多々見 純一 (タタミ ジュンイチ)

TATAMI Junichi

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

教授

生年

1969年

研究キーワード

サイアロン、セラミックス多孔体、ナノセラミックス、プロセッシング、先進セラミックス、窒化アルミニウム、窒化ケイ素、破壊力学、非酸化物セラミックス、微構造制御、粉体

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://ceramics.ynu.ac.jp

YNU研究拠点

先進セラミックス創造研究拠点

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0002-4713-460X

写真a

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Carrier Depletion near the Grain Boundary of a SiC Bicrystal  2019年11月

    【受賞】 日本セラミックス協会JCS-JAPAN優秀論文賞  2020年06月

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年

    東京工業大学   理工学研究科   無機材料工学専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 東京工業大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   教授  

  • 2007年4月
    -
    2012年3月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   准教授  

  • 2002年12月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   助教授  

  • 2001年4月
    -
    2002年11月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   助手  

  • 1998年8月
    -
    2001年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究科   助手  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年4月
    -
    現在

      日本学術振興会   学術システム研究センター   専門研究員

  • 2017年4月
    -
    2021年3月

      神奈川県立産業技術総合研究所   プロジェクトリーダー

  • 2006年4月
    -
    2006年7月

      米国ペンシルバニア大学   客員研究員

  • 2005年10月
    -
    2006年3月

      東京工業大学   応用セラミックス研究所   客員助教授

  • 1997年4月
    -
    1997年11月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本セラミックス協会

  •  
     
     
     

    粉体工学会

  •  
     
     
     

    日本材料科学会

  •  
     
     
     

    トライボロジー学会

  •  
     
     
     

    米国セラミック学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 無機物質、無機材料化学

  • その他 / その他  / 無機材料化学

  • ナノテク・材料 / 無機材料、物性

  • その他 / その他  / 非酸化物セラミックス

  • その他 / その他  / セラミックプロセッシング

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • セラミックスのメソスケール破壊特性評価

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2012年4月 - 現在

  • セラミックスのナノフラクトグラフィー

    研究期間:

  • セラミックス多孔体の作製と評価

    研究期間:

  • セラミックスおよび硬質セラミック被覆セラミックスのトライボロジー

    研究期間:

  • 窒化アルミニウムの高熱伝導化および高強度化

    研究期間:

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Materials Chemistry of Ceramics

    Junichi Hojo, Junichi Tatami, et al.( 担当: 分担執筆)

    Springer  2020年11月  ( ISBN:978-981-13-9934-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Powder Technology Handbook, Fourth Edition

    Ko Higashitani, Junichi Tatami, et al. ( 担当: 分担執筆)

    CRC Press  2019年10月  ( ISBN:9780367862800

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 最新 物質循環とマテリアル開発

    北英紀、多々見純一、他( 担当: 分担執筆)

    三恵社  2018年11月  ( ISBN:9784864879682

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Green and sustainable manufacturing of advanced materials

    Mrityungay Singh, Junichi Tatami, et al.( 担当: 分担執筆)

    Elsevier  2015年8月  ( ISBN:9780124114975

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Nanoparticle Technology Handbook 2nd edition

    Masuo Hosokawa, Junichi Tatami, et al.( 担当: 分担執筆)

    Elsevier  2012年3月  ( ISBN:9780444563682

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 多結晶アルミナの破壊靱性に及ぼすき裂進展経路の影響

    多々見純一

    1997年3月

    学位論文(博士)   単著  

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of rare-earth oxide additives on transparency and fluorescence of α-SiAlON ceramics

    Kohei Aminaka and Junichi Tatami and Motoyuki Iijima and Takuma Takahashi and Tsukaho Yahagi

    Ceramics International   2022年5月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:その他外国語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier {BV}   単著  

  • Operando observation of concentrated SiO2 suspensions by optical coherent tomography during flow curve measurements: The relationship between polymer dispersant structures and surface interactions

    Iijima Motoyuki, Taki Naoya, Tatami Junichi

    JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE   607   290 - 297   2022年2月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Electrical resistivity of Si3N4 ceramics with Yb2O3 additive

    Tsukaho Yahagi and Daisuke Kawai and Takuma Takahashi and Motoyuki Iijima and Junichi Tatami

    Journal of the American Ceramic Society   105 ( 3 )   2046 - 2057   2021年11月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley   共著  

    その他リンク: https://doi.org/10.1111/jace.18211

  • In situ observation of evolution of internal structure of alumina during sintering by swept‐source OCT

    Takuma Takahashi and Fumika Sakamoto and Junichi Tatami and Motoyuki Iijima

    International Journal of Applied Ceramic Technology   19 ( 2 )   1171 - 1179   2021年9月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley   共著  

    その他リンク: https://doi.org/10.1111/ijac.13909

  • Master Sintering Curveを用いたセラミックスの焼成シミュレーション

    棗田 智香子, 松井 和己, 多々見 純一, 山田 貴博

    日本機械学会論文集   87 ( 902 )   21-00237 - 21-00237   2021年9月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会   共著  

    <p>In this paper, a simple simulation strategy for sintering ceramics is proposed by referring to the experimental results of the deformation profile obtained from a thermomechanical analysis (TMA) under uniaxial compression loads. Assuming that mechanical and thermal deformations are independent, the total deformations are decomposed into mechanical and thermal components, and each deformation component is divided into reversible and irreversible deformations. The thermal and mechanical reversible deformations are represented by the commonly accepted models, namely thermal expansion and linear elasticity. For the thermal irreversible strain (sintering strain), the Master Sintering Curve (MSC), which considers microscopic thermodynamics from a macroscopic perspective, is employed. This facilitates the prediction of any densification evolution without stress and decreases the number of experiments required for parameter fittings. The viscoplasticity model is used for the mechanical irreversible strain to represent the creep deformation in sintering ceramics under stress. In this model, the temperature dependence of the viscosity parameter and density dependence of the yield stress are introduced. The sintering simulation was performed by installing a model with a User Programmable Feature (UPF) into ANSYS thermal–structural analysis. The simulations were validated by comparing the simulation deformation profiles with other sintering experiments under uniaxial compression loads that were not used for the modeling.</p>

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • パワーデバイス実装用セラミックス基板

    多々見 純一

    エレクトロニクス実装学会誌   24 ( 7 )   680 - 683   2021年11月  [依頼有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人エレクトロニクス実装学会   単著  

  • マイクロカンチレバー試験片を用いた曲げ試験によるセラミックスのメソスケール力学特性評価 (特集 微小領域の材料物性測定)

    多々見 純一

    Abrasive technology : 砥粒加工学会誌 : journal of the Japan Society for Abrasive Technology   65 ( 5 )   224 - 227   2021年5月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:砥粒加工学会   単著  

  • 波長掃引型光コヒーレンストモグラフィーによるセラミックス内部構造の非破壊評価技術

    高橋拓実, 多々見純一

    セラミックス   56 ( 1 )   7 - 10   2021年1月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   共著  

  • マイクロカンチレバー曲げ試験によるセラミックスのメソ領域力学特性評価

    多々見純一

    セラミックス   56 ( 1 )   3 - 6   2021年1月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   単著  

  • マイクロカンチレバー曲げ試験によるセラミックスのメソ領域力学特性評価 (特集 高信頼性化技術)

    多々見 純一

    Ceramics Japan = セラミックス : bulletin of the Ceramic Society of Japan   56 ( 1 )   3 - 6   2021年1月  [依頼有り]

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本セラミックス協会   単著  

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 高温水蒸気電解セル、高温水蒸気電解セル用水素極層及び固体酸化物電気化学セル

    長田憲和,浅山雅弘,亀田常治,清水敏夫,多々見純一,梶井健司

     詳細を見る

    出願人:東芝エネルギーシステムズ株式会社、国立大学法人横浜国立大学

    出願番号:特願2021-95743  出願日:2021年6月8日

    公開番号:特開2021-155852  公開日:2021年10月7日

    出願国:国内  

  • 蛍光体粒子分散ガラスおよび発光装置

    多々見純一他

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人横浜国立大学,地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所

    出願番号:特願2019-143318  出願日:2019年8月2日

    公開番号:特開2021-026105  公開日:2021年2月22日

    出願国:国内  

  • 流動体試料の内部構造観察装置及び内部構造解析システム、流動体試料の内部構造観察方法及び内部構造解析方法、並びにセラミックスの製造方法

    多々見純一他

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人横浜国立大学,地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所

    出願番号:特願2019-036998  出願日:2019年2月28日

    公開番号:特開2020-139888  公開日:2020年9月3日

    特許番号/登録番号:特許6853446  発行日:2021年3月16日

    出願国:国内  

  • セラミックスの内部構造観察装置及び内部構造解析システム、セラミックスの内部構造観察方法及び内部構造解析方法、並びにセラミックスの製造方法

    高橋拓実,多々見純一,坂本文香,加藤真由

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-157784  出願日:2018年8月24日

    公開番号:特開2020-30191  公開日:2020年2月27日

    出願国:国内  

  • セラミックスの内部構造観察方法、セラミックスの製造方法、解析システムおよびセラミックスの製造システム

    高橋拓実,多々見純一

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-503067  出願日:2018年2月28日

    公表番号:WO2018/159689  公表日:2018年9月7日

    出願国:国内  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 米国セラミック学会フェロー

    2020年10月   米国セラミック学会  

    受賞者:多々見純一

  • 第11回(平成26年度)日本学術振興会賞

    2015年02月   日本学術振興会   破壊の本質解明に基づく先進的粉体プロセスを用いたセラミックスの高信頼性化  

    受賞者:多々見純一

  • 日本セラミックス協会学術賞

    2017年06月   日本セラミックス協会   破壊の本質解明と粉体材料設計に基づくセラミックスの高信頼性化  

    受賞者:多々見純一

  • Richard M. Fulrath Award

    2011年10月   米国セラミック学界  

    受賞者:多々見純一

  • 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2009年04月   文部科学省  

    受賞者:多々見純一

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 希土類添加α-サイアロンセラミックスの高透明化とレーザー材料への応用

    研究課題/領域番号:22H00257  2022年4月 - 2025年3月

    基盤研究(A)

    代表者:多々見純一

  • 蛍光性窒化物系バルクセラミックスの極低散乱透明化

    研究課題/領域番号:19K22045  2019年6月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究 (萌芽)

    代表者:多々見純一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • セラミックスのメソスケール破壊特性の評価法確立と微構造因子との相関解明

    研究課題/領域番号:17H01319  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    代表者:多々見純一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 窒化物セラミックスのメカノルミネッセンス

    研究課題/領域番号:25630275  2013年4月 - 2015年3月

    挑戦的萌芽研究

    代表者:多々見純一

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 劣化の学理に基づくセラミックスの信頼性革新

    研究課題/領域番号:21460437  2021年10月 - 2027年3月

    科学技術振興機構  CREST

    代表者:多々見純一

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • レーザー光源デバイスの小型大出力化に寄与する革新的蛍光体の開発

    2018年6月 - 2019年5月

    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構  平成30年度エネルギー・環境新技術先導プログラム

    代表者:広崎尚登

     詳細を見る


     単粒子解析法を活用して、レーザー照明に適した蛍光体を開発する。この解析法は、原料粉末を焼成したままの粉体混合物から10μm程度の粒子を採取して、結晶構造と発光特性を測定する手法であり、焼成段階での単相化を必要としないため新規結晶を効率よく探索できる特徴がある。レーザー用の蛍光体は、LED用途の特性を満たしたうえで、耐熱性や耐久性をいっそう高めた特性が要求されるため、LED用に有効であった本手法は、レーザー用の開発でも効果を発揮すると期待できる。
     現行の単粒子解析法はLED用蛍光体に最適化しており、レーザー照明用途に活用できる部分もあるが、新たに手法開発が必要な部分も多い。特に、材料開発戦略、評価手法、部材化技術は異なるものとなる。本先導研究では、レーザー照明用蛍光体の探索(材料開発)、光学特性評価技術(評価手法)、プレート化技術(部材化技術)について調査研究と予備実験を実施する。

  • セラミックスプロセスチェーン最適化を目指した構造形成過程のリアルタイム3次元OCT観察法による理解とその制御因子の科学的解明

    研究課題/領域番号:JPMJTS1614  2016年12月 - 2021年3月

    科学技術振興機構  A-STEPステージⅠ 産業ニーズ対応タイプ 平成28年度技術テーマ「セラミックスの高機能化と製造プロセス革新」

    代表者:多々見純一

     詳細を見る

    本提案では、光コヒーレンストモグラフィーを用いたセラミックスプロセス中の構造形成過程のリアルタイム3次元観察による理解と、粒子界面設計およびマスターシンタリングカーブを基軸として構造形成過程の制御因子の科学的解明を行い、セラミックスプロセスチェーンの最適化を目指す。得られた成果を活用して、具体的なセラミックスとして透明体、配向体、積層体を実現する。

  • 革新的低磁場・静磁場配向法による高強度・高熱伝導絶縁放熱基板の開発

    2016年6月 - 2018年3月

    科学技術振興機構  A-STEP シーズ育成タイプ 平成28年度公募

    代表者:廣津留秀樹

     詳細を見る

    本研究は、横浜国大で考案された母粒子に多層グラフェン被覆することで革新的な低磁場かつ静磁場で配向材料を作製する技術をSi3N4セラミックスに適用し、高強度かつ高熱伝導率を有する絶縁放熱基板を開発することを目的とした。本研究開発を経て最終的に実用化を目指す製品は、自動車・鉄道、エネルギー、インフラ等で実用化が望まれるSiCパワーデバイスである。この材料の実用化のためにこれを実現するために、高熱伝導率、長寿命、高絶縁耐圧のc軸配向Si3N4セラミックスの実現を目標として研究を進める。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • マイクロカンチレバー試験片を用いて測定したSi3N4 セラミックス中の結晶粒子および粒界の曲げ強度とヤング率

    田邊 真美・多々見 純一・飯島 志行・高橋 拓実・南 大地・矢矧 束穂・中野 裕美

    日本セラミックス協会2022年年会  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • Al2O3 セラミックスの焼結過程のOCT その場観察による不均質構造の3 次元可視化

    井澤 瑞希・多々見 純一・飯島 志行

    日本セラミックス協会2022年年会  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • セラミックスの焼結中の内部構造を可視化する新規なツールとしての光コヒーレンストモグラフィー

    多々見 純一・飯島志行・高橋 拓実  [招待有り]

    日本セラミックス協会2022年年会  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  • 異なるバインダーで調製したアルミナスラリー液滴の凍結に伴う内部構造変化のOCT その場観察

    山崎 理子・多々見 純一・飯島 志行・ 川口 晋也・近藤 直樹

    日本セラミックス協会2022年年会  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 青色発光透明Lu α-SiAlON:Ce3+セラミックスの作製

    網中 康平・多々見 純一・飯島 志行・高橋 拓実・矢矧 束穂

    日本セラミックス協会2022年年会  日本セラミックス協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Journal of Asian Ceramic Societies

    Associate Editor 

    2017年4月
    -
    現在
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 光コヒーレンストモグラフィーによるセラミックスプロセス中の内部構造変化のOCTオペランド観察

  • セラミックスのメソスケール力学特性評価

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 窒化物セラミックスのNMRによる構造解析に関する共同研究(ビクトリア大学、ニュージーランド)

    国際共同研究  

    研究期間: 2003年  -   

  • ナノセラミックスに関する共同研究(上海セラミック研究所、中国)

    国際共同研究  

    研究期間: 2001年  -   

  • NEDO「シナジーセラミックス」研究開発プロジェクト,シリコン基高耐性セラミックス

    国内共同研究  

    研究期間: 1999年  -  2003年 

  • 窒化ケイ素セラミックスの接触損傷挙動に関する共同研究(KAIST, 韓国)

    国際共同研究  

    研究期間: 1997年  -   

  • サイアロンに関する共同研究(Monash大学, Australia)

    国際共同研究  

    研究期間: 1997年  -   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   初歩からの物理

    理工学部

  • 2022年度   初歩からの化学

    理工学部

  • 2022年度   材料科学

    理工学部

  • 2022年度   工業化学概論

    理工学部

  • 2022年度   機能性材料化学

    理工学部

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学 職務表彰

    2021年03月26日   横浜国立大学  

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会

    2020年04月 - 現在  学術システム研究センター工学系科学専門調査班専門研究員

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • 日本セラミックス協会

    2018年04月 - 現在  Journal of the Ceramic Society of Japan編集委員会委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • Journal of Asian Ceramic Societies

    2018年04月 - 現在  Associate Editor

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 日本セラミックス協会

    2016年06月 - 2018年5月  理事、運営委員会委員、標準化委員会委員長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 粉体工学会

    2016年01月 - 現在  理事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • ICCCI2022

    役割:企画

    2019年4月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:会議、学会等の企画・開催

  • ICCCI2018

    役割:企画

    2016年4月 - 2018年7月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:会議、学会等の企画・開催

  • ICCCI2015

    倉敷  2015年7月

  • ISSNOX5

    役割:企画

    2015年4月 - 2017年9月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:新聞・雑誌

  • ISSNOX4

    長浜  2014年5月

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    現在
      教育研究評議員   (全学委員会)