多々見 純一 (タタミ ジュンイチ)

TATAMI Junichi

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

教授

生年

1969年

研究分野・キーワード

先進セラミックス,破壊力学,プロセッシング,微構造制御,非酸化物セラミックス, 窒化ケイ素, 窒化アルミニウム, サイアロン, セラミックス多孔体, ナノセラミックス,粉体

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://ceramics.ynu.ac.jp

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0002-4713-460X

写真a

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Carrier Depletion near the Grain Boundary of a SiC Bicrystal  2019年11月

    【学術関係受賞】 日本セラミックス協会JCS-JAPAN優秀論文賞  2020年06月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年

    東京工業大学  理工学研究科  無機材料工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東京工業大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   教授  

  • 2007年04月
    -
    2012年03月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   准教授  

  • 2002年12月
    -
    2007年03月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   助教授  

  • 2001年04月
    -
    2002年11月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   助手  

  • 1998年08月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究科   助手  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

      日本学術振興会   学術システム研究センター   専門研究員

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

      神奈川県立産業技術総合研究所   プロジェクトリーダー

  • 2006年04月
    -
    2006年07月

      米国ペンシルバニア大学   客員研究員

  • 2005年10月
    -
    2006年03月

      東京工業大学   応用セラミックス研究所   客員助教授

  • 1997年04月
    -
    1997年11月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本セラミックス協会

  •  
     
     
     

    粉体工学会

  •  
     
     
     

    日本材料科学会

  •  
     
     
     

    トライボロジー学会

  •  
     
     
     

    米国セラミック学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 粉体

  • トライボロジー

  • 破壊力学

  • セラミックプロセッシング

  • 非酸化物セラミックス

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • セラミックスのナノフラクトグラフィー

    研究期間:  - 

  • セラミックス多孔体の作製と評価

    研究期間:  - 

  • セラミックスおよび硬質セラミック被覆セラミックスのトライボロジー

    研究期間:  - 

  • 窒化アルミニウムの高熱伝導化および高強度化

    研究期間:  - 

  • 窒化ケイ素およびサイアロンセラミックスの微構造制御と機械的・熱的・化学的特性評価

    研究期間:  - 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Materials Chemistry of Ceramics

    Junichi Hojo, Junichi Tatami, et al. (担当: 分担執筆 )

    Springer  2020年11月 ISBN: 978-981-13-9934-3

  • Powder Technology Handbook, Fourth Edition

    Ko Higashitani, Junichi Tatami, et al. (担当: 分担執筆 )

    CRC Press  2019年10月 ISBN: 9780367862800

  • 最新 物質循環とマテリアル開発

    北英紀、多々見純一、他 (担当: 分担執筆 )

    三恵社  2018年11月 ISBN: 9784864879682

  • Green and sustainable manufacturing of advanced materials

    Mrityungay Singh, Junichi Tatami, et al. (担当: 分担執筆 )

    Elsevier  2015年08月 ISBN: 9780124114975

  • Nanoparticle Technology Handbook 2nd edition

    Masuo Hosokawa, Junichi Tatami, et al. (担当: 分担執筆 )

    Elsevier  2012年03月 ISBN: 9780444563682

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 多結晶アルミナの破壊靱性に及ぼすき裂進展経路の影響

    多々見純一

      1997年03月

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Polymer Ligand Design and Surface Modification of Ag Nanowires toward Color-Tone-Tunable Transparent Conductive Films

    Kitamura, S, Iijima, M, Tatami, J, Fuke, T, Hinotsu, T, Sato, K

    ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   13 ( 11 ) 13705 - 13713   2021年03月  [査読有り]

    単著

  • Room-temperature densification of MgO bulk ceramics with dispersed nitride phosphor particles

    Takahashi, E; Takahashi, T; Tatami, J

    CERAMICS INTERNATIONAL   47 ( 4 ) 5013 - 5018   2021年02月  [査読有り]

    共著

  • Nonaqueous gel casting using multicomponent concentrated slurries through Michael additive reaction for fabricating silicon nitride dense ceramics

    Iijima, M; Hasegawa, K; Tatami, J

    ADVANCED POWDER TECHNOLOGY   32 ( 2 ) 472 - 479   2021年02月  [査読有り]

    共著

  • 3D structuring of dense alumina ceramics using fiber-based stereolithography with interparticle photo-cross-linkable slurry

    Morita, S; Iijima, M; Chen, YY; Furukawa, T; Tatami, J; Maruo, S

    ADVANCED POWDER TECHNOLOGY   32 ( 1 ) 72 - 79   2021年01月  [査読有り]

    共著

  • Thermal conductivity and mechanical strength of low-temperature-sintered aluminum nitride ceramics containing aluminum nitride whiskers

    Okazaki, H; Kobayashi, R; Hashimoto, R; Fukushi, E; Tatami, J

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   128 ( 11 ) 991 - 994   2020年11月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 波長掃引型光コヒーレンストモグラフィーによるセラミックス内部構造の非破壊評価技術

    高橋拓実, 多々見純一

    セラミックス ( 日本セラミックス協会 )  56 ( 1 ) 7 - 10   2021年01月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • マイクロカンチレバー曲げ試験によるセラミックスのメソ領域力学特性評価

    多々見純一

    セラミックス ( 日本セラミックス協会 )  56 ( 1 ) 3 - 6   2021年01月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 光コヒーレンストモグラフィーによるAl2O3焼結体の内部構造観察

    高橋拓実, 多々見純一

    セラミックス ( 日本セラミックス協会 )  55 ( 2 ) 103   2020年02月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 窒化物蛍光体粒子分散h-BN/ガラス複合体の作製

    虎瀬 なつみ, 多々見 純一, 飯島 志行, 高橋 拓実

    粉体工学会誌 ( 一般社団法人 粉体工学会 )  57 ( 3 ) 137 - 143   2020年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

     概要を見る

    <p>Wavelength conversion materials with high thermal conductivity and heat resistance have been strongly desired for high power semiconductor lighting source. Glass has higher heat resistances at elevated temperatures than resin and dispersion of high thermal conductive particles should result in the improvement of thermal conductivity of the composites. In this study, the composites of phosphate glass dispersing nitride phosphor and high thermal conductive particles were fabricated instead of typical composites of resins and oxide phosphors. As a result of verification of reactivity of the nitride phosphor and the high thermal conductive particles with the phosphate glass, between the glass and fillers, the firing temperature was set to 500°C and h-BN particles were selected as high thermal conductive particles. Dense nitride phosphor particles dispersed h-BN/glass composites were successfully obtained by hot-pressing. Thermal conductivity normal to hot-pressing direction was higher than that parallel to hot-pressing direction, and it increased with an increase in the hot-pressing pressure and the quantity of dispersed h-BN particles because of higher density and better orientation of the h-BN particles. Consequently, the nitride phosphor particle dispersed h-BN/glass composites with the thermal conductivity of 9.4 W/(m<sup>−1</sup>·K<sup>−1</sup>) were obtained.</p>

    DOI CiNii

  • 非水・濃厚・多成分系スラリーにおける微粒子の分散と集合構造の制御

    飯島 志行, 森田 聖太郎, 多々見 純一

    粉体工学会誌 ( 一般社団法人 粉体工学会 )  57 ( 1 ) 19 - 24   2020年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

     概要を見る

    <p>Our recent study on design of partial complex of polyethyleneimine and fatty acids/anionic surfactants toward dispersion stability control of non-aqueous, dense, and multicomponent slurries were reviewed. A series of polyethyleneimine complex were successfully designed by simple mixing process and found to effectively adsorb on many species of particles which lead to stability improvement of non-aqueous, dense, multicomponent slurries. A simple elaboration in the mixing orders of powders, solvents, and polyethyleneimine complex also found to compatibly realize the particle assembling and dispersion improvements. An example for applying these dispersion/particle assembling techniques to microstructure design of ceramic green parts will also introduced.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 蛍光体粒子分散ガラスおよび発光装置

    特願 特願2019-143318  特開 特開2021-026105 

    多々見純一他

  • 流動体試料の内部構造観察装置及び内部構造解析システム、流動体試料の内部構造観察方法及び内部構造解析方法、並びにセラミックスの製造方法

    特願 特願2019-036998  特開 特開2020-139888  特許 特許6853446

    多々見純一他

  • セラミックスの内部構造観察装置及び内部構造解析システム、セラミックスの内部構造観察方法及び内部構造解析方法、並びにセラミックスの製造方法

    特願 特願2018-157784  特開 特開2020-30191 

    高橋拓実,多々見純一,坂本文香,加藤真由

  • セラミックスの内部構造観察装置及び内部構造解析システム、セラミックスの内部構造観察方法及び内部構造解析方法、並びにセラミックスの製造方法

    特願 特願2018-157784  特開 特開2020-030191 

    多々見純一他

  • セラミックスの内部構造観察方法、セラミックスの製造方法、解析システムおよびセラミックスの製造システム

    特願 特願2019-503067  特開 WO2018/159689 

    高橋拓実,多々見純一

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 米国セラミック学会フェロー

    2020年10月   米国セラミック学会  

    受賞者:  多々見純一

  • 第11回(平成26年度)日本学術振興会賞

    2015年02月25日   日本学術振興会   破壊の本質解明に基づく先進的粉体プロセスを用いたセラミックスの高信頼性化  

    受賞者:  多々見純一

  • 日本セラミックス協会学術賞

    2017年06月02日   日本セラミックス協会   破壊の本質解明と粉体材料設計に基づくセラミックスの高信頼性化  

    受賞者:  多々見純一

  • Richard M. Fulrath Award

    2011年10月17日   米国セラミック学界  

    受賞者:  多々見純一

  • 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2009年04月   文部科学省  

    受賞者:  多々見純一

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • セラミックスのメソスケール破壊特性の評価法確立と微構造因子との相関解明

    基盤研究(A)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  多々見純一

  • 蛍光性窒化物系バルクセラミックスの極低散乱透明化

    挑戦的研究 (萌芽)

    研究期間:  2019年06月  -  2021年03月  代表者:  多々見純一

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • レーザー光源デバイスの小型大出力化に寄与する革新的蛍光体の開発

    提供機関:  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構  平成30年度エネルギー・環境新技術先導プログラム

    研究期間: 2018年06月  -  2019年05月  代表者:  広崎尚登

     概要を見る

     単粒子解析法を活用して、レーザー照明に適した蛍光体を開発する。この解析法は、原料粉末を焼成したままの粉体混合物から10μm程度の粒子を採取して、結晶構造と発光特性を測定する手法であり、焼成段階での単相化を必要としないため新規結晶を効率よく探索できる特徴がある。レーザー用の蛍光体は、LED用途の特性を満たしたうえで、耐熱性や耐久性をいっそう高めた特性が要求されるため、LED用に有効であった本手法は、レーザー用の開発でも効果を発揮すると期待できる。  現行の単粒子解析法はLED用蛍光体に最適化しており、レーザー照明用途に活用できる部分もあるが、新たに手法開発が必要な部分も多い。特に、材料開発戦略、評価手法、部材化技術は異なるものとなる。本先導研究では、レーザー照明用蛍光体の探索(材料開発)、光学特性評価技術(評価手法)、プレート化技術(部材化技術)について調査研究と予備実験を実施する。

  • セラミックスプロセスチェーン最適化を目指した構造形成過程のリアルタイム3次元OCT観察法による理解とその制御因子の科学的解明

    提供機関:  科学技術振興機構  A-STEPステージⅠ 産業ニーズ対応タイプ 平成28年度技術テーマ「セラミックスの高機能化と製造プロセス革新」

    研究期間: 2016年12月  -  2021年03月  代表者:  多々見純一

     概要を見る

    本提案では、光コヒーレンストモグラフィーを用いたセラミックスプロセス中の構造形成過程のリアルタイム3次元観察による理解と、粒子界面設計およびマスターシンタリングカーブを基軸として構造形成過程の制御因子の科学的解明を行い、セラミックスプロセスチェーンの最適化を目指す。得られた成果を活用して、具体的なセラミックスとして透明体、配向体、積層体を実現する。

  • 革新的低磁場・静磁場配向法による高強度・高熱伝導絶縁放熱基板の開発

    提供機関:  科学技術振興機構  A-STEP シーズ育成タイプ 平成28年度公募

    研究期間: 2016年06月  -  2018年03月  代表者:  廣津留秀樹

     概要を見る

    本研究は、横浜国大で考案された母粒子に多層グラフェン被覆することで革新的な低磁場かつ静磁場で配向材料を作製する技術をSi3N4セラミックスに適用し、高強度かつ高熱伝導率を有する絶縁放熱基板を開発することを目的とした。本研究開発を経て最終的に実用化を目指す製品は、自動車・鉄道、エネルギー、インフラ等で実用化が望まれるSiCパワーデバイスである。この材料の実用化のためにこれを実現するために、高熱伝導率、長寿命、高絶縁耐圧のc軸配向Si3N4セラミックスの実現を目標として研究を進める。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • OCT-TG 複合システムを用いたアルミナスラリーの乾燥過程のリアルタイム観察

    黒田啓真,多々見純一,飯島志行,高橋拓実

    日本セラミックス協会2021年年会  (オンライン)  2021年03月23日   日本セラミックス協会

  • 波長掃引型光コヒーレンストモグラフィーによるAl2O3成形体と焼結体の光学的な構造均質性の定量可視化

    高橋拓実,多々見純一

    日本セラミックス協会2021年年会  (オンライン)  2021年03月23日   日本セラミックス協会

  • マイクロカンチレバー法による[101]配向 LNKN セラミックスのメソスケール力学特性評価

    小野悠綺,高橋拓実,多々見純一,田中諭,土信田豊

    日本セラミックス協会2021年年会  (オンライン)  2021年03月23日   日本セラミックス協会

  • マイクロカンチレバー試験片を用いた曲げ試験による 単結晶 BaTiO3のメソスケール力学特性評価

    多々見純一,山口拓志,飯島志行,高橋拓実

    日本セラミックス協会2021年年会  (オンライン)  2021年03月23日   日本セラミックス協会

  • Al2O3成形体の脱脂過程における内部構造と機械的特性のその場観測

    南真利子,多々見純一,飯島 志行,高橋拓実

    日本セラミックス協会2021年年会  (オンライン)  2021年03月23日   日本セラミックス協会

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Journal of Asian Ceramic Societies

    Associate Editor 

    2017年04月
    -
    継続中
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 窒化物セラミックスのNMRによる構造解析に関する共同研究(ビクトリア大学、ニュージーランド)

    国際共同研究  

    研究期間: 2003年  -   

  • ナノセラミックスに関する共同研究(上海セラミック研究所、中国)

    国際共同研究  

    研究期間: 2001年  -   

  • NEDO「シナジーセラミックス」研究開発プロジェクト,シリコン基高耐性セラミックス

    国内共同研究  

    研究期間: 1999年  -  2003年 

  • 窒化ケイ素セラミックスの接触損傷挙動に関する共同研究(KAIST, 韓国)

    国際共同研究  

    研究期間: 1997年  -   

  • サイアロンに関する共同研究(Monash大学, Australia)

    国際共同研究  

    研究期間: 1997年  -   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院先進実践学環  セラミックス材料工学

  • 大学院環境情報学府  環境構造材料学特論演習

  • 大学院環境情報学府  環境構造材料学特論

  • 大学院理工学府  セラミックス材料設計

  • 大学院理工学府  セラミックス材料工学

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学 職務表彰

    2021年03月26日   横浜国立大学  

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会

    2020年04月
    -
    継続中

    政府   学術システム研究センター工学系科学専門調査班専門研究員

  • 日本セラミックス協会

    2018年04月
    -
    継続中

    学協会   論文誌編集委員会委員

  • Journal of Asian Ceramic Societies

    2018年04月
    -
    継続中

    学協会   Associate Editor

  • 日本セラミックス協会

    2016年06月
    -
    2018年05月

    学協会   理事、運営委員会委員、標準化委員会委員長

  • 粉体工学会

    2016年01月
    -
    継続中

    学協会   理事

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • ICCCI2022

    2019年04月
    -
    継続中

  • ICCCI2018

    2016年04月
    -
    2018年07月

  • ICCCI2015

    (倉敷) 

    2015年07月
     
     

  • ISSNOX5

    2015年04月
    -
    2017年09月

  • ISSNOX4

    (長浜) 

    2014年05月