鈴木 崇之 (スズキ タカユキ)

SUZUKI Takayuki

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

海岸工学,沿岸環境工学,水工学

ホームページ

http://www.cvg.ynu.ac.jp/G2/index.html



写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 The effects of offshore wave energy flux and longshore current velocity on medium-term shoreline change at Hasaki   2014年

    【論文】 Spatio-temporal characteristics of near-bed pressure gradients on a barred beach  2010年

    【論文】 A numerical study of intermittent sediment concentration under breaking waves in the surf zone  2007年

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 蛍光砂を用いた岸沖底質移動および表層底質混合厚に関する現地観測   2018年

    【論文】 Observation of sediment particle movements during a storm  2017年

    【論文】 Analyses of shoreline retreat by peak storms using Hasaki Coast Japan data  2015年

    【論文】 Estimating wave height using the difference in percentile coastal sound level  2015年

    【論文】 Cross-shore grain size and sorting patterns for the bed profile variation at a dissipative beach: Hasaki Coast, Japan  2018年10月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  横浜国立大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年08月
    -
    2018年08月

      オレゴン州立大学   Civil & Construction Engineering   Courtesy faculty

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

      京都大学   防災研究所   助教

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

      独立行政法人港湾空港技術研究所   研究官

  • 2004年04月
    -
    2004年09月

      米国オレゴン州立大学   客員研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2015年02月
    -
    継続中
     

    日本海洋政策学会

  • 2014年03月
    -
    継続中
     

    日本沿岸域学会

  • 2006年01月
    -
    継続中
     

    アメリカ地球物理学連合

  • 1999年06月
    -
    継続中
     

    土木学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 海岸工学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 衛生管理者(第1種)

  • 小型船舶操縦士

  • 潜水士

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 砕波帯内外における底質移動に関する研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2010年  -  継続中

  • 東南アジア海岸侵食問題

    国際共同研究  

    研究期間: 2013年  -  継続中

  • 波浪音を用いた波高の推定,海岸環境の快適性

    海洋観測研究開発  

    研究期間: 2010年  -  継続中

  • 高潮津波ハザードマップの高精度化

    研究期間: 2011年  -  継続中

  • 遡上域の砂浜地形変化に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2004年  -  2017年

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 水理学解説

    柴山知也,髙木泰士,鈴木崇之,三上貴仁,髙畠知行,中村亮太,松丸亮 (担当: 共著 )

    コロナ社  2019年09月 ISBN: 978-4-339-05268-8

  • Computational Wave Dynamics

    H. Goto, A. Okayasu, Y. Watanabe, K. Kawasaki, T. Suzuki, H. Mutsuta, N. Mori, E. Harada (担当: 共著 , 担当範囲: 2. Turbulence Model )

    World Scientific  2013年06月 ISBN: 9789814449700

  • 日本の海岸

    柴山知也ら (担当: 共著 , 担当範囲: 藤沢海岸 )

    朝倉書店  2013年05月 ISBN: 978-4-254-160

  • 数値波動水槽

    海岸工学委員会数値波動水槽研究小委員会 (担当: 共著 , 担当範囲: 第Ⅰ編第7章7.3,7.5;第10章10.4;第Ⅱ編第2章 )

    土木学会  2012年07月 ISBN: 9784810607062

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 砕波による流体運動・底質浮遊の解明と3次元数値計算手法の開発

    鈴木崇之

      2004年03月

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Statistical analysis of longshore currents on a barred beach

    Takayuki Suzuki and Daniel T. Cox

    Journal of Coastal Research   35 ( 6 ) 1215 - 1224   2019年11月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 陸上遡上波による混合砂の移動特性に関する基礎的実験

    鈴木 崇之, Daniel T. COX

    土木学会論文集B3(海洋開発) ( 公益社団法人 土木学会 )  75 ( 2 ) I_337 - I_342   2019年10月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    アメリカ,オレゴン州立大学が有する小型アクリル水槽(長さ7m,幅15.5cm,高さ35cm)を用いて,波高4.7cmの押し波を作用させ,陸上遡上波による中砂,粗砂,細礫の混合率を変化させた混合砂の移動特性を把握する目的の実験を行った.本研究では,細礫(4.05mm)の移動動態に着目した検討を行った.混合砂は,汀線よりも陸側の地点にマウンド上に設置した.細礫を用いた実験を計11ケース実施し,解析を行った.その結果,陸側に分布した細礫の移動ピーク位置は中砂(0.64mm)と粗砂(0.60mm)の混入量に関わらずほぼ一定であることがわかった.また,中砂,粗砂を混入した方が細礫は移動しやすくなり,よりピーク位置に集まる傾向となることがわかった.分布形状についてはロジステック関数にて表現できることがわかった.</p>

    DOI CiNii

  • 静止海色衛星による硫黄の光学特性に基づいた青潮分布推定手法の開発

    比嘉 紘士, 中村 航, 管原 庄吾, 中村 由行, 鈴木 崇之

    土木学会論文集B2(海岸工学) ( 公益社団法人 土木学会 )  75 ( 2 ) I_1057 - I_1062   2019年10月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    本研究では静止海色衛星GOCIのデータを利用し,青潮の空間分布を硫黄濃度として推定する手法を開発した.硫黄濃度推定モデルを開発するため,東京湾における現地観測及び室内実験を実施し,青潮発生時のRrs及び硫黄の光吸収係数,後方散乱係数を測定した.これらの硫黄の光学特性に基づき,硫黄濃度を変数として組み込んだBio-opticalモデルを構築し,硫黄濃度の変化に対するRrsを計算することが可能になった.青潮時のRrsの計算結果を用いて,QAA_v6を改良し,硫黄濃度推定モデルを開発した.衛星データと現地観測による硫黄濃度の推定値と実測値を比較した結果,観測時間と衛星データ取得時間の差が小さい場合,高い精度で推定可能であることが確認できた.さらに,本手法により硫黄濃度の空間分布が風況の変化に伴って1時間おきに変化する過程を捉えることができた.</p>

    DOI CiNii

  • Statistical Analysis of Undertow on a Barred Beach

    BORRIBUNNANGKUN Kullachart, SUZUKI Takayuki

    土木学会論文集B3(海洋開発) ( 公益社団法人 土木学会 )  75 ( 2 ) I_707 - I_712   2019年10月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p> Undertow is a significant offshore-ward current that is induced by a shoreward water mass flux under wave breaking and Eulerian drift in non-wave-breaking conditions. The undertow generates offshore sediment transport and also affects swimming safety. To increase the understanding of the undertow, field observations were conducted on a barred beach, Hasaki coast, Japan, for 21 days from May 13 to June 2, 2016. A Horizontal Acoustic Doppler Current Profiler was used to measure cross-shore currents, i.e., undertow, and water levels in the surf zone. Observed data was analyzed to investigate the characteristics of the spatial and wave-energetic distributions of the undertow exceedance probability (hereafter as <i>P<sub>E</sub></i>). When the wave energy flux level was high, the undertow became larger, and its <i>P<sub>E</sub></i> increased. By contrast, the <i>P<sub>E</sub></i> during a low wave energy level decreased with larger water depths, and its lowest value was in the trough region. Applying a Weibull distribution to <i>P<sub>E</sub></i> curves can develop a statistical model of the undertow, and it can be considered that the Weibull parameters are affected by the combination of normalized values of the wave energy flux, relative surf zone location, and normalized water depth. The two parameters of Weibull distribution was able to estimate using the normalized parameter, and the model well predicted the <i>P<sub>E</sub></i>. Furthermore, to demonstrate the effect of tidal ranges on the undertow, the <i>P<sub>E</sub></i> distributions for each wave energy level and location were distinguished by the water level, i.e. tidal elevation, as high-tide or low-tide durations. The undertow <i>P<sub>E</sub></i> was greater for low-tide data than those for high-tide and the full data at a low wave energy level.</p>

    DOI CiNii

  • Sediment particle movements observed using tracers under accretive wave conditions in the nearshore zone

    Takayuki Suzuki, Yu Inami, Shinichi Yanagishima, Shuhei Sakihama and Daniel T. Cox

    Coastal Engineering Journal ( Taylor & Francis )    2019年06月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • IUI YEARBOOK 2012-2013

    都市イノベーション研究院教員

    横浜国立大学 都市イノベーション研究院     2013年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • インドネシア,バンダアチェに見た津波災害からの復興

    日本建設連合会・建設業界   2 ( 9 ) 34   2012年09月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 気象擾乱の数値予測精度向上のための研究(その2)-現地観測による沿岸域での大気・海洋運動量輸送に関する検討-

    木原直人,中屋耕,坪野考樹,松山昌史,平口博丸,大原信,森信人,鈴木崇之,武藤裕則

    電力中央研究所報告     N11055   2012年04月

    総説・解説(その他)   共著

  • [研究室紹介]横浜国立大学理工学部建築都市・環境系学科都市基盤教育プログラム水環境研究室

    鈴木崇之,佐々木淳

    混相流   25 ( 4 ) 345 - 347   2011年

    総説・解説(その他)   共著

  • 波浪音を用いた海象観測手法の開発

    鈴木崇之

    サウンド   25   8 - 11   2010年

    総説・解説(その他)   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Coastal Engineering Journal Citation Award of 2014

    2015年11月   Japan Society of Civil Engineers  

    受賞者:  Mori, N., T. Takahashi and The 2011 Tohoku Earthquake Tsunami Joint Survey Group

  • YNU研究貢献賞

    2015年06月30日   横浜国立大学  

    受賞者:  鈴木崇之

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 遡上帯-砕波帯-沖浜帯における底質の鉛直再配分および岸沖移動動態メカニズムの解明

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  鈴木崇之

  • 遡上帯-砕波帯-沖浜帯における底質の鉛直再配分および岸沖移動動態メカニズムの解明

    若手研究(A)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月  代表者:  鈴木崇之

     概要を見る

    海岸侵食に関する問題は各地で頻発し,多くのハード対策が行われてきた.しかし,漂砂が活発となる遡上帯から沖浜帯までの漂砂体系を一体的に解析し,地形形状や底質移動特性を考慮した砂移動メカニズムの解明に関する研究は数少ない.そこで本研究ではこの遡上域から沖浜帯までを研究対象領域とし,現地観測結果に基づいた,プロセスベースの鉛直混合メカニズムの解明と検証,および前浜からバー沖側端までの底質移動の動態解明を行う.さらに,平均汀線位置よりもやや陸側に形成される堆積性地形であるバームの移動動態の短期変動と長期変動,また,汀線付近の底質との相互作用についてもそのメカニズムの解明することを目的とする.

  • 東南アジア・マングローブ域の環境劣化機構と持続可能な利用条件に関する調査

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2018年03月  代表者:  佐々木淳

  • 内湾における無酸素水塊規模の将来動向予測と縮小へのシナリオ分析

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2017年03月  代表者:  佐々木淳

  • 内湾域水底質の放射能汚染によるエンドポイントの同定と相対リスク評価手法の検討

    萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  佐々木淳

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 越流波による底質分級特性に関する基礎実験

    提供機関:  公益財団法人前田記念工学振興財団 

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

  • 底質粒径の変化が海岸環境音に与える影響

    提供機関:  地方自治体  横浜工業会研究助成

    研究期間: 2013年06月  -  2014年03月  代表者:  鈴木崇之

  • タイ国沿岸マングローブ域の沿岸環境劣化過程の定量化と持続可能な利用方策の提案

    提供機関:  地方自治体  アジア地域重点学術研究助成

    研究期間: 2013年04月  -  2014年03月  代表者:  佐々木淳

  • 波浪音を用いた海象観測の高精度化

    提供機関:  地方自治体  前田記念工学研究財団

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月  代表者:  鈴木崇之

  • 波浪音を用いた海象観測手法の開発

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間: 2009年04月  -  2010年03月  代表者:  鈴木崇之

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 台風15号による沿岸災害の概要

    鈴木崇之

    2019年台風15号および19号による沿岸災害調査報告会   (東京大学工学部2号館213号教室(大講堂))  2019年12月16日   土木学会海岸工学委員会

  • Sediment particle movements observed using tracers under accretive wave conditions in the nearshore zone

    鈴木崇之

    海岸工学講演会  (鹿児島)  2019年10月   土木学会海岸工学委員会

  • Cross-shore Sediment Transport in the Nearshore Zone

    Takayuki Suzuki  [招待有り]

    The International Conference on Science, Technology, and Interdisciplinary Research  (Lampung, Indonesia)  2019年09月24日   IC-STAR Committee

  • 陸上遡上波による混合砂の移動特性に関する基礎的実験

    鈴木崇之

    海洋開発シンポジウム  (北九州)  2019年07月02日   土木学会

  • Statistical Analysis of Undertow on a Barred Beach

    Kullachart BORRIBUNNANGKUN

    海洋開発シンポジウム  (北九州)  2019年07月02日   土木学会海洋開発委員会

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Coastal Engineering Journal

    Associate editor 

    2019年09月
    -
    継続中
     

  • 土木学会論文集編集委員会

    委員 

    2018年06月
    -
    2020月06日
     

  • 土木学会誌

    編集委員 

    2002年06月
    -
    2004月05日
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 遡上帯-砕波帯-沖浜帯における底質の鉛直再配分および岸沖移動動態メカニズムの解明

    提供機関: オレゴン州立大学  国際共同研究  

    研究期間: 2016年04月  -  継続中 

  • 沿岸域における底質鉛直混合,および洗掘に関する共同研究

    提供機関: イーストロンドン大学  国際共同研究  

    研究期間: 2018年10月  -  継続中 

  • 東南アジアにおける海岸侵食対策の検討

    提供機関: モラトワ大学,バンドン工科大学,ブラパー大学,東ロンドン大学,K.N.Toosi工科大学  国際共同研究  

    研究期間: 2013年  -  継続中 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 都市科学部  海岸防災工学Ⅱ

  • 都市科学部  海岸防災工学Ⅰ

  • 都市科学部  水理学Ⅱ

  • 理工学部  海岸・港湾工学

  • 都市科学部  都市基盤水理学

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 海岸工学委員会

    2015年06月
    -
    継続中

    学協会   委員

  • 海洋開発委員会

    2010年06月
    -
    継続中

    学協会   委員兼幹事

  • 日本海洋政策学会

    2015年05月
    -
    継続中

    学協会   学術委員

  • 海洋開発委員会論文小委員会

    2011年06月
    -
    継続中

    学協会   委員

  • 令和元年台風第15号の教訓を踏まえた高潮・高波・暴風対策検討委員会

    2019年09月
    -
    2020年03月

    政府   委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • Cross-shore Sediment Transport in the Nearshore Zone -Field experiments and numerical simulations-

    2019年09月
     
     

  • Cross-shore Sediment Transport in the Nearshore Zone

    Lampung University 

    2019年09月
     
     

  • 台風の強大化と高潮災害 ~港町横浜の水害リスクと防災対策~ の講演

    日本経済新聞社  日経懇話会  (横浜) 

    2019年07月
     
     

  • 第3回 YNU防災・減災シンポジウム

    横浜国立大学  都市における最近の災害リスクの高まりとその備え  (横浜国立大学) 

    2019年03月
     
     

  • シンポジウム「東京湾・相模湾における津波災害と沿岸防災」

    横浜国立大学 統合的海洋教育・研究センター  (横浜市) 

    2012年12月
     
     

     概要を見る

    総合司会を行った.

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    継続中
      特別プログラム,日本語教室担当   (その他の主要活動)

  • 2019年04月
    -
    継続中
      ISL(International Students Lounge)顧問   (その他の主要活動)

  • 2019年04月
    -
    2020年03月
      労働安全衛生委員会委員   (部局内委員会)

  • 2019年04月
    -
    2020年03月
      国際交流WG   (部局内委員会)

  • 2019年04月
    -
    2020年03月
      「YNUリテラシー教育」共通教材検討WG   (全学委員会)

全件表示 >>