梅澤 秋久 (ウメザワ アキヒサ)

UMEZAWA Akihisa

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 保健体育

職名

教授

研究キーワード

スポーツ教育学、教育工学、体育科教育学

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 共生の視点を重視した小学校高学年の体育における態度尺度の開発   2021年12月

    【著書】 真正の「共生体育」をつくる  2020年03月

    【著書】 体育における「学び合い」の理論と実践  2016年07月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 共生の視点を重視した小学校高学年の体育における態度尺度の開発   2021年12月

    【著書】 真正の「共生体育」をつくる  2020年03月

    【論文】 新学習指導要領に対応したこれからの体育の評価の方法  2020年

    【著書】 体育科教育学研究ハンドブック  2021年03月

    【論文】 保健体育科の自己調整学習におけるAARサイクルの特徴 ~学習者の「評価の三角形」に着目して~(横浜国立大学教育学部紀要Ⅰ(教育科学))  2023年01月

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年4月
    -
    2008年3月

    東京学芸大学   大学院 学校教育学研究科   健康・スポーツ系教育講座   博士課程   修了

  • 1999年4月
    -
    2001年3月

    横浜国立大学   大学院 教育学研究科   保健体育専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  •  
    -
    1994年3月

    横浜国立大学   教育学部   小学校教員養成課程体育専攻   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(教育学) - 東京学芸大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   保健体育   教授  

  • 2017年4月
    -
    2021年3月

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   保健体育   教授  

  • 2013年4月
    -
    2017年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   保健体育   准教授  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   高度教職実践専攻(教職大学院)   教科教育・特別支援教育プログラム   芸術・身体・特別支援グループ 保健体育   教授  

  • 2017年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   教育実践専攻   教育デザインコース 保健体育   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年4月
    -
    現在

      東京学芸大学連合学校教育学研究科   連合学校教育学研究科   教授

  • 2012年4月
    -
    2013年3月

      帝京大学   教育学部   准教授

  • 2011年4月
    -
    2012年3月

      帝京大学   文学部教育学科   准教授

  • 2009年4月
    -
    2011年3月

      帝京大学   文学部教育学科   講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在
     

    日本スポーツ教育学会 監事

  • 2021年4月
    -
    現在
     

    日本体育科教育学会 理事

  • 2020年3月
     
     
     

    日本スポーツ教育学会学会賞選考委員長

  • 2019年4月
    -
    2021年3月
     

    体育科教育学会 監事

  • 2018年4月
    -
    2021年3月
     

    日本スポーツ教育学会 理事

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学

  • 人文・社会 / 教育学

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学

  • その他 / その他  / スポーツ教育学

  • ライフサイエンス / スポーツ科学

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 社会体育指導者(地域スポーツ指導者)(初・中・上級)

  • 養護学校教諭1種免許

  • 高等学校教諭専修免許

  • 中学校教諭専修免許

  • 小学校教諭専修免許

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • インクルーシブ体育における資質・能力育成に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:

  • 共生を基盤とした体育の授業づくり

    地域先端技術共同研究開発  

    研究期間: 2020年4月 - 2023年3月

  • 【初等教育学関連】 1.教師-児童の教育的関係 2.教師教育 3.「こころ」と「からだ」を一体とした健康教育

    研究期間:

     詳細を見る

    ・「かかわり合い」ながら学ぶためのケアリング ・社会構成主義的な「学び合い」 ・学び続ける教師集団の再構築 ・実践研究から学び合う同僚性 ・授業の変革から学習者間関係の再構築 ・健康関連体力の重視とこころの健康

  • 【体育科教育学関連】 1.知識基盤社会における体育科教育の在り方についての探究 2.質的なアカウンタビリティに資する体育科教育の探究 3.パフォーマンス評価における教育的鑑識眼の探究

    研究期間:

     詳細を見る

    ・関係論的視点に立つ体育科教育 ・動きの「感じ」と「気づき」を大切にした体育科教育 ・「協働」と「創造」による体育科教育 ・量から質への転換を図るための実践研究 ・ステイクホルダーとの双方向コミュニケーションの手段に関する研究 ・ポートフォリオとルーブリックの実践研究 ・専門職としての「見とり」手段の探究 ・即時的フィードバックに関する研究 ・学習者の視点を重視した言葉かけに関する実践研究

  • ステイクホルダーとの双方向コミュニケーションによる体育授業改善

    科学研究費補助金  

    研究期間:

     詳細を見る

     本研究では、保護者等のステイクホルダーとの双方向コミュニケーションが体育授業改善やアカウンタビリティにどのような影響を与えるのかを明らかにすることを目的とした。  保護者からの授業に対する評価を肯定的に受け止め、専門性の高い同僚とのコミュニケーションを図ることでより顕著な授業改善がなされることが明らかとなった。また、保護者から評価される授業になることも明らかとなった。総じて、相互的アカウンタビリティを維持する中で民主的専門性を高めるためにステイクホルダーとの双方向コミュニケーションが重要であることが明らかとなった。

著書 【 表示 / 非表示

  • 真正の「共生体育」をつくる

    梅澤秋久,苫野一徳ほか17名( 担当: 共編者(共編著者))

    大修館書店  2020年3月  ( ISBN:978-4-469-26886-7

     詳細を見る

    総ページ数:272   担当ページ:128   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    2017/2018年告示の学習指導要領の体育/保健体育編において記載された共生の視点を重視した体育を「共生体育」と定義し,その理論と実践の探究を記した書籍である。
    《自由》と《自由の相互承認》,ダイバーシティ・インクルージョンの思想から,全ての学習者の能力を最大限に発揮させる協働創造型の体育実践を紹介している。具体的には,障害の有無,性差,能力差,国籍等の差異を包摂する体育の在り方について言及している。

  • 体育における「学び合い」の理論と実践

    梅澤 秋久( 担当: 単著)

    大修館書店  2016年7月  ( ISBN:9784469268003

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:192   記述言語:日本語 著書種別:学術書

     本書は,21世紀型の体育の在り方を「学び合い」の視点から論じた書籍である.理論編では体育科の歴史的変遷と社会的要請から全ての学習者を対象とした体育への変革の重要性を論じ,エンゲストロームの活動システム論から道具やルールの工夫によって運動世界へ誘い,共感性と超越性の中で運動の機能的特性に没頭させ,自己−他者−運動世界とのケアリング関係を構築していく教育方法について論究した.実践編では附属小中学校との協働により,学び合いの具体的事例を報告した.(全176ページ)

  • 保健体育教育の未来をつくる OECDカリキュラム国際調査

    近藤智靖,梅澤秋久,岡田悠佑,久保研二,鈴木康介,寺岡英晋,東海林沙貴,中島寿宏,本多壮太郎,吉野聡( 担当: 共訳)

    明石書店  2023年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 体育科教育学研究ハンドブック

    友添秀則,梅澤秋久,ほか( 担当: 共著 ,  範囲: 第3部 第6章 評価研究)

    日本体育科教育学会  2021年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:143   担当ページ:113-118   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    日本体育科教育学会において,体育科教育学に関する研究のこれまでとこれからを学会委員をはじめ,広く体育科教育を学ぶ方々に周知する専門書である。
    同書において、体育科教育学における評価研究について詳細に論じた。

  • 学び手の視点から創る中学校・高等学校の保健体育授業 体育編

    鈴木直樹、梅澤秋久、宮本乙女( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 第1章、第6章、第12章、コラム1、コラム3、あとがき)

    大学教育出版  2016年4月  ( ISBN:9784864293969

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:194   記述言語:日本語 著書種別:学術書

     本書は構成主義に立脚する学び手の視点から創る中等体育科教育法向けの教科書である.第1章では21世紀の社会的要請から「体育の目的・目標論」(担当,p. 2-14)について論じた.第6章では「協同学習の理論と実践」(p.65-84)では互恵的に学び合う教育方法の理論と附属中学校での実践例を紹介した.第12章「授業評価論」(p.172-178)では,授業改善の方法について論究した.また,コラム「生徒指導と体育教師」(p.14),「運動部活動と体育教師」(p.45),「あとがき」(p.192- 193)を執筆した.鈴木直樹・梅澤秋久ほか13名(担当合計44ページ/194ページ)

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 小学校体育科におけるポートフォリオ評価の有効性に関する研究

    梅澤秋久

    2001年3月

    未設定   単著    [査読有り]

論文 【 表示 / 非表示

  • 高校野球における選手が求める監督コンピテンシーの構造

    平野 太一, 梅澤 秋久

    体育学研究   advpub ( 0 )   2023年7月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会   共著  

  • 小学校体育科表現運動における「教育の質」の向上に向けた実践報告:附属学校と教職大学院の連携に着目して

    坂田怜奈 山﨑朱音 梅澤秋久 石黒功

    教育デザイン研究   14   10 - 19   2023年3月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

  • 保健体育科の自己調整学習におけるAARサイクルの特徴 ~学習者の「評価の三角形」に着目して~

    梅澤秋久 塚本大暉 村瀬浩二 大橋さつき 中戸川伸一

    横浜国立大学教育学部紀要Ⅰ(教育科学)   6   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

  • 小学校中学年の体育科におけるタブレット端末を活用した運動課題の実践報告

    弘田来実 梅澤秋久 石黒功

    横浜国立大学教育学部紀要Ⅰ(教育科学)   6   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

  • 合理的配慮の学習をねらいとしたアダプテーション・ゲームの実践

    村瀬 浩二, 田中 克実, 梅澤 秋久

    体育学研究   67 ( 0 )   1017 - 1029   2023年1月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会   共著  

    This study reports on the practice of adaptation games in the basketball unit of a high school for special needs. This aim was to promote learning of reasonable accommodation by personalizing the adaptation game. Adaptation was introduced in the 2nd and 4th periods. In the 2nd period, teacher-led adaptation was applied, and in the 4th period, adaptation requests and negotiations suitable for each individual were made. As a result, according to analysis of the learning card, descriptions that were conscious of the individual's peers were recognized in the 4th period. Also, in the class evaluation, challenge and cooperation increased in the 4th period. This suggests that in the 4th period, the students were working on challenging tasks with their peers.<br>
     On the other hand, the interview showed that the students had considerable resistance to the introduction of adaptation in the 2nd period. However, by the 4th period, the students were convinced of each other and enjoyed the negotiation process. It can be considered that the need for adaptation was understood by improving individual skills and solving team problems.<br>
     In addition, the results clarified the way students perceive reasonable accommodation. Although law and knowledge regarding reasonable accommodation are taught at the support school, the students did not clearly understand the actual procedure for requesting accommodation. Therefore, for curriculum management through life at school and at home, this practice was able to relate the content of independence activities to the health and physical education department and promote understanding of reasonable accommodation while using adaptation games in this unit. This was a significant achievement.

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 「ウェル・ビーイング体育」の構築にむけて

    梅澤秋久

    体育科教育   71 ( 9 )   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   単著  

  • 「ウェル・ビーイング体育」に向けたアドラー心理学の活用

    村瀬浩二,梅澤秋久

    体育科教育   71 ( 8 )   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   単著  

  • 体育における日本型のウェル・ビーイングの具体

    梅澤秋久

    体育科教育   71 ( 7 )   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   単著  

  • 日本社会に根差したウェル・ビーイングの在り方

    梅澤秋久

    体育科教育   71 ( 6 )   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   単著  

  • ウェル・ビーイングにおける利他的・互恵的な達成:今だけ・ここだけ・私だけの達成(獲得要素)から協調的達成へ

    梅澤秋久

    体育科教育   72 ( 4 )   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   単著  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 朝日のびのび教育賞

    2008年11月   朝日新聞社  

    受賞者:半原小学校(研究代表:梅澤秋久)

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 共生の視点を重視した体育科の「評価の三角形」に関する実証的研究

    2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:梅澤秋久

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

     Education2030(OECD,2019a)では全ての人/社会の Well-being をこれからの教育の目的 としている。日本の教育においても持続可能な社会の担い手としての資質・能力育成,及び 主体的・対話的で深い学びとカリキュラムマネジメントが希求された。また,1人1台 PC の調達が加速し「高度情報技術の進展に応じた『学習評価』の充実による教育システムの再 構築」(国立教育政策研究所,2020)が課題とされている。具体的には,1認知,2観察,3解 釈の「評価の三角形」(Pellegrino, 2020)への情報技術の活用研究が喫緊の課題である。
     体育では,Education2030 において Inclusive がカリキュラムの中核に掲げられ,障害の 有無,性差,人種や運動経験等の多様な格差を包摂し,公教育としての体育を全ての子ども に適用することが希求されている(OECD,2019b)。日本の学習指導要領(2017/2018)において も体育/保健体育科では,共生の視点を踏襲することが新規記載され(以下「共生体育」), 全ての子どもの身体/精神的な健康に向けた教科という点で世界的な理念の潮流と一致する。
     研究代表者および研究分担者はこれまで多様性を包摂し合う「共生体育」の理論と実践に ついて協働的に研究を進めてきた(梅澤, 2020a ほか)。並行して研究代表者は主体的な学 びと指導と評価の一体化に関する研究も推進してきた(梅澤, 2020c ほか)。他方で「共生 体育」での高度情報技術を活用した学習評価に関する研究は国内外においても散見されない。
     本研究では「共生体育」での認知・観察・解釈の「評価の三角形」において Computer Based Assessment を実践し,その効果と具体的な活用方略を実証的に明らかにする。

  • 広義のインクルーシブ体育における資質・能力育成の実証的研究

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:梅澤秋久

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 学校体育における教育学的ケアリングに関する実証的研究

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:梅澤秋久

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • ステイクホルダーとの双方向コミュニケーションによる体育授業改善

    2009年 - 2010年

    科学研究費補助金  若手研究(スタートアップ)

    代表者:梅澤秋久

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 体育における個別最適化を基盤とした探究型の学びの実現 :ICT機器を活用したビデオパートの創造過程からの分析

    2021年4月 - 2022年3月

    横浜国立大学教育学部後援会  横浜国立大学教育学部後援会助成

    代表者:梅澤秋久

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • 外国にルーツをもつ児童に関する体力/健康格差に関する研究

    2018年4月 - 2019年3月

    横浜国立大学後援会  横浜国立大学後援会研究助成金

  • 小学校教師の体育授業信念に及ぼすメンタリングの影響 ~「活動システムモデル」を用いたアクションリサーチからの検討~

    2017年4月 - 2018年3月

    横浜国立大学後援会  横浜国立大学後援会研究助成

    代表者:梅澤秋久

  • 体育における学ぶ意味・意義のステイクホルダー間の合意形成過程に関する実証的研究

    2016年4月 - 2017年3月

    横浜国立大学教育人間科学部後援会助成金  平成28年度横浜国立大学教育人間科学部後援会助成金

    代表者:梅澤秋久

  • 社会変化に対応した学校体育のイノベーション-構成主義的学習観におけるケアリングに着目して-

    2013年4月 - 2014年3月

    横浜国立大学教育人間科学部後援会助成金  平成25年度教育人間科学部後援会助成金

    代表者:梅澤秋久

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 小学校5年生ミニテニスでのアダプテーション・ゲーム:共生の視点を重視して

    村瀬浩二 梅澤秋久

    日本スポーツ教育学会 第42回学会大会  2022年9月  日本スポーツ教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • ネット型ゲームとしての天大中小の実践:アダプテーション・ゲームの要素を取り入れて

    村瀬浩二 梅澤秋久

    日本体育・スポーツ・健康学会 第72回大会   日本体育・スポーツ・健康学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 「ともに」学び育つことの意義と豊かなスポーツライフ

    梅澤秋久  [招待有り]

    日本体育・スポーツ・健康学会 第72回大会  2022年9月  日本体育・スポーツ・健康学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月 - 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 体育授業における形成的没頭度尺度の開発

    村瀬 浩二, 梅澤 秋久

    日本体育・スポーツ・健康学会予稿集  2021年9月  一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>体育授業における形成的評価は形成的授業評価(長谷川ほか、1995)が代表的である。この尺度は「成果」、「学び方」、「協力」、「意欲・関心」の4因子から作成されている。しかし、この尺度は作成から20年以上が経ち、その間に体育には身体的リテラシーやインクルージョン(UNESCO,2015)が提唱された。ここでは、障がいや性別など多様性の包括が重視されるようになった。そのような状況のなかでは、授業の評価として「成果」ではなく「どう取り組めたか」が必要ではないか。村瀬ほか(2017)は診断的評価尺度として体育勤勉性尺度を作成した。村瀬ほか(2017)は勤勉性を「楽しむ能力」として捉え、運動に主体的に取り組む資質として評価している。この考え方を元に、体育の授業評価として没頭度尺度を作成することで、現代の体育に求められる形成的な授業評価尺度を作成できるであろう。</p><p> そこで、本研究は体育授業に対する没頭度を評価する形成的没頭度尺度を作成するにあたり、これまで収集した単元内の変化からその妥当性を検証することを目的とする。</p>

  • 高校野球における自己調整学習能力の変容

    平野 太一, 梅澤 秋久

    日本体育・スポーツ・健康学会予稿集  2021年9月  一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>本研究は、高校野球における自己調整学習能力の変容と選手の監督コンピテンシー認知との関係性について検討することを目的とした。</p><p> 「運動部活動での指導のガイドライン」(文部科学省、2013)において、指導者には生徒の「主体的に自立して取り組む力」の育成が希求されている。その中、高校野球においては指導者による体罰や暴言を伴う不適切な指導が未だ後を絶たず(元永、2020)、選手の主体性を育む指導者行動が求められている。</p><p> 自己調整学習は、自らの学習プロセスに対してメタ認知・動機づけ・行動の面で自己調整の機能を働かせながら進められる学習と定義されている(Zimmerman, 2006)。また、自己調整学習は、スポーツ場面においても選手をより優れたパフォーマンスレベルへ到達させるために有効とされている(Toering et al, 2009)。近年、幾留ら(2017)によってスポーツ版自己調整学習尺度も開発され、国内でのスポーツ場面における研究も進み始めている(藤井、2019)。しかし、高校野球に焦点をあてた縦断的な自己調整学習の研究は散見されない。</p><p> そこで、本研究では、高校野球において新チーム発足時とチームの成熟期を迎える春季大会後における自己調整学習能力の変容を調査した。その際、高松・山口(2016)が作成した「高校野球における監督のコンピテンシー尺度」を援用し、選手が監督のコンピテンシーをどのように認知しているのかを併せて調査した。つまり、自己調整学習能力の変容と選手の監督コンピテンシー認知にどのような関係があるのかを分析することで、選手の主体性を育むための指導者行動を示す契機になると考えた。</p><p> 研究方法は、某県内20校875名の高校野球部員を対象とし質問紙調査を実施した。分析方法は、監督のコンピテンシー尺度の因子得点を群分けし、自己調整学習能力の因子ごとにその変容を一元配置分散分析にて検討した。</p>

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • スポーツ教育学研究

    編集委員 

    2018年4月
    -
    2021月3日
     

  • 体育学研究

    編集委員 

    2017年4月
    -
    2021月3日
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 児童生徒の体験活動に関する相談

    提供機関: JTB  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2023年02月  -  2023年2月 

  • オリパラ教育,オリンピアンのセカンドキャリアに関する相談

    提供機関: JTB  その他  

    研究期間: 2022年02月  -  2022年2月 

  • スポーツ・ツーリズム関する相談

    提供機関: JTB  その他  

    研究期間: 2021年05月  -  2021年5月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2023年度   保健体育の高度教育研究方法論

    大学院教育学研究科

  • 2023年度   保健体育の授業デザイン論と実践

    大学院教育学研究科

  • 2023年度   健康スポーツ演習B

    教養教育科目

  • 2023年度   多文化共生のための教科横断STEAM教育

    教養教育科目

  • 2023年度   卒業研究

    教育学部

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度 横浜国立大学ベストティーチャー賞

    2016年06月06日   横浜国立大学  

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2017年09月
     
     
    日本体育学会   (学会等における学生の発表実績)

     詳細を見る

    発表区分:博士前期・修士 組織:横浜国立大学 大学院教育学研究科 教育実践専攻 教育デザインコース 保健体育 組織名(和): 組織名(英): 主たる指導教員:有 発表学会等名(和):日本体育学会 発表学会等名(英): 国際/国内の別:国内 開催地:静岡大学 主たる経費:科学研究費補助金

  • 2017年09月
     
     
    日本体育学会   (学会等における学生の発表実績)

     詳細を見る

    発表区分:博士前期・修士 組織:横浜国立大学 大学院教育学研究科 教育実践専攻 教育デザインコース 保健体育 組織名(和): 組織名(英): 主たる指導教員:有 発表学会等名(和):日本体育学会 発表学会等名(英): 国際/国内の別:国内 開催地:静岡大学 主たる経費:科学研究費補助金

  • 2017年03月
     
     
    横浜国立大学教育学会   (学会等における学生の発表実績)

     詳細を見る

    発表区分:博士前期・修士 組織:横浜国立大学 大学院教育学研究科 組織名(和): 組織名(英): 主たる指導教員:有 発表学会等名(和):横浜国立大学教育学会 発表学会等名(英): 国際/国内の別:国内 開催地: 主たる経費:科学研究費補助金

  • 2017年03月
     
     
    横浜国立大学教育学会   (学会等における学生の発表実績)

     詳細を見る

    発表区分:博士前期・修士 組織:横浜国立大学 大学院教育学研究科 教育実践専攻 教育デザインコース 保健体育 組織名(和): 組織名(英): 主たる指導教員:有 発表学会等名(和):横浜国立大学教育学会 発表学会等名(英): 国際/国内の別:国内 開催地: 主たる経費:科学研究費補助金

  • 2016年08月
     
     
    日本体育学会   (学会等における学生の発表実績)

     詳細を見る

    発表区分:博士前期・修士 組織:横浜国立大学 大学院教育学研究科 健康・スポーツ系教育専攻 保健体育科教育分野 組織名(和): 組織名(英): 主たる指導教員:有 発表学会等名(和):日本体育学会 発表学会等名(英): 国際/国内の別:国内 開催地:大阪体育大学 主たる経費:科学研究費補助金

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 愛川町教育委員会 教育委員

    2014年09月 - 現在  教育委員

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • 日野市教育振興基本計画検討委員会委員長

    2023年03月 - 2024年3月  審議会等委員長

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • スポーツを楽しむまち逗子推進懇話会アドバイザー

    2023年02月 - 現在  アドバイザー

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • OECD Education2030 PE 翻訳プロジェクト

    2022年05月 - 2023年9月  編集翻訳委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 日野市学校適正規模検討委員会委員長

    2021年08月 - 2021年11月  学校適正規模検討委員会委員長

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 福岡県体育研究所 共生の視点を重視した体育の授業づくり研修会

    役割:講師, 助言・指導

    福岡県体育研究所  2023年8月

  • 高校生授業体験プログラム

    役割:講師, 助言・指導

    横浜国立大学教育学部  2023年8月

  • 神奈川県高校生のための教職セミナー

    役割:講師

    神奈川県教育委員会総合教育センター  2023年7月

  • 逗子市指定管理者制度検討委員会選定会議

    役割:司会, 運営参加・支援

    逗子市文化スポーツ課  2023年7月

  • 遊学塾検討委員会

    役割:助言・指導, 情報提供

    遊学塾事務局  2023年7月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 「共生」を学ぶ これからの体育のあり方

    NHKラジオ  Nらじ  2022年11月

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 愛川町立中津小学校インクルーシブ調査

    役割:その他

    2018年4月

     詳細を見る

    種別:学術調査 

  • 日野市インクルーシブ研究

    役割:その他

    2017年10月

     詳細を見る

    種別:学術調査 

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2022年07月
    -
    現在
      附属学校「在り方検討委員会」事務局   (全学委員会)

  • 2021年04月
    -
    2022年3月
      教育研究評議員   (全学委員会)

  • 2021年04月
    -
    2022年3月
      第4期中期計画附属WG担当   (部局内委員会)

  • 2021年04月
    -
    2022年3月
      企画調整委員   (部局内委員会)

  • 2021年04月
    -
    2022年3月
      不正防止推進室室員   (全学委員会)

全件表示 >>