UJIKAWA Keiji

Affiliation

Faculty of International Social Sciences, Division of International Social Sciences

Job Title

Professor

Research Fields, Keywords

Environmental Economics, SNA, Input-Output Analysis

Mail Address

E-mail address

Related SDGs




The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

  • 【Published Thesis】 一般逆行列を用いたU表・V表からの産業連関表の推計  2020.09

    【Book】 ゼロからはじめる経済入門  2019.05

    【Published Thesis】 SDGsおよび統合的な政策イニシアティブの基礎としてのSEEA  2018.09

    【Book】 環境・経済統合勘定の新展開[第3刷]  2018.02

    【Published Thesis】 The Sustainable Development Goals and SNA/SEEA as the basis for integrated statistical systems  2018.12

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1996

    Tohoku University   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Economics - Tohoku University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2014.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of International Social Sciences   Division of International Social Sciences   Professor  

  • 2013.4
    -
    2014.3

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of International Social Sciences   Division of International Social Sciences   Associate Professor  

  • 2007.4
    -
    2013.3

    Duty   Yokohama National UniversityInternational Graduate School of Social Sciences   Associate Professor  

  • 2003.4
    -
    2007.3

    Duty   Yokohama National UniversityInternational Graduate School of Social Sciences   Associate Professor  

  • 2021.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityInterfaculty Graduate School of Innovative and Practical Studies   Professor  

display all >>

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2019.4
     
     
     

    環太平洋産業連関分析学会

  • 2019.4
     
     
     

    環境経済・政策学会

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & Social Sciences / Economic policy  / Economic Policy(Economic Condition)

  • Environmental Science/Agriculture Science / Environmental impact assessment  / Environmental Economics

 

Books 【 display / non-display

  • Environment and Sustainable Development

    Keiji Ujikawa, Mikio Ishiwatari, Eric Van Hullebusch ( Role: Joint editor)

    Springer 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

  • ゼロからはじめる経済入門

    横浜国立大学経済学部テキスト・プロジェクトチーム( Role: Other)

    有斐閣  ( ISBN:4641165424

     More details

    Total pages:314   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  • 環境・経済統合勘定の新展開[第3刷]

    氏川恵次( Role: Sole author)

    青山社  ( ISBN:9784883593323

     More details

    Total pages:149   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 環境と公害 第47巻第3号

    磯崎博司編集責任・氏川恵次編集幹事( Role: Sole author)

    岩波書店 

     More details

    Total pages:72   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 環境と公害 第45巻第4号

    寺西俊一編集責任・氏川恵次編集幹事( Role: Other)

    岩波書店 

     More details

    Total pages:72   Language:Japanese Book type:Scholarly book

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • 一般逆行列を用いたU表・V表からの産業連関表の推計

    氏川恵次

    統計学   2020.9  [Reviewed]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • 一般逆行列を用いたU表・V表からの産業連関表の推計

    氏川 恵次

    統計学   119   33 - 39   2020  [Reviewed]

    CiNii Research

     More details

    Language:The in addition, foreign language   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • The Sustainable Development Goals and SNA/SEEA as the basis for integrated statistical systems

    UJIKAWA Keiji

    proceedings of the 18th Science Council of Asia Conference   2018.12  [Reviewed]

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)   Publisher:Science Council of Japan   Single Work  

  • SDGsおよび統合的な政策イニシアティブの基礎としてのSEEA

    氏川恵次, SABRY M. Ashraf

    環境経済・政策研究   11 ( 2 )   87 - 91   2018.9  [Reviewed]

    DOI

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:岩波書店   Joint Work  

    Other Link: https://www.jstage.jst.go.jp/article/reeps/11/2/11_87/_article/-char/ja/

  • Trial Calculation of Environmentally Extended I-O in SEEA

    UJIKAWA Keiji

    Yokohama journal of social sciences   21 ( 6 )   291 - 306   2017.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:Yokohama International Social Sciences Association   Single Work  

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 中国における水環境のSDGsに対応したSEEAによる定量化と政策シミュレーション

    2020.4 - 2024.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):氏川恵次

      More details

    Grant type:Competitive

    SDGs等の経済・環境の総合政策の分析手段として、国際的には、SNAやその応用である環境・経済統合勘定(SEEA)が国際統計基準となっており、早急な応用研究が求められている。とくにSDGs6の水環境に関連して、中国をはじめとする経済成長と水環境問題のトレードオフに直面する地域での、定量的・総合的な分析と政策への適用が必要とされている。
    本研究の目的は、中国の水に関するSEEAを推計して、水資源・水質汚染物質と経済活動の相互作用を明らかにして、ハイブリッド勘定と包括的な貨幣勘定で評価する。また、SEEAから拡張産業連関表とCGEモデルを推計して、中国の環境政策が水環境と経済活動に及ぼす影響を定量的に示す。本研究はSDGsに対応する国際統計基準であるSEEAを用いた、一国の資源ガバナンスの定量的な明確化と政策支援の先行モデルとなることが期待できる。

  • 地域協働型エネルギー事業の地域経済分析

    2019.4 - 2022.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):上園 昌武

      More details

    Grant type:Competitive

  • SEEA-CFと環境会計・評価による日中間の拡張I-O・マクロ会計・費用便益分析

    2015.4 - 2019.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):氏川恵次

      More details

    Grant type:Competitive

    物的供給使用表・SEEA・環境拡張産業連関表・多地域間表の推計手法、環境会計・評価の適用について、理論的研究を推進した。また、日中の多地域間産業連関表および付帯データ・関連統計、環境分析用産業連関表等を収集した。これらに基づき、日本・中国の環境分析用産業連関表・多地域間産業連関表の比較研究を進めた。さらには、研究成果を国内学会等で報告して、学術論文の執筆につとめた。
    環境会計については、組織を対象とするミクロレベルの環境会計から、地域的・空間的な広がりをもつメソレベル及びマクロレベルの環境会計に展開していくための理論研究を行った。具体的には、国内・海外の水会計・林業会計等をレビューするとともに、地域的サプライチェーン・産業クラスターがメソレベルの環境会計の対象となると考えて、木質系バイオマス事業等を対象とするメソレベルの管理会計手法等を調査した。
    環境評価や費用便益分析については、SEEAでは包摂対象となってはいない、ひろい意味での環境についての評価を検討した。具体的には倫理的消費(エシカル消費)を対象とし、中でも動物保護やアニマルウェルフェアへの支払意思について検討をおこなった。
    また、SEEAの政策利用のために利用を検討している持続可能性指標としてデカップリング指標をとりあげ、新しい理論展開について検討した。具体的には、相関概念をもちいて、あたらしいデカップリング指標の提案をおこない、その利用可能性についての検討をおこなった。

  • 緑の投資の国際比較研究ーデンマークとドイツの再生可能エネルギーと地域経済活性化

    2012.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

    Investigator(s):吉田文和

      More details

    Grant type:Competitive

    本研究は、デンマークとドイツを対象に、再生可能エネルギーと地域活性化の国際比較研究を行い、日本にとって参考としようするものである。とくに、風力発電や太陽光の市民所有率の高さが重要であり、これが再生可能エネルギーの買取り制度を支えている。また、熱電併給CHPの普及にとっては、接続義務を自治体が決定できる点が、ドンマークのCHPの普及率の高さを支えている。こうちた制度が、地域からの再生可能エネルギー利用を支え、かつ地元住民の参加と支持の基礎となっている。

  • 資源・土石・エネルギー・CO2分析用の日中NAMEAの推計と集約型指標の研究

    2012.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Young Scientists(B)

    Investigator(s):氏川恵次

      More details

    Grant type:Competitive




    本研究ではSEEA1993、SEEA2003、NAMEA、SEEA-CF、日本、中国の各版について、構造・勘定および環境評価を主とした比較分析を行い、集約型指標や個別指標群との比較研究を行った。また日本および中国の資源・エネルギーの地域間産業連関表に基づいて、再生可能エネルギー関連部門に関する拡張産業連関表を作成し、日本と中国の資源・エネルギー政策により、エネルギー転換の効果について、定量的に明らかにした。

Presentations 【 display / non-display

  • SDGs・地球温暖化対策にたいする市民・行政・企業・大学の連携・取組のあり方

    氏川恵次他

    日本環境学会第45 回研究発表会  日本環境学会

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:横浜国立大学  

  • 開発途上国支援における実態評価指標と能力評価指標

    氏川恵次他

    日本評価学会春季第16回全国大会  日本評価学会

     More details

    Event date: 2019.5

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:JICA横浜  

  • SDGs and SNA/SEEA as the integrated statistical systems and application to water governance

    UJIKAWA Keiji  [Invited]

    2019 the 2nd International Conference on Sustainable Development of Water and Environment  International Conference on Sustainable Development of Water and Environment

     More details

    Event date: 2019.1

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:Hongkong  

  • 国内のSDGsに関する活動事例とその評価

    氏川恵次他

    日本評価学会第19回全国大会  日本評価学会

     More details

    Event date: 2018.12

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:横浜国立大学  

  • The Sustainable Development Goals (SDGs) and SEEA as the basis for integrated statistical systems and policies

    UJIKAWA Keiji  [Invited]

    2018 3rd Asia Conference on Environment and Sustainable Development  Asia Conference on Environment and Sustainable Development

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:Singapore  

display all >>

Past of Collaboration and Commissioned Research 【 display / non-display

  • 脱炭素社会・循環経済シナリオのSEEA/SDGsによる物的・貨幣的な定量的評価

    Offer organization: 独立行政法人環境再生保全機構   Others  

    Project Year: 2022.4  -  2025.3 

  • 南足柄市の地域経済循環分析

    Offer organization: 富士ゼロックス株式会社   Funded Research offered by Enterprises  

    Project Year: 2016.12  -  2017.3 

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2022   Seminar 2b (Master's Programs)

    Graduate School of International Social Sciences

  • 2022   International Environmental Economics: Intermediate (Guided Study)

    College of Economics

  • 2022   International Environmental Economics: Intermediate

    College of Economics

  • 2022   Seminar

    College of Economics

  • 2022   International Environmental Economics

    College of Economics

display all >>