UMEZAWA Akihisa

Affiliation

College of Education, Department of School Education , Specialization in Health and Physical Education

Job Title

Professor

Research Fields, Keywords

Sport Education, Educational Technology, Pedagogy of Physical Education

Mail Address

E-mail address

Related SDGs




写真a

The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

  • 【Published Thesis】 Development of Attitude Scale focusing on Inclusion of Physical Education for fifth and sixth grade in elementary school  2021.12

    【Book】 真正の「共生体育」をつくる  2020.03

    【Book】 体育における「学び合い」の理論と実践  2016.07

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

  • 【Published Thesis】 Development of Attitude Scale focusing on Inclusion of Physical Education for fifth and sixth grade in elementary school  2021.12

    【Book】 体育科教育学研究ハンドブック  2021.03

    【Book】 真正の「共生体育」をつくる  2020.03

    【Published Thesis】 新学習指導要領に対応したこれからの体育の評価の方法  2020

    【Published Thesis】 Teacher Professional Accountability : Through Cooperation for Consensus Building with Parents in Primary Physical Education  2018.03

Education 【 display / non-display

  • 2004.4
    -
    2008.3

    Tokyo Gakugei University   Doctor Course   Completed

  • 1999.4
    -
    2001.3

    Yokohama National University   Master Course   Completed

  •  
    -
    1994.3

    Yokohama National University   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Education - Tokyo Gakugei University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2021.4
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Health and Physical Education   Professor  

  • 2017.4
    -
    2021.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education   Department of School Education   Specialization in Health and Physical Education   Professor  

  • 2013.4
    -
    2017.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Department of School Education   Specialization in Health and Physical Education   Associate Professor  

  • 2021.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityGraduate School of Education   Professional Schools for Teacher Education     Specialization in Education/Special Needs Education   Health and Physical Education   Professor  

  • 2017.4
     
     

    Concurrently   Yokohama National UniversityGraduate School of Education   Department of Teacher Education   Specialization in Education Design, Health and Physical Education   Professor  

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 2012.4
    -
    2013.3

      Associate Professor  

  • 2011.4
    -
    2012.3

      Associate Professor  

  • 2009.4
    -
    2011.3

      Lecturer  

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2021.4
     
     
     

    日本スポーツ教育学会 監事

  • 2021.4
     
     
     

    日本体育科教育学会 理事

  • 2020.3
     
     
     

    日本スポーツ教育学会学会賞選考委員長

  • 2019.4
    -
    2021.3
     

    体育科教育学会 監事

  • 2018.4
    -
    2021.3
     

    日本スポーツ教育学会 理事

display all >>

Research Areas 【 display / non-display

  • Life Science / Physical education, and physical and health education

  • Humanities & Social Sciences / Education

  • Others / Others  / スポーツ教育学

  • Humanities & Social Sciences / Education on school subjects and primary/secondary education

  • Life Science / Sports sciences

display all >>

Qualification acquired 【 display / non-display

  • Social Physical Education Leader (regional sports leader)(primary, middle, and advanced class)

  • First Kind of Handicapped Children School Teacher License

  • High School Teacher Specialization License

  • Junior High School Teacher Specialization License

  • Elementary School Teacher Specialization License

 

Research Career 【 display / non-display

  • インクルーシブ体育における資質・能力育成に関する研究

    Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year:

  • 【初等教育学関連】 1.教師-児童の教育的関係 2.教師教育 3.「こころ」と「からだ」を一体とした健康教育

    Project Year:

     More detail

    ・「かかわり合い」ながら学ぶためのケアリング ・社会構成主義的な「学び合い」 ・学び続ける教師集団の再構築 ・実践研究から学び合う同僚性 ・授業の変革から学習者間関係の再構築 ・健康関連体力の重視とこころの健康

  • 【体育科教育学関連】 1.知識基盤社会における体育科教育の在り方についての探究 2.質的なアカウンタビリティに資する体育科教育の探究 3.パフォーマンス評価における教育的鑑識眼の探究

    Project Year:

     More detail

    ・関係論的視点に立つ体育科教育 ・動きの「感じ」と「気づき」を大切にした体育科教育 ・「協働」と「創造」による体育科教育 ・量から質への転換を図るための実践研究 ・ステイクホルダーとの双方向コミュニケーションの手段に関する研究 ・ポートフォリオとルーブリックの実践研究 ・専門職としての「見とり」手段の探究 ・即時的フィードバックに関する研究 ・学習者の視点を重視した言葉かけに関する実践研究

  • ステイクホルダーとの双方向コミュニケーションによる体育授業改善

    Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year:

     More detail

     本研究では、保護者等のステイクホルダーとの双方向コミュニケーションが体育授業改善やアカウンタビリティにどのような影響を与えるのかを明らかにすることを目的とした。  保護者からの授業に対する評価を肯定的に受け止め、専門性の高い同僚とのコミュニケーションを図ることでより顕著な授業改善がなされることが明らかとなった。また、保護者から評価される授業になることも明らかとなった。総じて、相互的アカウンタビリティを維持する中で民主的専門性を高めるためにステイクホルダーとの双方向コミュニケーションが重要であることが明らかとなった。

Books 【 display / non-display

  • 真正の「共生体育」をつくる

    梅澤秋久,苫野一徳ほか17名( Role: Joint editor)

    大修館書店  ( ISBN:978-4-469-26886-7

     More details

    Total pages:272   Responsible for pages:128   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    2017/2018年告示の学習指導要領の体育/保健体育編において記載された共生の視点を重視した体育を「共生体育」と定義し,その理論と実践の探究を記した書籍である。
    《自由》と《自由の相互承認》,ダイバーシティ・インクルージョンの思想から,全ての学習者の能力を最大限に発揮させる協働創造型の体育実践を紹介している。具体的には,障害の有無,性差,能力差,国籍等の差異を包摂する体育の在り方について言及している。

  • 体育における「学び合い」の理論と実践

    梅澤 秋久( Role: Sole author)

    大修館書店  ( ISBN:9784469268003

    Amazon

     More details

    Total pages:192   Language:Japanese Book type:Scholarly book

     本書は,21世紀型の体育の在り方を「学び合い」の視点から論じた書籍である.理論編では体育科の歴史的変遷と社会的要請から全ての学習者を対象とした体育への変革の重要性を論じ,エンゲストロームの活動システム論から道具やルールの工夫によって運動世界へ誘い,共感性と超越性の中で運動の機能的特性に没頭させ,自己−他者−運動世界とのケアリング関係を構築していく教育方法について論究した.実践編では附属小中学校との協働により,学び合いの具体的事例を報告した.(全176ページ)

  • 体育科教育学研究ハンドブック

    友添秀則,梅澤秋久,ほか( Role: Joint author ,  第3部 第6章 評価研究)

    日本体育科教育学会 

     More details

    Total pages:143   Responsible for pages:113-118   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    日本体育科教育学会において,体育科教育学に関する研究のこれまでとこれからを学会委員をはじめ,広く体育科教育を学ぶ方々に周知する専門書である。
    同書において、体育科教育学における評価研究について詳細に論じた。

  • 学び手の視点から創る中学校・高等学校の保健体育授業 体育編

    鈴木直樹、梅澤秋久、宮本乙女( Role: Joint editor ,  第1章、第6章、第12章、コラム1、コラム3、あとがき)

    大学教育出版  ( ISBN:9784864293969

    Amazon

     More details

    Total pages:194   Language:Japanese Book type:Scholarly book

     本書は構成主義に立脚する学び手の視点から創る中等体育科教育法向けの教科書である.第1章では21世紀の社会的要請から「体育の目的・目標論」(担当,p. 2-14)について論じた.第6章では「協同学習の理論と実践」(p.65-84)では互恵的に学び合う教育方法の理論と附属中学校での実践例を紹介した.第12章「授業評価論」(p.172-178)では,授業改善の方法について論究した.また,コラム「生徒指導と体育教師」(p.14),「運動部活動と体育教師」(p.45),「あとがき」(p.192- 193)を執筆した.鈴木直樹・梅澤秋久ほか13名(担当合計44ページ/194ページ)

  • 新しい「体つくり運動」の学習評価の実践

    鈴木直樹、成家篤史、石塚諭、大熊誠二、梅澤秋久ほか25名( Role: Joint author ,  第4章1)

    創文企画  ( ISBN:9784864130646

    Amazon

     More details

    Total pages:175   Language:Japanese Book type:Scholarly book

     本書は体つくり運動における評価の在り方について論じた書籍である.第4章学習評価小辞典の「1.ポートフォリオ評価」および「2.ルーブリック」を執筆した(担当,p.156-159).真正の評価の希求からポートフォリオ評価の必要性とその具体的な方法について言及した.ルーブリック=採点指針は,ポートフォリオと連動することで価値が高まる.評価から学びを変えるためのツールとしての活用を提言した.鈴木直樹・成家篤史・梅澤秋久ほか27名(担当3ページ/174ページ)

display all >>

Thesis for a degree 【 display / non-display

  • 小学校体育科におけるポートフォリオ評価の有効性に関する研究

    梅澤秋久

    2001.3

    No Setting   Single Work    [Reviewed]

Papers 【 display / non-display

  • Research on students'awareness of physical activity in Northeast China (Jinzhou City): Through comparison with Japan(Yokohama City)

    1 ( 1 )   34 - 45   2022.3  [Reviewed]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Joint Work  

  • Learning design inducing the empathy in physical education:Case study of gymnastic in 3rd and 4th grade

    5   10 - 22   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Joint Work  

  • Transformation of self-regulated learning ability in Kokoyakyu (high school baseball in Japan):Focus on manager competency

    5   23 - 33   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Joint Work  

  • Development of Attitude Scale focusing on Inclusion of Physical Education for fifth and sixth grade in elementary school

    42 ( 2 )   2021.12  [Reviewed]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Joint Work  

  • 小学校体育科における家庭での授業動画視聴が学びに与える影響 ~表現運動の協働創造実践から~

    矢邉洋和,梅澤秋久

    教育デザイン研究   12   124 - 135   2021.1  [Reviewed]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:横浜国立大学教育学研究科   Joint Work  

    小学校体育科における家庭での授業動画視聴が協働的で創造的な学びに与える影響を明らかにすることを目的とした.授業動画は,オンラインストレージを用いて各家庭に配信した.授業前後の児童へのインタビューに基づいたエピソード記述分析の結果,家庭での授業動画視聴は,対面での学びにおいて,(1)自分たちの課題の発見,(2)グループを超えた協働,(3)字幕の問いかけによる学びの誘発,(4)保護者とのコミュニケーションを学びに活用,(5)教師のメッセージ動画による協働創造の学びの誘発,という5つにつながる可能性が示唆された.

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • ライフスタイルの転換で家庭文化を超える

    梅澤秋久

    体育科教育   69 ( 12 )   66 - 67   2021.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Single Work  

  • 体育・スポーツにおけるミソジニー:ホモソーシャルとホモフォビアから女性嫌悪現象を読み解く

    梅澤秋久

    女子体育   63 ( 12 )   44 - 47   2021.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Single Work  

  • 東京2020大会からの「共生体育」への示唆

    梅澤秋久

    体育科教育   69 ( 11 )   28 - 32   2021.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Single Work  

  • アドラー心理学の視点から学級文化を再構築する

    梅澤秋久

    体育科教育   69 ( 11 )   74 - 75   2021.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Single Work  

  • アフターコロナの保健体育を展望する

    物部博文,梅澤秋久,藤原亮治

    体育科教育   69 ( 8 )   12 - 17   2021.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Lecture material (seminar, tutorial, course, lecture, etc.)   Joint Work  

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 朝日のびのび教育賞

    2008.11   朝日新聞社  

    Individual or group name of awards:半原小学校(研究代表:梅澤秋久)

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 共生の視点を重視した体育科の「評価の三角形」に関する実証的研究

    2021.4 - 2024.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):梅澤秋久

      More details

    Grant type:Competitive

     Education2030(OECD,2019a)では全ての人/社会の Well-being をこれからの教育の目的 としている。日本の教育においても持続可能な社会の担い手としての資質・能力育成,及び 主体的・対話的で深い学びとカリキュラムマネジメントが希求された。また,1人1台 PC の調達が加速し「高度情報技術の進展に応じた『学習評価』の充実による教育システムの再 構築」(国立教育政策研究所,2020)が課題とされている。具体的には,1認知,2観察,3解 釈の「評価の三角形」(Pellegrino, 2020)への情報技術の活用研究が喫緊の課題である。
     体育では,Education2030 において Inclusive がカリキュラムの中核に掲げられ,障害の 有無,性差,人種や運動経験等の多様な格差を包摂し,公教育としての体育を全ての子ども に適用することが希求されている(OECD,2019b)。日本の学習指導要領(2017/2018)において も体育/保健体育科では,共生の視点を踏襲することが新規記載され(以下「共生体育」), 全ての子どもの身体/精神的な健康に向けた教科という点で世界的な理念の潮流と一致する。
     研究代表者および研究分担者はこれまで多様性を包摂し合う「共生体育」の理論と実践に ついて協働的に研究を進めてきた(梅澤, 2020a ほか)。並行して研究代表者は主体的な学 びと指導と評価の一体化に関する研究も推進してきた(梅澤, 2020c ほか)。他方で「共生 体育」での高度情報技術を活用した学習評価に関する研究は国内外においても散見されない。
     本研究では「共生体育」での認知・観察・解釈の「評価の三角形」において Computer Based Assessment を実践し,その効果と具体的な活用方略を実証的に明らかにする。

  • 広義のインクルーシブ体育における資質・能力育成の実証的研究

    2017.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):梅澤秋久

      More details

    Grant type:Competitive

  • 学校体育における教育学的ケアリングに関する実証的研究

    2014.4 - 2017.3

    科学研究費補助金  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Investigator(s):梅澤秋久

      More details

    Grant type:Competitive

  • ステイクホルダーとの双方向コミュニケーションによる体育授業改善

    2009 - 2010

    科学研究費補助金 

    Investigator(s):梅澤秋久

      More details

    Grant type:Competitive

Other external funds procured 【 display / non-display

  • 体育における個別最適化を基盤とした探究型の学びの実現 :ICT機器を活用したビデオパートの創造過程からの分析

    2021.4 - 2022.3

    横浜国立大学教育学部後援会助成

    Investigator(s):梅澤秋久

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • 外国にルーツをもつ児童に関する体力/健康格差に関する研究

    2018.4 - 2019.3

    横浜国立大学後援会研究助成金

  • 小学校教師の体育授業信念に及ぼすメンタリングの影響 ~「活動システムモデル」を用いたアクションリサーチからの検討~

    2017.4 - 2018.3

    横浜国立大学後援会研究助成

    Investigator(s):梅澤秋久

  • 体育における学ぶ意味・意義のステイクホルダー間の合意形成過程に関する実証的研究

    2016.4 - 2017.3

    平成28年度横浜国立大学教育人間科学部後援会助成金

    Investigator(s):梅澤秋久

  • 社会変化に対応した学校体育のイノベーション-構成主義的学習観におけるケアリングに着目して-

    2013.4 - 2014.3

    平成25年度教育人間科学部後援会助成金

    Investigator(s):梅澤秋久

Presentations 【 display / non-display

  • 体育授業における形成的没頭度尺度の開発

    村瀬 浩二, 梅澤 秋久

    日本体育・スポーツ・健康学会予稿集  2021.9  一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会

    DOI CiNii Research

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    <p>体育授業における形成的評価は形成的授業評価(長谷川ほか、1995)が代表的である。この尺度は「成果」、「学び方」、「協力」、「意欲・関心」の4因子から作成されている。しかし、この尺度は作成から20年以上が経ち、その間に体育には身体的リテラシーやインクルージョン(UNESCO,2015)が提唱された。ここでは、障がいや性別など多様性の包括が重視されるようになった。そのような状況のなかでは、授業の評価として「成果」ではなく「どう取り組めたか」が必要ではないか。村瀬ほか(2017)は診断的評価尺度として体育勤勉性尺度を作成した。村瀬ほか(2017)は勤勉性を「楽しむ能力」として捉え、運動に主体的に取り組む資質として評価している。この考え方を元に、体育の授業評価として没頭度尺度を作成することで、現代の体育に求められる形成的な授業評価尺度を作成できるであろう。</p><p> そこで、本研究は体育授業に対する没頭度を評価する形成的没頭度尺度を作成するにあたり、これまで収集した単元内の変化からその妥当性を検証することを目的とする。</p>

  • 高校野球における自己調整学習能力の変容

    平野 太一, 梅澤 秋久

    日本体育・スポーツ・健康学会予稿集  2021.9  一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会

    DOI CiNii Research

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    <p>本研究は、高校野球における自己調整学習能力の変容と選手の監督コンピテンシー認知との関係性について検討することを目的とした。</p><p> 「運動部活動での指導のガイドライン」(文部科学省、2013)において、指導者には生徒の「主体的に自立して取り組む力」の育成が希求されている。その中、高校野球においては指導者による体罰や暴言を伴う不適切な指導が未だ後を絶たず(元永、2020)、選手の主体性を育む指導者行動が求められている。</p><p> 自己調整学習は、自らの学習プロセスに対してメタ認知・動機づけ・行動の面で自己調整の機能を働かせながら進められる学習と定義されている(Zimmerman, 2006)。また、自己調整学習は、スポーツ場面においても選手をより優れたパフォーマンスレベルへ到達させるために有効とされている(Toering et al, 2009)。近年、幾留ら(2017)によってスポーツ版自己調整学習尺度も開発され、国内でのスポーツ場面における研究も進み始めている(藤井、2019)。しかし、高校野球に焦点をあてた縦断的な自己調整学習の研究は散見されない。</p><p> そこで、本研究では、高校野球において新チーム発足時とチームの成熟期を迎える春季大会後における自己調整学習能力の変容を調査した。その際、高松・山口(2016)が作成した「高校野球における監督のコンピテンシー尺度」を援用し、選手が監督のコンピテンシーをどのように認知しているのかを併せて調査した。つまり、自己調整学習能力の変容と選手の監督コンピテンシー認知にどのような関係があるのかを分析することで、選手の主体性を育むための指導者行動を示す契機になると考えた。</p><p> 研究方法は、某県内20校875名の高校野球部員を対象とし質問紙調査を実施した。分析方法は、監督のコンピテンシー尺度の因子得点を群分けし、自己調整学習能力の因子ごとにその変容を一元配置分散分析にて検討した。</p>

  • コロナ禍に取り組む保健と体育を関連させたプロジェクト学習

    川上亜美,梅澤秋久,物部博文  [Invited]

    日本健康教育学会  日本健康教育学会

     More details

    Event date: 2021.1

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:オンライン  

    コロナ禍の健康な生活について,小学校3年生の体育科保健領域「健康な生活」と体つくり運動領域を横断するプロジェクト学習の実践報告である。

  • 国公⽴⼤学⽣競技者における個⼈・社会志向性の検討 :競争⼼に着⽬して

    弘田来実,梅澤秋久

    日本スポーツ教育学会  日本スポーツ教育学会

     More details

    Event date: 2021.1

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:オンライン(大阪体育大学)  

    本研究では国公⽴⼤学に所属する⼤学⽣競技者を対象にスポーツにおける個⼈・社会志向性と多⾯的競争⼼に着⽬し、その関係性と先⾏研究との差異について明らかにすることを⽬的とした。国公⽴⼤学⽣競技者において、スポーツ活動を⾏う際に⾃分の信念や⽬標を⼤事にする個⼈志向性と、チームや仲間・指導者のことに重きを置く社会志向性はいずれも競争に対する気持ちと結びつきがあることがわかった。それだけではなく、対象者が所属する環境の雰囲気や、経験した⼊試形態の違い、置かれている⽴場によっても個⼈・社会の両志向性から競争⼼に与える影響が変わる可能性も考えられる。さらに、社会志向性と競争⼼に加え、これまでの競技歴や現在のチーム内での⽴ち位置といった競技者それぞれの属性は相互に影響し合っている可能性が⽰唆された。

  • Collaborative creation of inclusive sports: Physical education in high school project-based learning

    Akihisa UMEZAWA  [Invited]

    The 2019 International Conference for the 8th East Asian Alliance of Sport Pedagogy  East Asian Alliance of Sport Pedagogy

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:English   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:Waseda University  

display all >>

Past of Collaboration and Commissioned Research 【 display / non-display

  • オリパラ教育,オリンピアンのセカンドキャリアに関する相談

    Offer organization: JTB   Others  

    Project Year: 2022.2  -  2022.2 

  • スポーツ・ツーリズム関する相談

    Offer organization: JTB   Others  

    Project Year: 2021.5  -  2021.5 

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2022   Outdoor activities/Ski:Practice

    College of Education

  • 2022   Outdoor Recreation : Practice

    College of Education

  • 2022   保健体育の授業デザイン論と実践      

    Graduate School of Education

  • 2022   保健体育の高度教育研究方法論

    Graduate School of Education

  • 2022   Teaching Method of Health and Physical Education in Junior High School D

    College of Education

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 愛川町教育委員会 教育委員

    2014.9  教育委員

     More details

    Committee type:Municipal 

  • 日野市学校適正規模検討委員会委員長

    2021.8 - 2021.11  学校適正規模検討委員会委員長

     More details

    Committee type:Municipal 

  • 日本体育科教育学会

    2021.4  理事

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 日本スポーツ教育学会

    2021.4  監事

     More details

    Committee type:Academic society 

  • 福岡県共生体育調査研究委員会

    2021.1  委員

     More details

    Committee type:Municipal 

display all >>

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • 附属横浜小学校授業研究会講師

    Role(s): Lecturer, Consultant

    附属横浜小学校  2022.7

  • 東京都瑞穂町立第四小学校研究会講師

    Role(s): Lecturer, Consultant

    瑞穂町教育委員会  2022.7

  • 小田原市立白鷗中学校研究会講師

    Role(s): Lecturer, Consultant

    小田原市教育委員会  2022.7

  • 横浜市学校保健審議会事故調査委員会

    Role(s): Host, Logistic support, Investigator

    横浜市教育委員会  2022.6

  • 厚木市立上荻野小学校研究会講師

    Role(s): Lecturer, Consultant

    厚木市立上荻野小学校  2022.6

display all >>

Academic Activities 【 display / non-display

  • 愛川町立中津小学校インクルーシブ調査

    Role(s): Other

    2018.4

     More details

    Type:Academic research 

  • 日野市インクルーシブ研究

    Role(s): Other

    2017.10

     More details

    Type:Academic research