田中 伸治 (タナカ シンジ)

TANAKA Shinji

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

教授

ホームページ

http://www.cvg.ynu.ac.jp/G4/index.html

関連SDGs




写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 UAV を用いた実測に基づく多様な平面交差点制御方式の評価   2018年02月

    【論文】 都市高速道路織り込み区間における車両分散制御の効果に関する研究  2015年12月

    【論文】 Evaluation of a road design considering on-street parking using virtual reality traffic experiment system  2007年06月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    1997年03月

    東京大学   工学部   土木工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

    東京大学  工学系研究科  社会基盤工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   教授  

  • 2012年04月
    -
    2021年03月

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   准教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   都市科学部   都市基盤学科   教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション学府   都市地域社会専攻   教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション学府   都市イノベーション専攻   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

      東京大学   生産技術研究所   リサーチフェロー

  • 2012年05月
    -
    2016年03月

      東京大学   生産技術研究所   研究員

  • 2007年03月
    -
    2012年03月

      東京大学 講師   生産技術研究所   講師

  • 2003年04月
    -
    2007年02月

      東京大学 助手   生産技術研究所   助手

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

      国土交通省国土技術政策総合研究所   研究官

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2021年05月
    -
    継続中
     

    日本建築学会

  • 2015年09月
    -
    継続中
     

    アジア交通学会

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本都市計画学会

  • 2007年06月
    -
    継続中
     

    World Conference on Transport Research Society

  • 2003年06月
    -
    継続中
     

    ITS Japan

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 土木計画学・交通工学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 国家公務員採用Ⅰ種試験

  • 大型自動車免許(一種)

  • 牽引免許(一種)

  • 電気工事士(第2種)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • International Encyclopedia of Transportation

    Roger Vickerman ed. (担当: 分担執筆 )

    Elsevier  2021年05月 ISBN: 0081026714

  • 都市科学事典

    横浜国立大学都市科学部(編) (担当: 分担執筆 )

    春風社  2021年03月 ISBN: 4861107342

  • 土木技術検定試験-問題で学ぶ体系的知識-改訂版

    土木技術体系化研究会 (担当: 分担執筆 )

    ぎょうせい  2019年05月 ISBN: 4324093598

  • 平面交差の計画と設計 基礎編 ―計画・設計・交通信号の手引き―

    平面交差の計画・設計・制御の研究グループ (担当: 分担執筆 )

    一般社団法人 交通工学研究会  2018年11月 ISBN: 4905990890

  • 道路交通技術必携2018

    交通工学研究会 (担当: 分担執筆 )

    交通工学研究会  2018年05月 ISBN: 4905990882

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • タイの中規模都市における郊外居住者のモビリティに関する研究

    森下 恵介, 中村 文彦, 三浦 詩乃, 田中 伸治, 有吉 亮, WONGWIRIYA Pattamaporn

    土木学会論文集D3(土木計画学) ( 公益社団法人 土木学会 )  76 ( 5 ) I_803 - I_812   2021年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>更なる自家用車依存が見込まれるタイの中規模都市郊外では,車両の保有状況や身体能力の程度により,モビリティに個人差が生じている状況が推察される.本研究では,コンケン市の郊外居住地を対象として,個人差を考慮した居住者のモビリティ評価を行った.まず,対象地に存在する全交通手段を把握し,次にCapability Approachに基づき,財・変換能力の保有状況から各交通手段の利用可能性を明らかにした.更に各交通手段の利用可能性を変数としたクラスター分析によりモビリティを類型化した.その結果,郊外居住者のモビリティは多種の交通手段が利用可能な共助型,自家用車のみ利用可能な自家用車依存型,タクシー等の輸送サービスと自動二輪を利用可能な公助・自動二輪型の3類型に分けられ,郊外居住者のモビリティの多様性及び個人差が実証された.</p>

    DOI CiNii

  • 道路網の段階構成に着目したバスの走行経路の評価に関する研究

    加藤 慶太, 田中 伸治, 中村 文彦, 有吉 亮, 三浦 詩乃

    土木学会論文集D3(土木計画学) ( 公益社団法人 土木学会 )  76 ( 5 ) I_1013 - I_1021   2021年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>1963年に英国で,居住環境の向上などを目的として道路網の段階構成が提案された.この考え方は日本をはじめとした世界の道路政策に影響を与えているが,バスが通るべき道路の基準が明示されていない.また,わが国におけるバス路線の決定方法は沿線の需要に基づいており,道路網の段階構成については検討されていない.本研究ではバスはどの段階の道路を通るべきかを明らかにすることを目的として,段階的な道路網を持つ多摩ニュータウンを対象に,バスの走行経路に関して事業者・利用者の観点から評価を行った.バスの走行距離,系統数や利用者の歩行距離,所要時間のトレードオフの関係を示し,バスは事業者の観点では制限速度50km/hの道路を走行すること,利用者の観点では40km/hの道路を走行することが望ましいことを明らかにした.</p>

    DOI CiNii

  • 自動車と自転車双方を考慮した交通信号系統制御に関する研究

    福山 大地, 田中 伸治, 中村 文彦, 有吉 亮, 三浦 詩乃

    土木学会論文集D3(土木計画学) ( 公益社団法人 土木学会 )  76 ( 5 ) I_1361 - I_1369   2021年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>近年我が国の自転車交通において,走行空間に関しては全国各地で整備が進められるようになったが,信号制御に関しては依然として議論が少ない.これは,複数の信号交差点を相互に連動させる系統制御においても同様である.本研究では,交通管理者が自動車と自転車双方の交通流を考慮した系統制御を行うための知見を得ることを目的とした.スルーバンド幅を用いた理論分析では,双方の速度に応じて双方ともに系統効果が高い系統制御となるための条件式が定まることを示した.交通流シミュレーション活用による実務への適用の検討では,ケーススタディにおいて系統制御方式の異なる複数のケースの結果を比較し,交通流全体で最適となりうる制御方式を示した.以上の 2 つの分析を踏まえ,最後に系統効果に影響を与える種々の要因に関する整理を行った.</p>

    DOI CiNii

  • 歩車混合空間内でのすれ違いによる相互作用の定量的解析に関する研究

    種崎 夏帆, 有吉 亮, 中村 文彦, 田中 伸治, 高野 茂, 堀 磨伊也, 三浦 詩乃

    土木学会論文集D3(土木計画学) ( 公益社団法人 土木学会 )  76 ( 5 ) I_709 - I_717   2021年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>日本各地において,「居心地が良く歩きたくなるまちなか」を目指した街路運用の検討が進んでいる.本来は車を締め出し歩行者専用空間にすることが理想だが,反対の声も強く実現しにくいのが現状である.よって,車を締め出さずとも歩きやすい街路空間を形成する必要がある.そこで,本研究では,現存する商業地区内街路のうち歩車混合空間に着目し,すれ違い時の回避行動において歩車間に発生している相互作用を明らかにすることを目的とする.歩車混合空間にてビデオを撮影し,両者の1/30秒ごとの座標から回避行動に至るまでの位置関係や速度,車種などを記録した.それらのデータを分析した結果,歩車は互いの回避行動の様子を見ながら最低限必要な側方距離を確保することが明らかとなった.</p>

    DOI CiNii

  • 日本国内の現行都市交通計画における地形条件評価に関する研究

    早内 玄, 中村 文彦, 有吉 亮, 田中 伸治, 三浦 詩乃

    土木学会論文集D3(土木計画学) ( 公益社団法人 土木学会 )  76 ( 5 ) I_1001 - I_1011   2021年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>都市交通計画における地形条件評価手法の確立に向け,本研究では国内の現行交通計画における地形条件の評価状況,評価手法,根拠指標,および施策との関連と課題を明らかにすることを目的とする.文献調査を通じ,9 市の 12 交通計画において地形条件の定量評価実績のあることが明らかとなった.各計画の文献調査,ヒアリング調査を通じ,評価手法は 3 分類に大別されること,根拠指標の多くにバリアフリー指標が採用されていること,および手法と指標に関する課題などがそれぞれ明らかとなった.加えて,地形条件評価を行った自治体に関する GIS を用いた地形状況評価を通じ,起伏の大きい自治体での実績が卓越する一方,小さい自治体にも実績があること,および施策との関係などが明らかとなった.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 講座 交通制御 第3回「平面交差の新たな制御方法」

    田中伸治,吉岡慶祐

    交通工学 ( 交通工学研究会 )  54 ( 3 ) 52 - 59   2019年07月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 未来の交通-自動運転は駐車場から

    交通工学   51 ( 1 ) 71 - 72   2016年01月

    総説・解説(その他)   単著

  • 高速道路の入り口と事故数

    日本医事新報   ( 4757 ) 66 - 67   2015年06月

    総説・解説(その他)   単著

  • 休憩施設から人・もの・情報が交わる「場」へ

    田中伸治

    交通工学研究会・交通工学   48 ( 2 ) 4 - 7   2013年04月

    総説・解説(その他)   単著

  • 交通需要に柔軟に対応する「柔軟な車線運用」新たな展開に期待

    田中伸治

    日本道路協会・道路   ( 861 ) 4 - 9   2012年12月

    総説・解説(その他)   単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 駐車場利用管理システム、データ管理装置、利用制御装置、制御方法、及びプログラム

    特願 特願2010-268028  特開 2012-118765  

    服部有里子,齋藤卓,青木新二郎,牧野浩志,田中伸治,平沢隆之

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • The Best Paper Award

    2013年09月12日   Eastern Asia Society for Transportation Studies   Analyses of Route Choice and Route Switching Behavior Using Panel ETC Data from Tokyo Metropolitan Expressway  

    受賞者:  Tawin TIRATANAPAKHOM, Takashi OGUCHI, Shinji TANAKA, Sungjoon HONG, Hiroshi WARITA

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 階層的ネットワーク構造に基づく道路の計画と設計

    基盤研究(A)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月  代表者:  桑原雅夫

  • 路上駐車の適切な管理方策に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月 

  • 動的に変化する道路インフラの適用可能性に関する研究

    萌芽研究

    研究期間:  2005年04月  -  2006年03月  代表者:  桑原雅夫

  • 複合現実感交通実験スペースの構築によるサステイナブルITSの研究

    基盤研究(A)

    研究期間:  2003年04月  -  2006年03月  代表者:  桑原雅夫

  • 携帯型位置測定末端を用いた交通空間での人間行動測定のための基礎理論の構築

    萌芽研究

    研究期間:  2003年04月  -  2005年03月  代表者:  桑原雅夫

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 潜在的な事故誘発危険性を有する路上駐車を対象とした市民参加型可視化システムの構築

    提供機関:  三井住友海上福祉財団  三井住友海上福祉財団 研究助成

    研究期間: 2016年11月  -  2017年10月  代表者:  田中伸治

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 駐車行動とITS

    田中伸治  [招待有り]

    東大生研ITSセミナー Online  2021年03月16日   東京大学ITSセンター

  • 新たな交差点構造と制御- Alternative Intersections -

    田中伸治  [招待有り]

    令和2年度第1回宮城県渋滞対策連絡協議会  (TKPガーデンシティ仙台30階ホール30B)  2020年08月06日   宮城県渋滞対策連絡協議会

  • 道路計画と渋滞対策

    田中伸治  [招待有り]

    平成31年度研修「道路計画・設計」  (全国建設研修センター)  2019年11月11日   全国建設研修センター

  • パネルディスカッション「つかう時代の幹線道路ネットワークを実現するために」

    田中伸治  [招待有り]

    交通工学研究会ミニシンポジウム 階層型道路ネットワークの実現に向けて  (神奈川県立神奈川近代文学館)  2019年10月31日   交通工学研究会

  • 道路計画と渋滞対策

    田中伸治  [招待有り]

    平成30年度研修「道路計画・設計」  (全国建設研修センター)  2018年11月12日   全国建設研修センター

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • International Journal of ITS Research

    2021年01月
    -
    継続中
     

  • 交通工学論文集

    第2学術小委員 

    2016年04月
    -
    2020月03日
     

  • 土木学会論文集D3(土木計画学)

    学術小委員 

    2013年11月
    -
    2016月10日
     

  • 交通工学

    編集委員 

    2003年09月
    -
    2012月03日
     

  • International Journal of ITS Research

    編集委員 

    2003年06月
    -
    2017月03日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院都市イノベーション学府  交通計画特論

  • 大学院都市イノベーション学府  Transportation Planning

  • 大学院都市イノベーション学府  交通計画学

  • 都市科学部  都市環境実験・演習A

  • 都市科学部  都市基盤計画演習

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   Advanced Transportation Engineering

  • アジア工科大学   Intelligent Transportation Systems

  • 北京交通大学   Urban Transportation Engineering

  • 首都大学東京   交通システム工学

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年08月
     
     
    2019 International Conference of Asia-Pacific Planning Societies Best Paper Presentation Award   (学生の学会賞等の受賞実績)
  • 2018年11月
     
     
    平成30年度土木学会全国大会第73回年次学術講演会優秀講演者   (学生の学会賞等の受賞実績)
 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 横浜市墓地等設置紛争調停委員会

    2021年04月
    -
    継続中

    自治体   委員

  • 「今後の交通管制のあり方に関する調査研究」におけるヒヤリング会議

    2021年01月
    -
    2021年03月

    その他   委員

  • 川崎市環境影響評価審議会

    2020年12月
    -
    継続中

    自治体   委員

  • 令和3年度土木学会全国大会実行委員会

    2020年08月
    -
    2021年12月

    学協会   委員

  • 交通工学研究会 資格委員会

    2020年04月
    -
    継続中

    学協会   委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • ITSの現状とCOIへの期待,横浜国立大学COIサテライト シンポジウム2015 スマートでマルチモーダルなモビリティがつくる新たな都市空間

    (かながわ県民センター) 

    2015年12月
     
     

  • 公開講座 都市交通最前線その2

    (AP横浜駅西口) 

    2014年12月
     
     

     概要を見る

    新たな交差点構造の可能性-Alternative Intersections

  • 公開講座 都市交通最前線

    YCCヨコハマ創造都市センター 

    2014年06月
     
     

     概要を見る

    都市の駐車マネジメント

  • 全学公開講座 これからの都市に求められるイノベーションとは

    横浜国立大学 

    2013年11月
     
     

     概要を見る

    安全・快適のための道路交通マネジメント

  • 公開講座 都市交通最前線

    YCCヨコハマ創造都市センター 

    2013年06月
     
     

     概要を見る

    ITSを活用した都市の交通マネジメント

全件表示 >>