SUZUKI Tomoko

Affiliation

College of Education, Department of School Education , Specialization in Clinical Psychology

Job Title

Professor

Research Fields, Keywords

speech, history of psychology, psychological testing, psychoanalysis

Related SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0002-3581-7606

The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

  • 【Published Thesis】 History of Psychological Testing from the Perspective of Test Developers in Japan  2021.10

    【Published Thesis】 CIE Libraries Supporting the Development of Psychology during the Allied Occupation in Japan (1945-1952)  2016.06

    【Published Thesis】 表現と認知の相違から検討した感情音声の特徴  2006.06

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

  • 【Published Thesis】 Complications in transference resistance: A male patient who avoids paternal transference to a female psychotherapy  2022.04

    【Published Thesis】 Passion for K-ABC and School Psychology; Legacy from Dr. Kaufman  2022.02

    【Published Thesis】 History of Psychological Testing from the Perspective of Test Developers in Japan  2021.10

    【Published Thesis】 Development of the Children health examination and the Maternal and Child Handbook in Japan  2020.06

    【Published Thesis】 日本におけるウエクスラー知能検査(WAIS-Ⅲ)の改訂:山中克夫へのインタビューから  2019.02

Education 【 display / non-display

  • 2000.4
    -
    2004.3

    Yokohama National University   Doctor Course   Completed

  • 1997.4
    -
    1999.3

    Yokohama National University   Master Course   Completed

  •  
    -
    1997

    Waseda University   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Arts - Yokohama National University

  • Master of Education - Yokohama National University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2022.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Clinical Psychology   Professor  

  • 2021.4
    -
    2022.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Clinical Psychology   Associate Professor  

  • 2017.4
    -
    2021.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Clinical Psychology   Associate Professor  

  • 2011.4
    -
    2017.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Department of School Education   Specialization in Clinical Psychology   Associate Professor  

  • 2009.4
    -
    2011.3

    Duty   Yokohama National UniversityGraduate School of Education   Associate Professor  

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 2022.4
    -
    2023.3

     

  • 2014.4
     
     

     

  • 2013.4
    -
    2017.3

     

  • 2007.4
    -
    2009.3

      Assistant Professor  

  • 2006.4
    -
    2007.3

      Research Assistant  

display all >>

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2009
    -
    2016.3
     

    日本精神医学史学会

  • 2008.7
    -
    2009.10
     

    International Speech Communication Association

  • 2007.2
    -
    2013.3
     

    日本児童青年精神医学会

  • 2006.12
     
     
     

    日本ロールシャッハ学会

  • 2004.3
     
     
     

    日本精神分析学会

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & Social Sciences / Clinical psychology  / 心理検査、精神分析、臨床心理学史

Qualification acquired 【 display / non-display

  • 精神保健参与員 指定登録(横浜地方裁判所長)

  • 公認心理師(4916号)

 

Research Career 【 display / non-display

  • 「発達検査デジタル・アーカイブ」の構築

    Project Year: 2016.4 - 2019.3

  • 「知能検査デジタル・アーカイブ」の構築

    Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year: 2010.4 - 2016.3

Books 【 display / non-display

  • 心理学と心理的支援(再掲)

    鈴木朋子,安藤寿康,関口貴裕,田中裕,内藤佳津雄,有光興記,上淵寿,杉森伸吉,品田瑞穂,志村ゆず,坂上頼子,室橋春光,糸井尚子,遠藤利彦他26名( Role: Joint author ,  第1章第1節「心理学の特徴と歴史」pp.2~7(全321p))

    全国社会福祉協議会  ( ISBN:9784793513619

     More details

    Total pages:321   Responsible for pages:2-7(全321頁)   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    社会福祉士養成のための標準テキスト、心理学についての本である。担当部分では、心理学の起源と心理学の発展と対象について、心理学史の視点から解説した。
    (編集)『社会福祉学習双書』編集委員会
    (第11巻担当編集委員)田中康夫,杉森伸吉,内藤佳津雄

  • たのしいベイズモデリング

    豊田秀樹,下司忠大,清水裕士,平川真,鈴木朋子,坂本次郎,小杉考束さ,武藤拓之,紀ノ定保礼,岡田謙介,徳岡大,難波修史,後藤崇志,国里愛彦,井上和哉,鬼田崇作,草薙邦広,竹林由武,杣取恵太,北條大樹( Role: Joint author ,  「音声から感情はわかるか?」pp.43~51(全218頁))

    北大路書房  ( ISBN: 978-4762830402

     More details

    Total pages:218   Responsible for pages:43-51(全218頁)   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    ベイズモデリングを用いた心理学研究の事例を紹介した本。担当部分では、音声物理量からの感情の判定について、ベイズモデリングを用いて検討した。
    (編著)豊田秀樹

  • 青年期精神療法入門(再掲)

    篠原道夫、松本京介、福森高洋、鈴木朋子、三橋由佳、櫻井成美、田中志帆、岡元彩子、高橋由利子、板橋登子( Role: Joint author ,  第1章「青年期における支持的心理療法」pp.2~17執筆(全210頁))

    日本評論社  ( ISBN:9784535806603

    Amazon

     More details

    Total pages:210   Responsible for pages:2-17(全210頁)   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    青年期のクライエントを対象とした精神療法について、基礎理論から幅広い実践までを含めた入門書。担当部分では、支持的心理療法の概略と青年期のクライエントを対象とした実践について解説した。
    (編集)篠原道夫,松本恭介,福森高洋

  • 元良勇次郎著作集第14巻

    大山正、大泉溥、荒川歩、小泉晋一、佐藤達哉、鈴木朋子、鈴木祐子、高砂美樹、西川泰夫、溝口元( Role: Joint editor ,  編集幹事(全668頁))

    クレス出版  ( ISBN:978-4877337445

     More details

    Responsible for pages:(全668頁)   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    心理学者・元良勇次郎の業績を現代語化した著作集、第14巻、『心理学概論』(遺稿)。
    (監修)大山正
    (編集主幹)大泉溥
    (編集)『元良勇次郎著作集』刊行委員会

  • 元良勇次郎著作集第13巻

    大山正、大泉溥、荒川歩、小泉晋一、佐藤達哉、鈴木朋子、鈴木祐子、高砂美樹、西川泰夫、溝口元( Role: Joint editor ,  編集幹事、「快楽は倫理の標準となることが出来るか否か」pp.132~151翻刻(全335頁))

    クレス出版  ( ISBN:4877337458

     More details

    Total pages:335   Responsible for pages:(全335頁)   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    心理学者・元良勇次郎の業績を現代語化した著作集、第13巻、「論文集」。
    (監修)大山正
    (編集主幹)大泉溥
    (編集)『元良勇次郎著作集』刊行委員会

display all >>

Thesis for a degree 【 display / non-display

  • 音声と心理との関連についての音声物理量の解析

    鈴木朋子

    2004.3

    Doctoral Thesis   Single Work  

     More details

    音声と感情との関連について音声物理量より解析を行った。感情のカテゴリの違いが音声による感情伝達率へ与える影響、感情の影響により音声物理量に生じる変化について考察した。

  • 精神分裂病患者の感情について―音響分析と音調テストを用いて―

    鈴木朋子

    1999.3

    Master Thesis   Single Work  

     More details

    精神分裂病(統合失調症)発症後の期間が、感情の喚起・表現・認知に対して与える影響について実験により検討した。結果、精神分裂病の発症後の期間によって、感情の喚起・音声による表現に変化が認められた。

Papers 【 display / non-display

  • Complications in transference resistance: A male patient who avoids paternal transference to a female psychotherapy

    Tomoko Suzuki

    The Japanese journal of psycho-analysis   66 ( 2 )   25 - 34   2022.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • Passion for K-ABC and School Psychology; Legacy from Dr. Kaufman

    5   110 - 126   2022.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Joint Work  

  • History of Psychological Testing from the Perspective of Test Developers in Japan

    Tomoko Suzuki

    Japanese Psychological Research   63 ( 4 )   340 - 354   2021.10  [Reviewed]

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Willy   Single Work  

    心理検査開発者のオーラルヒストリーから、日本の心理検査の歴史を検討した。ウェクスラー式知能検査、ビネー式知能検査、K-ABCを開発した7名のオーラルヒストリーを検討した。検査開発の動機が個人的な憧れから専門家としての責務へ変化したこと、小グループの共同作業から組織によるプロジェクトへ変化ししたこと、開発の主導は研究者主導、研究機関主導、出版社主導、協働の形式があることが見出された。

    Other Link: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jpr.12361

  • Challenging to measure mental ability by reading Kanji characters: Interview with a developer of JART, Keiko Matsuoka

    4   110 - 126   2021.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Joint Work  

  • パフォーマンス向上における潜在的な目標表象の効果

    神取幸実 , 萩生田伸子 , 鈴木朋子

    教育デザイン研究   12 ( 1 )   95 - 103   2021.1  [Reviewed]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Joint Work  

    意識的過程と無意識的過程の共同が自己制御に効果的に働くことに着目し、目標表象を意識的編集に組み入れることがパフォーマンスにどのような影響を与えるか、さらに目標表象の質(ポジティブ/ネガティブ)がパフォーマンスにどのような影響を与えるかを検証した。結果、意識的編集はパフォーマンス向上に寄与するが、目標表象の質の違いはパフォーマンスに影響を与えないことが明らかになった。

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 現代心理学辞典

    子安増生, 丹野義彦, 箱田裕司, 鈴木朋子

    有斐閣   2021.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Joint Work  

    子安増生, 丹野義彦, 箱田裕司(監修)
    担当部分:「動物磁気」,「アイゼンク」,「アドラー」,「エリクソン」,「ギルフォード」,「クライン」,「ゲゼル」,「サリヴァン」,「ジャネ」,「シャルコー」,「スピッツ」,「ターマン」,「ピアジェ」,「ビネ―」,「ビューラー,C.」,「ビューラー,K.」,「フランクル」,「フロイト,A.」,「フロイト,S.」,「フロム」,「ボウルビィ」,「マズロー」,「ユング」,「ライヒ」,「ラカン」,「ロジャーズ」,「カナー」の27項目を執筆した。

  • CIE図書館

    鈴木朋子

    心理学ワールド   71   2 - 3   2015.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    「心理学ミュージアム」にて、心理学者オーラルヒストリーで話題となった、CIE図書館について紹介した。

  • 歴史を聴く

    鈴木朋子

    心理学ワールド   70   2 - 3   2015.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    「心理学ミュージアム」にて、日本心理学会教育研究委員会歴史小委員会が実施する、心理学者オーラルヒストリーの事業について紹介した。

  • 性同一性障害における知的側面の特徴~Female to maleの言語性IQと動作性IQのディスクレパンシーに着目して~

    吉野真紀,岡村宏美,丸山智美,中平暁子,有木永子,鈴木朋子,山田妃沙子,田近亜蘭,織田裕行,木下利彦

    メンタルヘルス岡本記念財団研究助成報告集   26   115 - 119   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Joint Work  

    GID患者(MTF78名、FTM212名)のWAIS-RのFIQ、VIQ,PIG、下位検査について、WAIS-Rの標準化サンプルと平均値の差の検定を行った。結果、標準化サンプルと比較して、FTMはFIQ、VIQ、積木、積木模様が高く、知識、単語、算数、理解、絵画完成が低かった。MTFは類似、積木模様が高く、絵画完成が低かった。

  • 心理学ミュージアム「これはなに?」

    鈴木朋子

    心理学ワールド   54   2 - 3   2011.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

    「心理学ミュージアム」にて、日本における知能検査の歴史を紹介した。

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 心理検査開発者オーラルヒストリーによる日本心理検査史

    2019.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):鈴木朋子

      More details

    Grant type:Competitive

  • 「発達検査デジタルアーカイブ」の構築

    2016.4 - 2019.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):鈴木朋子

      More details

    Grant type:Competitive

  • 精神療法過程Qセットを用いた心理療法過程の研究-大学院教育への応用-

    2011.4 - 2014.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):山科満

      More details

    Grant type:Competitive

  • 「知能検査デジタルアーカイブ」の構築

    2010.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Young Scientists(B)

    Investigator(s):伊東朋子(鈴木朋子)

      More details

    Grant type:Competitive

Presentations 【 display / non-display

  • 遠城寺式乳幼児分析的発達検査法の背景

    鈴木朋子

    日本心理学会第85回大会 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    医学者・遠城寺宗徳が作成した遠城寺式乳幼児分析発達検査法の開発背景についての検討。九州大学医学部小児科の脳性麻痺患者の患児に用いるため、心理学者・牛島義友が協力し開発されたことが考察された。

  • Growth of Cognitive Examination for dementia accompanied legislation in Japan

    Tomoko Suzuki, Miki Takasuna

    ICP2020+(査読付) 

     More details

    Event date: 2021.7

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Prague, Czech Republic, online  

    法律制定が認知機能検査の発展に与えた影響について、医科診療報酬点数表「認知機能検査その他の心理検」の件数と高齢者関連の法律制定の時期から検討した。結果、法律制定後の認知機能検査増加が示唆された。

  • 診療報酬における心理検査の変遷

    鈴木朋子,名取洋典

    日本心理学会第83回大会 

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    医科診療報酬に指定された心理検査件数の変遷と、平成30年度に指定された心理検査の入手可能性についての検討。

  • Growth of Developmental Tests after the Second World War in Japan

    Tomoko SUZUKI

    ESHHS Conference(査読付) 

     More details

    Event date: 2019.7

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Budapest, Hungary  

    第二次世界大戦後の母子健康法施行による乳幼児健診の実施と、「小児保健研究」の記事に出現した発達検査の件数との関連を検討した。

  • オルゴール調音楽による「癒し」効果の検討

    桜井結佳、鈴木朋子

    日本心理臨床学会第37回大会 

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    オルゴール調音楽による癒しの効果についての実験を報告した。

display all >>

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • Oral history of psychologists

  • 感情を付与した音声合成に関する基礎研究

  • 知能検査史の国際比較

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2022   Senior Thesis / Projects

    College of Education

  • 2022   心理実践実習d(福祉分野)

    Graduate School of Education

  • 2022   心理実践実習c(教育分野)

    Graduate School of Education

  • 2022   心理実践実習b(長期医療分野)

    Graduate School of Education

  • 2022   心理実践実習a(短期医療分野)

    Graduate School of Education

display all >>

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • 心理学史

    2022.4 - 2023.3 Institution:早稲田大学

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  • 現代精神分析学

    Institution:武蔵野美術大学

  • 心理学の歩み

    Institution:早稲田大学

 

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • がやっこ科学教室「絵から心を感じてみよう」講師

    Role(s): Lecturer

    がやっこ科学教室  2019.8

     More details

    Audience: Schoolchildren, Parents/Guardians

    Type:Seminar, workshop

  • 田中教育研究所主催 幼児カウンセリング講座「カウンセリングの基本を学ぼう」講師

    Role(s): Lecturer

    一般財団法人 田中教育研究所主催  カウンセリングの基本を学ぼう―カウンセリングと心理教育による子どもと保護者の支援―  飯田橋レインボービル  2019.7

     More details

    Audience: Teachers

    Type:Seminar, workshop

  • 横浜市立桜丘高等学校「描いた木から心が分かる」講師

    Role(s): Lecturer

    2018.3

     More details

    Audience: High school students

    Type:Seminar, workshop

  • 附属特別支援学校 高等部社会人セミナー「心の健康とリラクゼーション」講師

    Role(s): Lecturer

    2017.2

     More details

    Audience: High school students

    Type:Newspaper, magazine

  • 横浜国立大学高校生インターンシップ「心理学への扉」講師

    Role(s): Lecturer

    2016.8

     More details

    Audience: High school students

    Type:Seminar, workshop

display all >>