時野谷 勝幸 (トキノヤ カツユキ)

TOKINOYA Katsuyuki

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 保健体育

職名

助教

研究キーワード

レナラーゼ 、運動、マイオカイン、酸化ストレス 、cell free DNA


学歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年4月
    -
    2020年8月

    筑波大学   大学院人間総合科学研究科   スポーツ医学専攻   博士課程   修了

  • 2015年4月
    -
    2017年3月

    筑波大学   大学院人間総合科学研究科   体育学専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 2010年4月
    -
    2014年3月

    静岡大学   教育学部   生涯スポーツ専攻   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(スポーツ医学) - 筑波大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2024年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   保健体育   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2024年4月
    -
    現在

      上智大学   非常勤講師

  • 2023年4月
    -
    現在

      筑波大学   医学医療系   客員研究員

  • 2023年4月
    -
    2024年3月

      上智大学   基盤教育センター 身体知領域   特任助教

  • 2023年4月
    -
    2024年3月

      東京都立大学   非常勤講師

  • 2021年10月
    -
    2023年3月

      武蔵野大学   非常勤講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2019年
    -
    現在
     

    日本ウォーキング学会

  • 2018年
    -
    現在
     

    国際タウリン研究会 日本部会

  • 2016年
    -
    現在
     

    European College of Sport Science

  • 2016年
    -
    2020年
     

    日本酸化ストレス学会

  • 2014年
    -
    現在
     

    日本運動生理学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / スポーツ科学  / 運動生化学

  • ライフサイエンス / スポーツ科学  / 運動生理学

  • ライフサイエンス / スポーツ科学  / 分子細胞生物学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • クライオセラピーの正しい方法と効果を知る

    菅澤威仁, 時野谷勝幸( 担当: 共著)

    コーチングクリニック,ベースボール・マガジン社  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

論文 【 表示 / 非表示

  • Gene expression level of renalase in the skeletal muscles is increased with high-intensity exercise training in mice on a high-fat diet

    Katsuyuki Tokinoya,Seiko Ono,Kai Aoki,Koki Yanazawa,Yasuhiro Shishikura,Takehito Sugasawa,Kazuhiro … 全著者表示

    Physiology International   108 ( 2 )   274 - 284   2021年7月  [査読有り]

    DOI PubMed

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Akademiai Kiado Zrt.   共著  

    <title>Abstract</title><sec><title>Introduction</title>Exercise training is beneficial for reducing obesity. In particular, exercise training can lower the catecholamine concentration in circulation. Renalase, whose expression was first confirmed in the kidneys, is a physiologically active substance that decomposes circulating catecholamines; additionally, it has been reported to be present in the skeletal muscles. The aim of this study was to clarify the expression of renalase in the skeletal muscles and kidneys after high-intensity exercise training in obese mice.

    </sec><sec><title>Material and methods</title>The mice were divided into four groups: normal diet and sedentary, normal diet and exercise training, high-fat diet and sedentary, and high-fat diet and exercise training, and the test was performed for 8 weeks.

    </sec><sec><title>Results</title>Body weight and skeletal muscle wet weight were reduced by high-fat diet intake but were rescued by training. Skeletal muscle renalase gene expression was significantly increased by exercise training. However, in the kidneys the gene expression of renalase was significantly increased by high-fat diet intake and exercise training. No significant changes were observed in the gene expression of catecholamine-degrading enzymes, catechol-O-methyltransferase and monoamine oxidase A and B.

    </sec><sec><title>Conclusion</title>We demonstrated that exercise training increased the gene expression of renalase in the skeletal muscles and kidneys, thus lowering circulating catecholamine levels. This may lead to amelioration of obesity as catecholamines are lipolytic.

    </sec>

    その他リンク: https://akjournals.com/view/journals/2060/108/2/article-p274.xml

  • Plasma free metanephrine and normethanephrine levels correlated to plasma catecholamine after acute running in amateur runner.

    Katsuyuki Tokinoya,Yasuhiro Shishikura,Nanami Sekine,Atsushi Aoyagi,Yasuko Yoshida,Yuichi Aita,Take … 全著者表示

    Journal of exercise science and fitness   19 ( 3 )   178 - 181   2021年7月  [査読有り]

    DOI PubMed PMC

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

    Background: Catecholamine is a typical index of exercise intensity, but it is difficult to detect. Plasma metanephrine (MN) and normethanephrine (NMN) levels are more stable than those of catecholamines. This study aimed to investigate plasma MN and NMN levels during acute exercise running in amateur runners. Methods: Samples were collected from eight healthy male participants. They were either sedentary or running at low or high intensity for 30 min. Blood samples were collected under these conditions. Measurements taken included plasma adrenaline, noradrenaline, MN, and NMN. Results: Plasma adrenaline levels increased after high-intensity exercise compared with sedentary subjects. Plasma noradrenaline, MN, and NMN levels increased after both low- and high-intensity exercise compared with sedentary subjects. In addition, these levels were also significantly higher at high intensity than at low intensity. Plasma adrenaline and noradrenaline levels were positively correlated with plasma free MN and NMN levels after acute running, respectively. Conclusion: This study revealed that plasma MN and NMN levels transiently increased depending on exercise intensity in amateur runners. In addition, plasma NMN levels are better markers than plasma MN levels because of their stronger correlation with plasma catecholamine levels.

  • アマチュアランナーにおけるフルマラソン後の血中酸化ストレス評価 -d-ROMおよびBAPテストを用いた検証-

    時野谷 勝幸,石倉 惠介,羅 成圭,海老名 慧,宮川 俊平,大森 肇

    大学体育研究   ( 43 )   13 - 20   2021年3月  [査読有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Denervation‐induced muscle atrophy suppression in renalase‐deficient mice via increased protein synthesis

    Katsuyuki Tokinoya,Takanaga Shirai,Yuya Ota,Tohru Takemasa,Kazuhiro Takekoshi

    Physiological Reports   8 ( 15 )   2020年8月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley   共著  

  • Moderate‐intensity exercise increases renalase levels in the blood and skeletal muscle of rats

    Katsuyuki Tokinoya,Yasuko Yoshida,Takehito Sugasawa,Kazuhiro Takekoshi

    FEBS Open Bio   2020年6月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 筋芽細胞への冷却刺激が遺伝子発現に及ぼす影響:クライオセラピーの分子メカニズムの探索

    菅澤威仁,時野谷勝幸,関根七海,吉田保子,竹越一博

    日本理学療法学会プログラム・抄録集   69th   2021年

    J-GLOBAL

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著  

  • 小腸におけるレナラーゼの局在及び酸化ストレスに対する発現変化

    青木海,青木海,時野谷勝幸,時野谷勝幸,菅澤威仁,鈴木拓史,吉田保子,中野巧朗,竹越一博

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   75th   2021年

    J-GLOBAL

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著  

  • レナラーゼ欠失マウスの骨格筋における急性運動の影響

    TOKINOYA Katsuyuki,SHIRAI Takanaga,SHIRAI Takanaga,AOKI Kai,SUGASAWA Takehito,TAKEMASA Tohru,TAKEKO … 全著者表示

    Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   9 ( 6 )   2020年

    J-GLOBAL

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著  

  • The Relationship Between Changes in Stride Length and Stride Rate, Muscle Damage and Decreases in Pace in the Final stage of a Marathon(和訳中)

    Ishikura Keisuke,Tokinoya Katsuyuki,Yoshida Yasuko,Sekine Nanami,Kosaki Keisei,Kumamoto Shota,Maeda … 全著者表示

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   8 ( 6 )   369 - 369   2019年11月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:(一社)日本体力医学会   共著  

  • サルコペニアのオートファジーとレナラーゼ酵素の関与について

    吉田 保子,時野谷 勝幸,菅澤 威仁,青木 海,小野 成幸,竹越 一博

    臨床病理   67 ( 補冊 )   234 - 234   2019年10月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本臨床検査医学会   共著  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀論文賞

    2022年10月   日本ウォーキング学会  

    受賞者:時野谷勝幸

  • Top Cited Article in FEBS Open Bio journal (Top cited articles published between 1 Jan 2020-31 Dec 2021)

    2022年03月   FBES  

    受賞者:時野谷勝幸

  • 令和2年度筑波大学大学院人間総合科学研究科研究科長賞

    2021年03月   筑波大学  

    受賞者:時野谷勝幸

  • 英文校正グラント

    2018年03月   エディテージ  

    受賞者:時野谷勝幸

  • 研究奨励賞

    2018年03月   国際タウリン研究会 日本部会   タウリン添加による代謝制御に関するマイオカインの応答  

    受賞者:時野谷勝幸

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 骨格筋特異的レナラーゼ欠損における骨格筋での生理的役割解明のための網羅的探索

    研究課題/領域番号:23K19904  2023年8月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  研究活動スタート支援

    代表者:時野谷 勝幸

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 骨格筋レナラーゼ欠損における骨格筋可塑性の変化と筋収縮による分泌・発現応答の検証

    研究課題/領域番号:21J00603  2021年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  特別研究員奨励費

    代表者:時野谷 勝幸

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    本研究では、その分泌機序の解明に迫るために培養細胞実験を行った。株化細胞であるC2C12を培養する細胞実験にて電気刺激による筋収縮を行うことによって、筋からの分泌メカニズムを検証する。申請者は、一過性の運動後に骨格筋でのレナラーゼ発現量が上昇することを明らかにしているが、実際に筋細胞での発現量や分泌が行われているかは不明なままであった。そのため、骨格筋培養細胞株であるC2C12細胞を用いて、電気刺激による筋細胞の収縮モデルによる培地上清での分泌が生じるかの検証を行った。筋芽細胞を筋管細胞へ分化させ、専用の機器に細胞プレートを装着し、電気刺激収縮を行なった。骨格筋培養細胞モデルの再現として、先行研究で報告されているインターロイキン-6については、培地上清への分泌が確認できたため、骨格筋培養細胞モデルの再現は行えている。しかしながら、培地上清でのレナラーゼをうまく検出できていない状態である。
    さらにレナラーゼ遺伝子欠損を用いたマウスを使用することで、骨格筋自身への生理的な影響についても検証する。またレナラーゼを全身で欠損したマウスを筑波大学より譲渡して頂き、繁殖中である。骨格筋での機能を解析するために、遺伝子の欠損をゲノムDNAおよび骨格筋から単一筋線維を単離したサンプルでのqPCRで確認後に骨格筋の初代培養細胞における細胞増殖や分化能を検証する予定である。現在は、骨格筋からの単一筋線維を正確に採取する段階まで進んでいる。またレナラーゼを全身で欠損したマウスから骨格筋組織を取り出して、長趾伸筋(速筋線維)およびヒラメ筋(遅筋線維)の発揮張力を測定する予定である。

  • 運動による酸化ストレスが生理活性物質であるレナラーゼに及ぼす影響とそのメカニズム

    研究課題/領域番号:18J10187  2018年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  特別研究員奨励費

    代表者:時野谷 勝幸

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • マイオカイン・レナラーゼが骨格筋自身に及ぼす機序の解明:骨格筋初代培養細胞を用いた検証

    2023年12月 - 2024年12月

    民間財団等  令和5年度研究助成

    代表者:時野谷 勝幸

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • ノルディックウォーキングを用いたセルフリーDNA動態の検証

    2020年4月 - 2021年3月

    民間財団等  2020年度 スポーツに関する科学的・学術的・医学的研究に対する助成

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ウォーキング研究発表論文のわかりやすい解説(60分間の勾配の異なる条件下でのノルディックウォーキングの生理学的応答の検証)

    時野谷勝幸  [招待有り]

    R5第2回WEBシンポジウム  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Effect of exercise stress on the regulation of renalase expression in skeletal muscle

    Tokinoya K  [招待有り]

    the 20th International Symposium on Chromaffin Cell Biology (ISCCB-20)  2020年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 60分間の勾配の異なる条件下でのノルディックウォーキングの生理学的応答の検証

    時野谷勝幸,長津恒輝,土屋亮太,高宮圭佑,萩原琢麻,竹越一博,杉山康司

    ウォーキング学会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 勾配の異なるノルディックウォーキングにおける血中および尿中cell free DNA濃度の変化

    時野谷勝幸, 長津恒輝, 土屋亮太, 高宮圭佑, 萩原琢麻, 竹越一博, 杉山康司

    日本体力医学会大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • レナラーゼ欠損マウスにおける一過性運動が骨格筋に及ぼす影響

    時野谷 勝幸,白井 隆長,青木 海,菅澤 威仁,武政 徹,竹越 一博

    日本体力医学会大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2024年度   運動生理学

    教育学部  学校教員養成課程  保健体育

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • ウェルネス・身体活動2(バスケットボール)

    2024年5月 - 現在 機関名:聖心女子大学

  • スノー実習

    2024年2月 機関名:東京都立大学

  • 身体のリベラルアーツ

    2023年4月 - 現在 機関名:上智大学

  • 卓球

    2023年4月 - 2023年9月 機関名:上智大学

  • スポーツ実習(バスケットボール)

    2023年4月 - 2023年8月 機関名:東京都立大学

全件表示 >>

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 静岡県委託事業 令和元年度スポーツイノベーション 推進事業

    役割:助言・指導

    裾野市スポーツツーリズム推進協議会  2020年 - 2021年

  • コーニング ライフサイエンスアンバサダー

    役割:その他

    コーニング インターナショナル株式会社  2019年6月 - 2020年5月