TSUJI Yamato

Affiliation

Faculty of Urban Innovation, Division of Urban Innovation

Job Title

Associate Professor

Research Fields, Keywords

Economic History of Pre-modern Asia, Choson Dynasty, Asian History

Mail Address

E-mail address

Related SDGs




The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

  • 【Book】 嗜好品から見える社会  2022.03

    【Published Thesis】 Cultural Treasures in the Era of Content  2019.10

    【Book】 調査研究報告68号「未公開資料朝鮮総督府関係者録音記録」総索引(地名・事項編)  2019.03

    【Book】 編著『調査研究報告64号 東アジアの歴史イメージとコンテンツ』(学習院大学東洋文化研究所)  2018.03

    【Book】 『朝鮮王朝の対中貿易政策と明清交替』(汲古書院)  2018.02

Education 【 display / non-display

  • 2007.4
    -
    2015.2

    The University of Tokyo   Department of Korean Studies   Doctor Course   Completed

  • 2008.3
    -
    2009.2

    Seoul National University   Other

  • 2005.4
    -
    2007.3

    The University of Tokyo   Department of Korean Studies   Master Course   Completed

  • 2001.4
    -
    2005.3

    The University of Tokyo   Department of Oriental History, Faculty of Letters   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Literature - The University of Tokyo

  • Master of Literature - The University of Tokyo

Campus Career 【 display / non-display

  • 2017.10
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Urban Innovation   Division of Urban Innovation   Associate Professor  

  • 2017.10
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityGraduate School of Urban Innovation   Department of Infrastructure and Urban Society   Associate Professor  

  • 2017.10
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityCollege of Urban Sciences   Department of Urban and Social Collaboration   Associate Professor  

  • 2017.10
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Department of Human Sciences   Associate Professor  

External Career 【 display / non-display

  • 2022.4
     
     

     

  • 2020.4
     
     

    The University of Tokyo   Historiographical Institute  

  • 2019.7
     
     

    The University of Tokyo   Uehiro Project for the Asian Research Library, the University of Tokyo Library System  

  • 2019.4
    -
    2022.3

    Kyoto University   Center for Information Resources of Area Studies, Center for Southeast Asian Studies,  

  • 2017.4
    -
    2022.3

    Chuo University   Faculty of Letters  

display all >>

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2014
     
     
     

    Society of Inner Asian Studies

  • 2014
     
     
     

    Association for the study of Korean Culture and Society

  • 2011.4
     
     
     

    Association for Asian Studies

  • 2010
     
     
     

    The Historical Society of Japan

  • 2007
     
     
     

    The Academic Association of Koreanology in Japan

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & Social Sciences / Area studies

  • Humanities & Social Sciences / History of Asia and Africa

 

Research Career 【 display / non-display

  • 朝鮮王朝史

    Project Year:

Books 【 display / non-display

  • 朝鮮王朝の対中貿易政策と明清交替

    辻大和( Role: Sole author)

    汲古書院  ( ISBN:9784762960505

    Amazon

     More details

    Total pages:211   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 嗜好品から見える社会

    大坪玲子、谷憲一、辻大和ほか( Role: Joint author ,  近世以降韓国における薬用人蔘製品の流通と消費)

    春風社  ( ISBN:9784861108020  [Reviewed]

    Amazon

     More details

    Total pages:424   Responsible for pages:391-414   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • アジア遊学259 書物のなかの近世国家  東アジア「一統志」の時代

    小二田章,高井康典行,吉野正史,辻大和ほか( Role: Joint author ,  朝鮮燕行使の『大明一統志』輸入について 202-213頁)

    勉誠出版  ( ISBN:9784585325055

    CiNii Amazon

     More details

    Total pages:288   Responsible for pages:202-213   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 『響きあう東アジア史』

    三谷博・朴薫・張翔編( Role: Joint translator ,  黄 善翌著/辻 大和訳「東アジアの戦後処理――韓人帰還問題を中心に(一九四五―四六年)」)

    東京大学出版会  ( ISBN:978-4-13-026266-8

    Amazon

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 世界の図書館から : アジア研究のための図書館・公文書館ガイド

    澁谷由紀ほか,辻大和( Role: Joint author ,  ブリティッシュコロンビア大学・アジア図書館 199-204頁)

    勉誠出版  ( ISBN:9784585200697

    CiNii

     More details

    Total pages:219   Responsible for pages:199-204   Language:Japanese Book type:Scholarly book

display all >>

Thesis for a degree 【 display / non-display

Papers 【 display / non-display

  • 京城帝国大学の内モンゴル調査─1938年調査団の派遣背景をめぐって─

    辻 大和

    常盤台人間文化論叢   7 ( 1 )   183 - 207   2021.3

    DOI

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:横浜国立大学都市イノベーション研究院   Single Work  

  • 江戸時代の諸国産物帳にみる薬用人蔘(オタネニンジン)の分布 ─仙台藩と土佐藩を中心に

    辻 大和

    CIRAS Discussion Paper   103   35 - 44   2021.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:京都大学東南アジア地域研究研究所   Single Work  

  • Cultural Treasures in the Era of Content

    TSUJI Yamato

    Korean Culture and Society   18   7 - 17   2019.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • Japanese Policy towards Chinese Characters and Classic Chinese in Colonial Korea [Japanese]

    TSUJI Yamato

    Journal of Asian Cultures   19   95 - 128   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Gakushuin University,The Research Institute for Oriental Cultures   Single Work  

    Other Link: http://hdl.handle.net/10959/00004291

  • The Tallies Carried by the Choson Korean Tribute Missions to Ming China : Fuyan and Kanhe [Japanese]

    TSUJI Yamato

    Kankoku-Chosen bunka kenkyu   16   58 - 43   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Department of Korean Studies, Graduate Schoolo of Humanities and Sociology, The University of Tokyo   Single Work  

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • 穂積真六郎資料

    植田喜平成智, 辻大和,橋本陽,韓相賢

    東洋文化研究   24   129 - 141   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:学習院大学東洋文化研究所   Joint Work  

  • 中央日韓協会関係資料

    植田喜平成智, 辻大和,橋本陽,韓相賢

    東洋文化研究   24   143 - 149   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:学習院大学東洋文化研究所   Joint Work  

  • 第二章官文書(朝鮮国王咨文)、第三章上奏文書(朝鮮国王表文)

    渡辺美希, 荒木和憲, 林慶俊, 須田牧子, 辻大和

    東京大学史料編纂所研究成果報告2021-2『明清中国関係文書の比較研究』   87,88,100 - 103   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:東京大学史料編纂所   Joint Work  

  • 領域1歴史 総論,1-5-5遺産のコンテンツ化, 2-2-9東北アジアの都市と国境, 9-4-1 記憶・歴史のなかの都市空間

    辻大和

    都市科学事典   1-5,90-91,140-141,910-911   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:春風社   Single Work  

  • Tracing Urban History

    Yearbook : Institute of Urban Innovation, Yokohama   2020 2021   56 - 61   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:Institute of Urban Innovation, Yokohama National University   Joint Work  

display all >>

Works 【 display / non-display

  • 戦後日本における朝鮮史文献目録(データベース版)<分担>

    朝鮮史研究会

    2017.4

     More details

    Work type:Database science  

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

Other external funds procured 【 display / non-display

  • 朝鮮王朝の対中貿易政策と明清交替

    2017.10

    Local Government  平成29年度東京大学学術成果刊行助成

    Investigator(s):辻大和

  • Choson dynasty's trading policy from 16th to 18th Century

    2008.3 - 2010.2

    Local Government  Matsushita Asia scholarship

    Investigator(s):TSUJI Yamato

Presentations 【 display / non-display

  • 朝鮮王朝と薬用植物

    辻大和  [Invited]

    皇學館大學史學會講演会  2022.10  皇學館大學史學會

     More details

    Event date: 2022.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:皇學館大學(三重県伊勢市)   Country:Japan  

  • 朝鮮王朝期日常生活での薬用植物の消費について

    辻大和

    韓国・朝鮮文化研究会第23回研究大会  2022.10  韓国・朝鮮文化研究会

     More details

    Event date: 2022.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京大学本郷キャンパス   Country:Japan  

  • 朝鮮後期における外国人の入境について―華人商人を中心に

    辻大和

    近世・近代環東アジア地域における都市ネットワークに関する社会動態史研究  2022.3  新潟大学

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:オンライン   Country:Japan  

  • 京城帝国大学蒙疆学術探検隊のみた1930年代後半内モンゴル経済

    辻 大和

    内陸アジア史学会大会  内陸アジア史学会

     More details

    Event date: 2021.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン  

  • 近世以降韓国における嗜好品としての薬用人蔘について

    辻大和

    韓国・朝鮮文化研究会第22回研究大会  韓国・朝鮮文化研究会

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン  

    本発表は近世以降韓国における薬用人蔘の嗜好品としての流通と消費について考察する。薬用人蔘(オタネニンジン)はウコギ科の薬草で、朝鮮人蔘、高麗人蔘とも呼ばれる。中国や韓国では「人蔘」(中国語ではRensheng、韓国語ではInsam)のみで薬用人蔘を指す。オタネニンジンと離れたものとして、野菜のニンジンがあるが、これはウコギ科ではなくセリ科である。

     薬用人蔘(以下、人蔘とする)は、原産地が朝鮮半島から中国東北部一帯であり、古代より東アジアにおいて万病、不老長寿の薬とされ、珍重された。たとえば朝鮮半島では中国歴代皇帝への朝貢品(進貢品)であったほか、16世紀からは、朝貢以外の経路で朝鮮半島から中国や日本へ輸出された。18世紀までは天然の生人蔘(水蔘)、干人蔘(白蔘)が流通するのみであったが18世紀以降、日本、朝鮮で人蔘栽培に成功し、中国へ輸出されるようになった。

     さて現代韓国を中心に、薬用人蔘は特定の病気の治療薬としての利用だけでなく、身体の調子を整える「補薬」や嗜好品としての利用が多く、贈答品としての位置づけも高い。

     薬用人蔘については日本が韓国を植民地とした時代から生産に関する歴史研究の蓄積が見られ、現代韓国でも薬効はもちろん生産に関する歴史研究は多くの蓄積がある。だが、人蔘の国際的流通が16世紀に本格化し、18世紀に栽培が実用化したのち、どうやって近現代に人蔘が健康食品や嗜好品として広く受容され、消費されるようになったかということに関する歴史研究は多くない。

     そこで本発表では、16世紀以降韓国の歴史文献に見える人蔘に関する記事によって、人蔘製品の流通、消費に関わる展開を考察したい。消費については朝鮮時代の『朝鮮王朝実録』や士大夫の私的記録などで薬用として用いられた例を確認したうえで、薬用でない「人蔘茶」などの形態で、飲まれ始めた例も同様に調べ、その内実に迫る。また、近現代以降の韓国でどのように嗜好品としての人蔘加工品が登場し、普及していったのかについても論じる。

display all >>

Past of Collaboration and Commissioned Research 【 display / non-display

  • ポサドニック号事件関係史料の研究(代表者:塩谷哲史)

    Offer organization: 東京大学史料編纂所 一般共同研究   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2022.4  -  2023.3 

  • アジアにおける薬用植物資源の生産・流通と情報・表象:資源知形成の比較・関係史(代表:岡田雅志)

    Offer organization: 京都大学 東南アジア地域研究研究所 共同利用・共同研究拠点「地域情報資源の共有化と相関型地域研究の推進拠点」   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2021.4  -  2022.3 

  • 史料編纂所所蔵明清中国公文書関係史料の比較研究(代表者:渡辺美季)

    Offer organization: 東京大学史料編纂所 一般共同研究   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2020.4  -   

  • アジアにおける薬用植物資源の広域市場流通と地域社会の資源利用の歴史的相関に関する研究(代表:岡田雅志)

    Offer organization: 京都大学 東南アジア地域研究研究所 共同利用・共同研究拠点「地域情報資源の共有化と相関型地域研究の推進拠点」   Cooperative Research within Japan  

    Project Year: 2020.4  -  2021.3 

  • ポピュラー文化を活用した羽沢横国大駅・大学間通学路の2.5次元化プロジェクト(代表者:須川亜紀子)

    Offer organization: 横浜国立大学地域連携推進機構Next Urban Lab   Cooperative Research within an affiliated university or institute  

    Project Year: 2019.9  -  2023.3 

display all >>

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2022   Asian Social Studies

    Graduate School of Urban Innovation

  • 2022   Urban Society in East Asia

    College of Urban Sciences

  • 2022   Seminar on Urban Societies in East Asia 2(Japanese)

    College of Urban Sciences

  • 2022   Seminar on Urban Societies in East Asia 1(Japanese)

    College of Urban Sciences

  • 2022   Senior Thesis / Projects B

    College of Urban Sciences

display all >>

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • 朝鮮史

  • 東アジア近世史

  • アジアを学ぶ

  • アジア史概論1(分担)

  • 朝鮮語

display all >>

 

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • 高大連携出張講義

    Role(s): Guest

    横浜市立南高等学校  65 期高大連携講座  横浜市港南区  2019.10

     More details

    Audience: High school students, Teachers

    Type:Visiting lecture

    横浜国立大学、横浜市立大学、東京農工大学が参加した、横浜市立南高等学校第65期高大連携講座において、「東アジア都市社会論講義」の一部を用いた模擬講義を行った。

  • アジア情報関係機関懇談会

    Role(s): Panelist

    国立国会図書館関西館  アジア情報関係機関懇談会  京都府精華町  2019.2

     More details

    Audience: Researchers, Government agency, Other

    Type:Seminar, workshop

    国立国会図書館関西館(京都府精華町)が同館で開催した「アジア情報関係機関懇談会」において、「韓国朝鮮研究のための情報源アクセスの現状と図書館に期待する役割」の題目で報告を行った。

  • 第19回韓国・朝鮮文化研究会研究大会シンポジウム「コンテンツ時代の文化財」

    東京大学本郷キャンパス  2018.10

  • 朝鮮史研究会 第52会大会

    東京都豊島区  2015.10