 10   2023.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:人間-生活環境系学会   Joint Work  

  • On the definition of Doric capital in De re aedificatoria

    Yuko Sugeno

    203 - 204   2023.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Architectural Institute of Japan   Single Work  

  • How Alberti described the Length:Inheritance and Observation of Ancient works: Doric base, Ionic base and Ionic entablature as examples

    Yuko Sugeno

    17 - 26   2022.9  [Invited]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 建築のかたちが伝える近代横浜の歴史

    菅野裕子

    横浜国立大学大学院都市イノベーション学府・研究院イヤーブック   13   64 - 65   2024.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:横浜国立大学大学院都市イノベーション学府・研究院   Single Work  

  • イタリアルネサンスの建築家ジュリアーノ・ダ・サンガッロに関する研究論文集より

    菅野裕子

    建築雑誌   134 ( 1730 )   77 - 77   2019.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.   Single Work  

  • 新聖具室の「美しき白」:ミケランジェロ、ヴァザーリ、ボルギーニ、そしてメディチ家の新しいアイデンティティとしてのフィレンツェの伝統

    建築雑誌   133 ( 1711 )   73 - 74   2018.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.   Single Work  

  • 時間の中のパッラディオ:19世紀から20世紀における変容、真正性、神話

    建築雑誌   132 ( 1698 )   72 - 73   2017.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.   Single Work  

  • フィレンツェのミケランジェロ建築

    10+1 Web site   2017.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:LIXIL出版   Single Work  

    Other Link: http://10plus1.jp/photo-archives/200/

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 欧州エコミュージアムにみる世代継承性と現代的課題への対応

    2010.4 - 2013.3

    Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):大原一興

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  • 16世紀イタリアにおける建築と音楽の変化に関する研究

    2003.4 - 2006.3

    科学研究費補助金   Grant-in-Aid for Encouragement of Scientists

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  • 16世紀および17世紀イタリアにおける建築と音楽の変化に関する研究

    1999.4 - 2001.3

    科学研究費補助金   Grant-in-Aid for Encouragement of Scientists

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  • 16世紀および17世紀イタリアにおける建築と音楽の変化に関する研究

    1997.4 - 1999.3

    科学研究費補助金   Grant-in-Aid for Encouragement of Scientists

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  • 16世紀および17世紀イタリアにおける建築と音楽の変化に関する研究

    1996.4 - 1997.3

    科学研究費補助金   Grant-in-Aid for Early-Career Scientists

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

Other external funds procured 【 display / non-display

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ理想都市模型に関する学際的研究

    2022.6 - 2024.5

    Private Foundations  三菱財団⼈⽂科学研究助成

    Investigator(s):松田達(静岡文化芸術大学)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    研究概要:
    現在、静岡文化芸術大学で所蔵されているレオナルド・ダ・ヴィンチの構想による理想都市模型は、レオナルドの手稿に描かれた理想都市をめぐる数々のスケッチをもとに、1950年代にイタリアのレオナルド記念国立科学技術博物館で制作された模型と見られるものである。1980年代に都内私立美術館での展示の際に日本に持ち込まれて以来、武蔵野美術大学を経て、現在静岡文化芸術大学に所蔵されている。この理想都市模型はレオナルドがミラノ滞在中に経験したペスト禍に対し、衛生学的観点も含めて描かれたスケッチをもとにしており、感染症を克服するための三層の立体的な計画は近代的ですらある。本研究は、この構想及び模型の意義をめぐり、美学、美術史、文化財科学、博物館学、建築史、建築理論、都市計画学の研究者が連携し、学際的な研究を試みるものである。

Presentations 【 display / non-display

  • How Alberti described the Length:Inheritance and Observation of Ancient works: Doric base, Ionic base and Ionic entablature as examples

    Yuko Sugeno  [Invited]

    2022.9  Architecture Institute of Japan

     More details

    Event date: 2022.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

  • On the definition of Doric capital in De re aedificatoria

    Yuko Sugeno

    Architecture Institute of Japan

     More details

    Event date: 2023.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 建築と音楽の出会い:サン・マルコ聖堂とフィレンツェ大聖堂

    菅野裕子  [Invited]

    第21回新約聖書図像研究会例会    2022.12  立教大学キリスト教学会

     More details

    Event date: 2022.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:立教大学 太刀川記念館 カンファレンス・ルーム  

  • レオナルド・ダ・ヴィンチの描いた建築ディテール −フォースター手稿III《円柱のベースの分析》について−

    菅野裕子  [Invited]

    レオナルド・ダ・ヴィンチ理想都市模型展  2022.11  静岡⽂化芸術⼤学

     More details

    Event date: 2022.11 - 2022.12

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:静岡⽂化芸術⼤学  

  • On the definition of Ionic base in De re aedificatoria

    Yuko Sugeno

    Architecture Institute of Japan

     More details

    Event date: 2022.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

display all >>

Past of Collaboration and Commissioned Research 【 display / non-display

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ理想都市模型に関する学際的研究

    Offer organization: 三菱財団   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2022.6  -  2024.5 

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2024   Design Studio 3

    College of Urban Sciences

  • 2024   Architectural Theory Exercises

    College of Urban Sciences

  • 2024   Design Studio 3B

    College of Urban Sciences

  • 2024   Design Studio 3A

    College of Urban Sciences

  • 2024   Design Studio 1

    College of Urban Sciences

display all >>

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • 西洋建築史

    Institution:静岡理工科大学

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 日本建築学会 西洋建築史の諸問題WG (西洋建築史小委員会)

    2023.4 - 2025.3  委員

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 日本建築学会協力委員

    2021.4  委員

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 日本建築学会 著作賞選考委員会

    2016 - 2018  委員

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 日本イコモス委員会憲章小委員会

    1998.4 - 1998.12  協力委員

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 日本建築学会 文献抄録小委員会

    1994.11  委員

     More details

    Committee type:Other 

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • BankART Life 7「様式建築を細部から楽しむツアー」講師

    Role(s): Lecturer

    横浜BankArt  BankART 20周年企画 「多様な地図でめぐるツアー」  横浜市中区関内地区  2024.5

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Researchers, General public, Scientific organization, Civic organization, Media

    Type:Extension Lecture

    関内地区の西洋様式の建築について、「◯◯様式」というレッテル貼りで終わらせず、装飾を細かに見ることで西洋建築史と接続させ、さらに周辺環境とあわせて観察することで、建築のかたちを近代横浜の歴史と関係づけられることについて、実地で解説した。
    旧第一銀行横浜支店(元横浜銀行本店別館)、神奈川県立歴史博物館(旧横浜正金銀行本店本館)、旧川崎銀行横浜支店、東京藝術大学(旧安田銀行横浜支店・旧富士銀行横浜支店)、馬車道大津ビル、横浜銀行協会、日本郵船博物館、旧三菱銀行横浜支店、旧三井銀行横浜支店、横浜市開港記念会館、神奈川県庁本庁舎、横浜都市発展記念館(横浜中央電話局)、旧露亜銀行横浜支店、横浜開港資料館旧館(旧英国総領事館)

  • JIA神奈川まち歩き&レクチャー「関内・馬車道・海岸通りの歴史的建造物を巡る」講師

    Role(s): Lecturer

    JIA神奈川(日本建築家協会)  第35回JIA神奈川建築WEEKかながわ建築祭2024  横浜市中区関内地区  2024.3

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Researchers, General public, Scientific organization, Civic organization, Media

    Type:Extension Lecture

    関内地区の近代建築について、西洋建築史と接続させつつ周辺環境とあわせて観察することで、建築のかたちを近代横浜の歴史と関係づけられることについて、実地で解説した。
    旧第一銀行横浜支店(元横浜銀行本店別館)、神奈川県立歴史博物館(旧横浜正金銀行本店本館)、旧川崎銀行横浜支店、東京藝術大学(旧安田銀行横浜支店・旧富士銀行横浜支店)、馬車道大津ビル、横浜銀行協会、日本郵船博物館、旧三菱銀行横浜支店、旧三井銀行横浜支店、横浜市開港記念会館、神奈川県庁本庁舎、横浜都市発展記念館(横浜中央電話局)、旧露亜銀行横浜支店、横浜開港資料館旧館(旧英国総領事館)、昭和ビル、海洋会横浜会館、横浜貿易会館、シルクセンター、旧英国第七番館、インペリアルビル、ホテルニューグランド。

  • よみうりカルチャー横浜講座「横浜の名建築の楽しみ方」講師

    Role(s): Lecturer

    よみうりカルチャー横浜  横浜  2023.5

     More details

    Audience: General public

    Type:Other

    横浜指路教会、旧横浜銀行本店別館(元第一銀行横浜支店)、横浜不二家レストランの3棟をとりあげ、それぞれの建築的特徴と魅力について解説した。

  • よみうりカルチャー横浜講座「横浜の名建築の楽しみ方」講師

    Role(s): Lecturer

    よみうりカルチャー横浜  横浜  2023.4

     More details

    Audience: General public

    Type:Other

    赤レンガ倉庫、旧英国七番館、ホテルニューグランドの3棟をとりあげ、それぞれの建築的特徴と魅力について解説した。

  • 公開講座「時と生きる都市」:講師中尾俊介先生「歴史のなかの都市空間ー港都横浜にみる記憶と経験」モデレーター

    Role(s): Host, Planner

    横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院  文理融合公開講座「時と生きる都市」(横浜建築都市学F)  横浜国立大学附属図書館メディアホール  2022.10

     More details

    Audience: Graduate students, Researchers, General public, Company, Government agency

    Type:Other

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display