TERADA Mariko

Affiliation

Faculty of Urban Innovation, Division of Urban Innovation

Job Title

Associate Professor

Research Fields, Keywords

curation, architecture, edition


The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

  • 【Book】 都市科学事典  2021.02

    【Book】 Creative Neighborhoods: 住環境が新しい社会をつくる  2017.04

    【Book】 20世紀の思想から学ぶ、これからの都市・建築  2016.09

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

  • 【Published Thesis】 Spaces of Commoning in the cities  2021.02

    【Book】 都市科学事典  2021.02

    【Published Thesis】 ブラジル・モダニズム建築の「寛容性」と「公共性」  2018.08

    【Book】 Creative Neighborhoods 住環境が新しい社会をつくる  2017.04

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1990.3

    Japan Women's University   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Bachelor of Home Economics

Campus Career 【 display / non-display

  • 2018.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Urban Innovation   Division of Urban Innovation   Associate Professor  

  • 2014.10
    -
    2018.3

    Duty   Yokohama National UniversityInstitute of Advanced Sciences   Specially Appointed Associate Professor  

  • 2011.9
    -
    2014.9

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Urban Innovation   Division of Urban Innovation   Specially Appointed Associate Professor  

  • 2011.4
    -
    2014.8

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Urban Innovation   Division of Urban Innovation   Specially Appointed Lecturer  

  • 2007.4
    -
    2011.3

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Engineering   Specially Appointed Lecturer  

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 2002.9
    -
    2003.7

      Curator  

  • 2001.8
    -
    2002.7

    Inter Office   Curator  

  • 1999.9
    -
    2000.12

    The Netherlands Architecture Institute   Assistant Curator  

  • 1990.4
    -
    1999.7

      Associate Editor  

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2006
     
     
     

    一般社団法人 日本建築学会

Research Areas 【 display / non-display

  • Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Architectural history and design  / 建築・都市メディア

 

Research Career 【 display / non-display

  • Next-Generation Urban Habitats, "Spaces of Commoning"

    International Joint Research Projects  

    Project Year: 2014.4

Books 【 display / non-display

  • 都市科学事典

    吉原直樹, 佐土原聡, 小池治, 寺田真理子, 池島祥文, 伊藤守, 大門正克, 菊本統, 佐々木雄大, 高見沢実, 辻大和, 中村文彦, ほか( Role: Joint author ,  5章総論執筆および5−6−6「都市におけるコモン化空間"Spaces of Commoning")

    春風社  ( ISBN:978-4-86110-734-4

     More details

    Total pages:1026   Responsible for pages:pp.394-397, pp.476-477   Language:Japanese Book type:Dictionary, encyclopedia

    都市が抱える様々な課題を解決し、新しい価値・イノベーションを生むための都市科学を確立するために、都市の知を体系化、再編成を行うために、「都市とは何か」という根源的な問いをもって、都市の知として10の領域群を設定して分析した『都市科学事典』。特に、筆者はその10の領域群のうちの1つの領域/5章「建築とデザイン」を、都市における建築の未来をどのように想定し、創造していくかを6つの項目、46の視点から総合的に論じた。

  • リスク共生学-先端科学技術でつくる暮らしと新たな社会-

    秋山太郎、荒井誠、居城琢、乾久美子、岡田哲男、河野隆二、川村恭己、坂本淳司、佐土原聡、寺田真理子、中尾航、野口和彦、長谷部勇一、日野孝則、平川嘉昭、藤掛洋子、藤野陽三、松本勉、光島重徳、三宅淳巳、吉川信行、連勇太朗、荒井恒宣、中川正広、藤江幸一( Role: Joint author)

    丸善出版  ( ISBN:9784621303016

     More details

    Total pages:212   Responsible for pages:73-85   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 窓学アーカイブ vol.3 2014-2016

    伊香賀俊治、五十嵐太郎、久保田徹、ハンソン・エンドラ・クマス、清家剛、久保田徹、六角美瑠、北山恒、寺田真理子、連勇太朗、小林茂雄、塚本由晴、中谷礼仁、ホンマタカシ、西川純司、浜日出夫、原田豊、町村敬志、山本理奈、村松伸、アンズスタジオ( Role: Joint author)

    YKK AP 株式会社 

     More details

    Total pages:127   Responsible for pages:38-43   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • Creative Neighborhoods: 住環境が新しい社会をつくる

    槇 文彦、ディエゴ・トーレス、KEESVANRUYVEN、北山 恒、ジャン=フィリップ・ヴァッサル、塚本 由晴、ロドリゴ・ペレス・デ・アルセ、乾 久美子、ライナー・ヘール、寺田 真理子、山道 拓人、辻 琢磨、連 勇太朗( Role: Joint author)

    誠文堂新光社  ( ISBN:978-4-416-91630-8

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 20世紀の思想から考える、これからの都市・建築

    塚本由晴, 渡辺真理, 長谷川豪, 難波和彦, 石田壽一, 小嶋一浩 , 北山恒, 藤原徹平, 寺田真理子, 市川紘司, 岩元真明, 山道拓人, 南後由和 , 連勇太朗( Role: Joint author)

    彰国社  ( ISBN:978-4-395-32073-8

     More details

    Total pages:248   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    20世紀を代表する、建築分野における6人の思想家・建築家に焦点をあて、欧米から生まれた都市・建築の理論を若手論客とともに今日的に読み解き、日本における「これからの新しい建築・都市」はどこに向かうべきなのかを議論した内容をまとめたもの。新しく生まれつつある建築の概念を通じてみえてくる社会における建築家の役割、そして建築の意義を歴史的に位置付けた。

display all >>

Thesis for a degree 【 display / non-display

  • 行動場面からみたオープンスクールの研究

    寺田真理子、赤松佳珠子

    1990

    Thesis(Others)   Joint Work  

     More details

    日本の小学校において見直されている「オープンスクール」という空間形式。オープンスクールの代表校である加藤学園や本町小学校などを調査し、子供たちの行動にどのような空間的な特徴があるのか。子供たちへのヒアリングを行いながら、空間と子供の行動の関係性についての分析を行い、小学校におけるオープンスクールの可能性を論じたている。

Papers 【 display / non-display

  • Spaces of Commoning in the cities

    Urban Science Encyclopedia   476 - 477   2021.2  [Invited]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Shunpusha Publishing   Single Work  

  • Architecture and Design

    Mariko Terada, Taku Nohara

    394 - 397   2021.2  [Invited]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Shunpusha Publishing   Joint Work  

  • 住まいがつくる新しいつながり、つながりからつくる新しい住まい

    槇文彦, ディエゴ・トーレス, ケース・ファン・ラウフン, 北山恒, 塚本由晴, ジャン・フィリップ・ヴァッサル, ロドリゴ・ヘレス・デ・アルセ, 乾久美子, ライナー・ヘール, 寺田真理子, 山道 … Show more authors

    Creative Neighborhoods 住環境が新しい社会をつくる   11 - 15   2017.4  [Invited]

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (research society, symposium materials, etc.)   Publisher:誠文堂新光社   Joint Work  

    著者が取り組む「次世代居住都市」研究では、ボトムアップ型のアプローチや手法を国内外の様々なケーススタディの調査分析を通じて、創造的な地域社会”Creative Neighborhoods”づくりには、イニシアティブ、コモンズ、インフォーマリティという重要な3つの視点が見えてきた。地域に住む人々が、「地域の『文化』を耕す」という共有意識をもち、その生成プロセスに参加することができれば、人と人、地域はつながり、地域のアイデンティティも生まれる。「住まい」と地域の豊かな関係性を目指した「次世代居住」のヴィジョンを示している。

  • 歴史を遡った批評の先に建築や都市の「未来」がある

    塚本由晴, 渡辺真理, 長谷川豪, 難波和彦, 石田壽一, 小嶋一浩 , 北山恒, 藤原徹平, 寺田真理子, 市川紘司, 岩元真明, 山道拓人, 南後由和 , 連勇太朗

    20世紀の思想から考える、これからの都市・建築   5 - 8   2016.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:彰国社   Joint Work  

    日本の建築家たちに大きな影響を与えた。20世紀を代表する、建築分野における6人の思想家・建築家に焦点をあて、欧米から生まれた都市・建築の理論を今日的に読み解くことは、日本における「これからの新しい建築・都市」考える上で重要であること、また世代を超えた議論を行うことの意味を論じた。

  • 日本の建築は、いかに世界や社会のなかで位置付けられてきたのか

    太田佳代子, 福屋粧子, 田根剛, 植田実, 伊藤公文, 寺田真理子, 日埜直彦

    建築雑誌   129 ( 1662 )   17 - 17   2014.9  [Invited]

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本建築学会   Joint Work  

    2014年第14回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展において、1970年代の実験的な日本の建築に焦点を当てた日本館の"In the Real World"の展示において制作された映像作品"Inside Architecture--A Challenge to Japanese Society"を批評した論文。

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 「住まい」への問いは、「生きること」への問いである

    吉良森子、佐藤敬、相澤怜、瀬川未来、鶴川留美、山内海渡、林太一、久原清秀

    次世代居住   6 - 9   2021.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)   Single Work  

  • A Proposal for the Future of the Berlin Block, Inspired by Japan's Small Urban Living Environment

    2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Joint Work  

  • Beyond Architecture

    Bulletin   287 ( 2021春 )   4 - 11   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Lecture material (seminar, tutorial, course, lecture, etc.)   Single Work  

  • 自然を資源に開かれたアイデアが団地を活性化し、クリエイティブに再生する「左近山団地」

    寺田真理子

    Kanagawa ARTS PRESS   ( 152 )   20 - 20   2020.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:神奈川芸術文化財団   Single Work  

    横浜市旭区の左近山団地は、UR(独立行政法人都市再生機構)が管理する賃貸住宅と分譲住宅として1968年に建てられ、住戸数約4800戸、住棟約200棟に約8,900人が住む巨大団地である。左近山団地でも居住者の高齢化や建物の老朽化が進み、空き家も年々増え続けている。本稿では、左近山団地の自然環境は、住民と外部の人たちが連携したパークプロジェクトや学生居住などの創造的なアクションを生み、世代を超えた住民の交流を育む重要な資源となっていると論じた。資源を活かした「多様な世代や人々による運営組織」と「空間の更新」は、再生の鍵となって団地を活気づけ、新たな価値を生んでいるのと分析している。

  • Can Chinese People's Knowledge of "Spaces of Commoning" They Have Developed in Their Bodies Maintain Control Over the Transformation Society?

    Mariko Terada

    2019.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Joint Work  

display all >>

Works 【 display / non-display

  • Brazilian Popular Architecture--民衆のための空間

    寺田真理子, アンドレ・アラーニャ・コヘーア・ド・ラーゴ, 今福龍太, 塚本由晴, 大庭早子

    2018.8 - 2018.9

     More details

    Work type:Artistic work   Location:『CONFORT』(第163号、2018年8月号)  

    ブラジルの近代建築、とりわけ公共建築における建築の開放感とダイナミックな空間には、ブラジル社会の思想が深く潜んでいる。本特集は、その思想的な背景をもつブラジルのモダニズム建築の魅力を、政治的、文化的背景から探るものである。

  • Tokyo2050 //12 Visions for the Metropolis

    Hidetoshi Ohno, Manuel Tardits, Mariko Terada, Momoko Iwai

    2011.9 - 2011.10

     More details

    Work type:Artistic work  

  • Exhibition "Nested in the City" / ARCHILAB 2006 JAPAN

    Akira Suzuki, Mariko Terada

    2006.10 - 2006.12

     More details

    Work type:Artistic work   Location:Site des Subsistances Militaries / Orlean,, France  

  • 東京エコシティーー新たなる水の都市へ」展

    法政大学大学院エコ地域デザイン研究所, 東京キャナルプロジェクト実行委員会, 寺田真理子

    2006.1 - 2006.3

     More details

    Work type:Artistic work   Location:江戸東京博物館  

    東京の河川や運河を江戸時代に遡りながら、東京の水辺の魅力と可能性を見直し、現代の都市と水辺が共生する新しい都市のデザインを考える展覧会を2チームで企画。私自身は、東京キャナル・プロジェクト実行委員会および「東京エコシティ」展実行委員会のメンバーとして展覧会の企画キュレーションを行った。

  • 「Green Times--都市の緑で遊ぼう」展

    寺田真理子、ロジャー・マクドナルド

    2005.11 - 2005.12

     More details

    Work type:Artistic work   Location:国営昭和記念公園「花みどり文化センター」  

    国営昭和記念公園内に、植物や生物など花と緑の文化に関わる情報発信、交流拠点の場として「みどりの文化ゾーン」が完成するにあたり、そのオープニング企画展のキュレーションおよび関連イベントを企画実施。都市生活で希薄になっている、人と人、人と自然、そのふれあいの楽しさをもとめて、「都市の緑で遊ぼう」というテーマのもと、制作した。私たちの忙しい都市生活において「緑という文化を楽しむ時間」をもつことの重要性を問いかけた。

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • The Prize of AIJ for Education, Award for Outstanding Practice

    2010.5   Architectural Institute of Japan   An Advanced Program of Professional Architectural Training Centered on Studio Education

    Individual or group name of awards:Akihiro TAMURA, Riken YAMAMOTO, Koh KITAYAMA, Yosihiko IIDA, Ryue NISHIZAWA, Mariko TERADA

  • Prix Antoine -Nicolas BAILLY

    2006   Academie des Beaux-Arts   Nested in the City

    Individual or group name of awards:Akira Suzuki, Mariko Terada

Other external funds procured 【 display / non-display

  • The Research on Next-Generation Living Environment Models reacting to Urban Risks --Learning from Amsterdam's Living Environment that brings sustainable neighborhood relationships, taking into account flood and aging risks

    2020.4 - 2021.3

    Oobayashi Foundation  Support Program for Urban Studies

    Investigator(s):Mariko TERADA

  • Development of design method and analytical tool for creating common space in collective housings

    2018.4 - 2020.3

    The Taisei Foundation 

    Investigator(s):Kumiko Inui

  • Development of design method and analytical tool for creating common space in collective housings

    2018.4 - 2020.3

    The Taisei Foundation 

    Investigator(s):Kumiko INUI

  • 大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業(イノベーション対話促進プログラム)

    2013.10 - 2014.3

    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology  文部科学省補助金(H25地域産学官連携科学技術振興事業費)

    Investigator(s):北山恒

Presentations 【 display / non-display

  • 「トランジション・シティ 都市をめぐる知の交差」

    吉見俊哉, 伊藤守, 福永真弓, 彦江智弘, 寺田真理子  [Invited]

    『都市科学事典』出版記念オンライン・シンポジウム  横浜国立大学都市科学部、都市イノベーション研究院

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:横浜国立大学大学院都市イノベーション学府IUIパワープラントホール  

    横浜国立大学都市科学部では、『都市科学事典』の出版にあたり、都市における「トランジション/変わりゆくこと」をテーマに、オンラインにて記念シンポジウムを開催した。そのシンポジウムを『都市科学事典』の編集委員と共同で企画し、当日はシンポジウムにおける司会を務めた。都市に関する専門家を招聘し、『都市科学事典』の編集から見えてきた都市に関わる専門家を招聘し、「都市の未来」について様々な分野の視点から、知の交差を試みた。

  • Architecture of Social Transformation

    Rainer Hehl, Verona von Beckerath, Mariko Terada  [Invited]

    City talk and Exhibition opening 

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:English   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:FREIRAUM in der Box, Berlin  

  • レクチャー「編集・デザイン編」

    寺田真理子, 加藤賢策

    ワークショップ「都市をつかむ」  横浜国立大学都市イノベーション研究院, アーバニストスクール・プログラム準備室

     More details

    Event date: 2019.3

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:kosha33  

  • Big Form, Small Grain--「集まって住む」ための個と全体

    乾久美子、ライナー・ヘール、寺田真理子、連勇太朗、篠原明理、高村学人、長谷川逸子、篠原聡子  [Invited]

    続・Tokyo Metabolizing展  法政大学江戸東京研究センター

     More details

    Event date: 2018.3

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:EARTH + GALLERY  

  • Spaces of Commoning

     [Invited]

    Exhibition "constellation.s" 

     More details

    Event date: 2016.6

    Language:English   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:arc en reve (Bordeaux, France)  

display all >>

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2022   Presentation for Architecture

    College of Urban Sciences

  • 2022   Architectural and Urban Media Design 2

    College of Urban Sciences

  • 2022   Architectural and Urban Media Design 1

    College of Urban Sciences

  • 2022   Architectural and Urban Media Design

    College of Urban Sciences

  • 2022   Yokohama Architectural and Urban Studies S

    Graduate School of Urban Innovation

display all >>

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • 空間論演習

    Institution:京都精華大学

  • 総合科目 大学を開くアート・デザインプロデュース2007

    Institution:筑波大学

  • 建築学概論B

    Institution:武蔵野美術大学

  • 芸術工学特別講義

    Institution:名古屋市立大学

  • スペースメディア論

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • (社)日本建築学会

    2008.10  作品選奨委員

     More details

    Committee type:Other 

  • UIA2011/東京大会

    2006.10 - 2008.3  Forum Japan部会委員

     More details

    Committee type:Academic society 

  • (社)日本建築家協会

    2004.10 - 2006.10  建築セミナーの実行委員

     More details

    Committee type:Other 

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • 横浜の未来コンソーシアム

    Role(s): Host, Edit, Planner, Logistic support

    横浜の未来コンソーシアム  横浜の未来  横浜開港記念会館  2019.12

     More details

    Audience: High school students, University students, Graduate students, Teachers, Researchers, General public, Scientific organization, Company, Civic organization, Government agency, Media

    Type:Extension Lecture

    2019年に横浜市が発表したIR誘致プロジェクトを受けて、横浜の未来について、横浜市民と専門家が真剣に話し合う場としてシンポジウムを企画した。また横浜の三大学(神奈川大学、関東学院大学、横浜国立大学大学院Y-GSA)の学生たちが、スタジオで取り組んだ「横浜インナーハーバー」の提案プロジェクトも発表し、その上で専門家を招聘し、都市デザイン、建築、法、経済の観点から、横浜の未来を議論。

  • ワークショップ「都市をつかむ」

    Role(s): Lecturer, Planner, Logistic support

    横浜国立大学都市イノベーション研究院、アーバニストスクール・プログラム準備室  アーバン・ルポルタージュ・ワークショップ  kosha33  2019.3

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Researchers

    Type:Seminar, workshop

    都市をフィールドとするこれからの実践者には、それらをつなぎ合わせるしなやかな感性が求められる。本ワークショップにおいて、実際に都市に繰り出し、都市を読み解く視点、記述や編集の方法を学ぶことを2日間の集中ワークショップを企画し、アーバニストに求められる「都市をつかむ」力を養うことを、学生や社会人を対象に実施した。

  • "Creative Neighborhoods4" 「Big Form, Small Grain --「集まって住む」ための個と全体のかたち

    Role(s): Lecturer, Planner

    江戸東京研究センター  続・Tokyo Metabolizing+先端科学高等研究院シンポジウム・シリーズ  EARTH + GALLERY, 東京都木場  2018.3

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Teachers, Researchers, General public, Scientific organization, Government agency

    Type:Extension Lecture

    本シンポジウムは、法政大学の江戸東京研究センターが主催するイベントにおいて、
    法政大学、東京工業大学、横浜国立大学先端科学高等研究院「次世代居住都市ユニット」の3大学が共同研究したものである。共通するテーマは「近未来東京」であり、その未来像を各シンポジウムで議論した。

  • 「西戸部のみつけかた2」展

    Role(s): Host, Lecturer, Planner, Logistic support

    横浜国立大学先端科学高等研究院「次世代都市居住研究ユニット」  西戸部のみつけかた2  横浜市西区西戸部町  2018.3

     More details

    Audience: University students, Graduate students, General public, Civic organization, Government agency

    Type:Exhibition

    本学の先端科学高等研究院「次世代居住都市研究ユニット」では、都市の脆弱エリアとして、横浜市の木造密集市街地(西戸部)をターゲットに、この街の成り立ち、空間的な特徴を生かした西戸部ならではの生活のありかたを研究し、「西戸部のみつけかた」として、2016年度に引き続き、2017年度も第2回目の展覧会として、西戸部地区の自治会の協力のもとにシンポジウムと合わせて展覧会を開催した。

  • 「西戸部のみつけかた」展

    Role(s): Lecturer, Planner

    横浜国立大学先端科学高騰研究院「次世代居住都市ユニット」  西戸部のみつけかた展  横浜市西区西戸部町  2017.2

     More details

    Audience: University students, Graduate students, Researchers, General public, Government agency

    Type:Exhibition

    本学の先端科学高等研究院「次世代居住都市研究ユニット」では、都市の脆弱エリアとして、横浜市の木造密集市街地(西戸部)をターゲットに、この街の成り立ち、空間的な特徴を生かした西戸部ならではの生活のありかたを研究し、「西戸部のみつけかた」として、2016年度、2017年度の2回にわたって、西戸部地区の自治会の協力のもとにシンポジウムと合わせて展覧会を開催した。

display all >>

Media Coverage 【 display / non-display

  • 特集: Creative Neighborhoods「街と住まい」

    公益財団法人 神奈川芸術文化財団  kanagawa ARTS PRESS  2018.5

     More details

    神奈川県の芸術文化財団が隔月で発行する芸術に関するフリーの冊子『kanagawa ARTS PRESS』。その冊子において、Creative Neighborhoods「街と住まい」の特集を企画を編集し、執筆している。