内海 朋子 (ウツミ トモコ)

UTSUMI Tomoko

所属組織

大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門

職名

教授



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 過失共同正犯について   2013年07月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年03月

    慶應義塾大学  法学研究科  公法学専攻  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(法学) -  慶應義塾大学

  • LL.M -  バイロイト大学

  • 修士(法学) -  慶應義塾大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究院   国際社会科学部門   教授  

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究院   国際社会科学部門   准教授  

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究科   准教授  

  • 2014年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院国際社会科学府   法曹実務専攻(法科大学院)   教授  

  • 2014年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院国際社会科学府   国際経済法学専攻   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

      亜細亜大学   法学部   准教授

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    日本刑法学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 刑事法学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 法と感情の関係

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    法と感情の関係につき、従来刑事法では特に、国民感情が刑罰法規に反映することは望ましくないとされてきた。しかし、近時の刑事立法の動向は、これに反する動きを示している。そこで、国民感情の保護を理由に刑事罰を科すことが許されるのかを研究している。

著書 【 表示 / 非表示

  • 過失共同正犯について

    内海 朋子 (担当: 単著 )

    成文堂  2013年07月 ISBN: 9784792319885

     概要を見る

    過失共同正犯の要件と過失単独正犯の要件を比較検討し、過失共同正犯概念の必要性を説いた。

  • 判例プラクティス刑法Ⅰ 第2版

    安田拓人 成瀬幸典  (担当: 共著 )

    信山社  2020年02月 ISBN: 9784797226805

     概要を見る

    学部生・ロースクール生向けの判例解説書。  期待可能性・片面的共犯を担当。

  • 日髙義博先生古稀祝賀論文集 上巻

    (担当: 分担執筆 )

    成文堂  2018年10月 ISBN: 9784792352639

  • Menschenrechtsschutz und Zusammenarbeit im Strafrecht als globale Herausforderung Rezeption internationaler Standards in Deutschland und Japan

    Robert Esser. Makoto Ida (担当: 共著 )

    C.F. Mueller  2018年07月 ISBN: 9783811442566

  • よくわかる刑法(第3版)

    井田 良 , 佐藤拓磨,内海朋子ほか (担当: 共著 )

    ミネルヴァ書房  2018年05月 ISBN: 9784623083428

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 過失共同正犯について

    内海 朋子

      2013年06月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

  • 過失犯における危険概念

    内海 朋子

      1994年03月  [査読有り]

    学位論文(修士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Die aktuelle Diskussion der fahrlässigen Mittäterschaft in Japan

    Tomoko Utsumi

    Zeitschrift für Internationale Strafrechtsdogmatik     2021年02月  [査読有り]

    単著

  • 過失犯における個人責任と組織体責任の交錯

    内海 朋子

    刑法雑誌   58 ( 3 ) 493‐498   2020年03月  [招待有り]

    単著

     概要を見る

    日本刑法学会大会でのワークショップでの報告

  • 最新判例批評(45)虚偽の有価証券報告書等の提出により会社が罰金及び課徴金を支払った場合において、その不法行為の幇助者に対して罰金及び課徴金相当額の損害賠償請求をすることは許されないとした事例[東京高裁平29.6.15判決]

    内海朋子

    判例時報 (判例評論)   ( 2418 ) 159 - 164   2019年11月  [招待有り]

    単著

     概要を見る

    」 , 頁(2019年11月)がある。民事判決の評釈であるが、罰金と課徴金の併科を扱う興味深い判決であった。

  • 医療事故と刑事制裁

    内海 朋子

    横浜法学 ( 横浜法学会 )  27 ( 3 ) 219 - 238   2019年03月

    単著

  • ロー・アングル ドイツにおけるコンプライアンスと企業の処罰

    内海 朋子

    法学セミナー ( 日本評論社 )  62 ( 11 ) 58 - 62   2017年11月

    単著

    CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 親権者による未成年者略取

    内海朋子

    刑法判例百選(各論)第8版     2020年11月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 幇助の因果性

    内海朋子

    刑法判例百選(総論)第8版     2020年11月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • <翻訳>過失共同正犯

    レンツィコフスキー ヨアヒム , 内海 朋子 [訳]

    法学研究   92 ( 2 ) 71 - 94   2019年02月  [査読有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • <翻訳>ローター・クーレン「租税刑法における故意と錯誤」

    横浜法学   27 ( 1 ) 451 - 489   2018年09月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 住居の玄関ドアが建造物損壊罪の客体に当たるとされた事例

    横浜国際社会科学研究   16 ( 4・5 ) 123 - 129   2012年01月

    総説・解説(その他)   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学大学院学位授与式法学研究科代表

    2013年09月18日    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 平成28 年度外国人招へい研究者(短期)

    平成28 年度外国人招へい研究者(短期)

    研究期間:  2017年03月  -  2017年03月  代表者:  内海朋子

  • 加害者の多数化と客観的帰責原理――組織体における過失競合事例を中心に――

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

  • 租税争訟法と租税処罰法の再構築 -節税と脱税の間-

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月  代表者:  松原有里

     概要を見る

    本研究では、租税法と刑法と金融取引法の研究者が相互の立場から、脱税や金融取引における不正をどのように規制すべきかについて米欧の類似制度を比較研究してきた。これらは、わが国では、従来、経済刑法という分野にカテゴライズされていた論点ではあるが、それほど先行研究があったわけではない。そのため、近年話題になっているパナマ文書やルックス・リークを手掛かりに、OECDのBEPSプロジェクトや、企業不正をめぐるコーポレートガバナンス、さらには証券不正までを対象にして研究を進めてきた。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 過失共同正犯論について 

    日本刑法学会第88回大会  (東北大学)  2010年06月  

  • 過失犯における個人責任と組織体責任の交錯

    松原久利、金子博、山本紘之

    日本刑法学会第96回大会    (関西大学 千里山キャンパス)  2018年05月27日  

  • 「過失共同正犯論」

    ヨアヒム・レンツィコフスキー教授,フンボルト大学 ルイス・グレコ教授,国立政治大学 許恒達教授,内海朋子【討論通訳担当】

    日独台刑事法シンポジウム  ( 早稲田大学(早稲田キャンパス)8号館3階大会議室)  2018年03月03日  

  • 「経済刑法におけるコンプライアンスの意義」(関西大学)

    ロベルト・エッサー,内海朋子【討論通訳担当】  [招待有り]

    第53回現代法セミナー  2017年03月   (関西大学)

  • Strafrechtliche Haftung bei Massenschäden

    内海朋子ほか  [招待有り]

    東アジア法律家会議(シンポジウム「危険社会と大規模損害」  (北京人民大学)  2015年09月   ドイツ学術交流会アルムニ

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院国際社会科学府  刑法特殊研究Ⅱ

  • 大学院先進実践学環  刑法特論Ⅱ

  • 大学院先進実践学環  刑法特論Ⅰ

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅱb(博士前期)

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅱa(博士前期)

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 慶應法学会

    2014年04月
    -
    継続中

    学協会   幹事

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 日本刑法学会第96回 ワークショップ

    2018年05月
     
     

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2019年03月
      教務厚生委員   (専攻内委員会)