渡部 匡隆 (ワタナベ マサタカ)

WATANABE Masataka

所属組織

大学院教育学研究科 高度教職実践専攻(教職大学院)

職名

教授

研究キーワード

応用行動分析、教育・支援、自閉症、生活の質(QOL)、知的障害、発達障害

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




学歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年4月
    -
    1990年6月

    筑波大学   心身障害学研究科   心身障害学専攻   博士課程   単位取得満期退学

  • 1985年4月
    -
    1987年3月

    筑波大学   大学院修士課程教育学研究科   障害児教育専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 1980年4月
    -
    1984年3月

    徳島大学   教育学部   養護学校教員養成課程   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 教育学修士

  • 博士(心身障害学)

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   高度教職実践専攻(教職大学院)   教授  

  • 2009年4月
    -
    2017年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   特別支援教育   教授  

  • 2007年4月
    -
    2009年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   特別支援教育   准教授  

  • 1999年4月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   特別支援教育   助教授  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   特別支援教育   教授  

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2016年4月
    -
    現在
     

    日本カウンセリング学会

  • 2012年4月
    -
    2015年12月
     

    日本自閉症スペクトラム学会

  • 2010年4月
    -
    現在
     

    日本LD学会

  • 1991年4月
    -
    現在
     

    日本発達障害学会

  • 1988年4月
    -
    現在
     

    日本特殊教育学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 特別支援教育  / 心身障害学

  • 人文・社会 / 教育心理学  / 応用行動分析学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 養護学校教諭1種免許

  • 小学校教諭1種免許

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 知的障害者の生活の質(QOL)の向上

    研究期間:

  • 特別な教育的ニーズのある児童・生徒への指導法及び指導体制の研究

    研究期間:

  • 自閉症をもつ人への治療教育的アプローチ

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • なるほど!体験出前教室ハンドブック

    渡部匡隆,剱持克夫,金子昌稔,宮本みどり,高橋一哲,山口愛( 担当: 共著)

    神奈川県立産業技術総合研究所  2022年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:14   担当ページ:14   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • みんなで考える特別支援教育

    渡部匡隆( 担当: 共著 ,  範囲: ASD)

    北樹出版  2019年10月  ( ISBN:9784779306167

     詳細を見る

    総ページ数:242   担当ページ:11   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 認知行動療法事典

    渡部匡隆( 担当: 共著 ,  範囲: 知的能力のアセスメント, 重度知的障害者)

    丸善出版  2019年8月  ( ISBN:9784621303825

     詳細を見る

    総ページ数:798   担当ページ:4   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 行動分析学事典

    渡部匡隆( 担当: 共著 ,  範囲: 代表例教授法)

    丸善出版  2019年4月  ( ISBN:9784621303139

     詳細を見る

    総ページ数:839   担当ページ:4   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 特別支援教育の到達点と可能性:2001~2016年学術研究からの論考

    渡部匡隆( 担当: 共著 ,  範囲: 自閉症教育の到達点)

    金剛出版  2017年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:297   担当ページ:4   記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 自閉症生徒における社会参加スキルの形成に関する研究

    渡部匡隆

    1998年3月

    学位論文(博士)   単著    [査読有り]

論文 【 表示 / 非表示

  • 知的障害特別支援学校における自閉症教育の現状と展望

    市川裕二,渡部匡隆

    教育学部紀要Ⅰ(教育科学)   3   307 - 316   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:横浜国立大学   共著  

  • Difficulties in spontaneously performing level 2 perspective-taking skills in children with autism spectrum disorder

    Hiroshi Asaoka, Tomoya Takahashi, Jiafei Chen, Aya Fujiwara, Masataka Watanabe, Fumiyuki Noro

    Advances in Autism   2019年4月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

    その他リンク: https://doi.org/10.1108/AIA-09-2018-0028

  • 自閉スペクトラム症幼児の両親に対する夫婦間コミュニケーション行動を促す支援の検討

    岡村章司,渡部匡隆

    カウンセリング研究   50   152 - 159   2017年11月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本カウンセリング学会   共著  

  • 発達障害者の社会参加における応用行動分析的アプローチ-成人期の自立のために-

    渡部匡隆

    LD研究   26   64 - 71   2017年11月  [査読有り]  [招待有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本LD学会   単著  

  • 自閉症児における授与動詞構文の指導-自己動作を用いた指導方法の効果の検討-

    朝岡寛,岡村章司,渡部匡隆

    自閉症スペクトラム研究   12 ( 2 )   5 - 12   2015年3月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本自閉症スペクトラム学会   共著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 家庭における人とのつながりを高める工夫

    渡部匡隆

    教育と医学   770   12 - 18   2017年8月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:慶應義塾大学出版会   単著  

  • 自閉症スペクトラム教育の今後の課題

    渡部匡隆

    かがやき   11   17 - 20   2015年3月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本自閉症協会   単著  

  • わかってきた!自閉症スペクトラム児に対する国語の習得状況を把握する方法と指導のポイント

    渡部匡隆

    実践障害児教育   497   10 - 11   2014年10月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   単著  

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 知的障害のない自閉症児の教育課程モデル開発

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:渡部匡隆

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 知的障害のある自閉症生徒への教育プログラムの開発

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本LD学会設立30周年記念シンポジウム「発達障害のこれからを展望する」

    柘植雅義,小野次郎,市川宏伸,石熊利紀,宮本信也,清水美憲,井上育世,渡部匡隆  [招待有り]

    日本LD学会第30回大会  2021年12月  日本LD学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:国立特別支援教育総合研究所  

  • 特別支援学校における不登校の現状と課題(2)

    渡部匡隆,山崎真里,大羽沢子,井上雅彦

    日本特殊教育学会第59回大会  2021年9月  日本特殊教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:筑波大学  

  • 自閉スペクトラム症のある中学生の不安行動への支援

    宮川拓人,渡部匡隆

    日本特殊教育学会第59回大会  日本特殊教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波大学  

  • 発達障害児の保護者支援における特別支援学校の役割

    岡村章司,井澤信三,元持典子,森永勇芽,渡部匡隆,加藤哲文

    日本特殊教育学会第58回大会  日本特殊教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    発達障害児に対する保護者と教師の協働した支援に関する学校現場における現状について明らかにすることを目的に、学校現場で教育相談を担う担当者から教育相談の内容や現状を報告した。特別支援学校を中心に、学校が担うべき保護者支援の役割を確認するとともに、教師に対する支援や研修のあり方について検討した。

  • 知的障害特別支援学校における行動障害支援に関する研修方法の開発

    福本稜佑,渡部匡隆

    日本特殊教育学会第58回大会  日本特殊教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡教育大学  

    知的障害特別支援学校において実践した行動障害支援に関する職員研修をもとに、行動障害支援の専門性の発揮に必要な研修方法を明らかにした。

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 特殊教育学研究

    常任編集委員 

    2007年1月
    -
    現在
     

  • 発達障害研究

    編集委員 

    2009年4月
    -
    現在
     

  • 認知・行動療法研究

    常任編集委員 

    2007年4月
    -
    現在
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   特別支援教育総論

    教育学部

  • 2022年度   特別支援教育実践演習Ⅱ

    大学院教育学研究科

  • 2022年度   特別支援教育実践演習Ⅰ

    大学院教育学研究科

  • 2022年度   特別支援教育高度教育研究方法論 

    大学院教育学研究科

  • 2022年度   特別支援教育の内容と実践B

    大学院教育学研究科

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 自閉症・情緒障害児の心理と教育

    2019年4月 - 現在 機関名:千葉大学

  • 卒業研究担当

    2018年4月 - 2019年2月 機関名:放送大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 障害児教育

    2001年4月 - 2004年3月 機関名:明星大学

  • 教育心理学、教育相談

    2000年4月 - 2015年3月 機関名:法政大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 行動・情緒障害学講義

    2000年4月 - 2000年9月 機関名:宇都宮大学

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年05月
    -
    2022年01月
    横浜国立大学教育学部附属特別支援学校研究助言   (その他特記事項)
  • 2017年07月
     
     
    横浜国立大学教育学部附属特別支援学校インクルーシブ教育推進講座   (その他特記事項)

     詳細を見る

    「発達障害のある児童生徒の行動問題への理解と支援」について講演した。

  • 2016年02月
     
     
    横浜国立大学教育人間科学部附属特別支援学校高等部C組「社会人セミナー」   (その他特記事項)

     詳細を見る

    「粘り強く、がんばる力を発揮するために-自分の大切なものに気づこう-」セミナー講師

  • 2014年11月
     
     
    発達障害のある大学生の理解と対応   (その他特記事項)
  • 2014年03月
     
     
    高機能発達障害のある大学生の理解と対応   (その他特記事項)

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 第5次かわさきノーマライゼーションプラン改定版策定委員会

    2022年07月 - 2024年3月  委員

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • 東京都立八王子特別支援学校外部専門家

    2022年04月 - 現在  外部専門家

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • 県立中井やまゆり園における利用者支援外部調査委員会

    2022年03月 - 現在  委員

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • 県立中井やまゆり園当事者目線の支援改革プロジェクトチーム

    2021年09月 - 2022年3月  プロジェクトメンバー

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • 川崎市立田島支援学校教職員研修

    2021年07月 - 現在  講師

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学教育学部附属特別支援学校令和3年度オンライン研究協議会助言

    役割:講師, 助言・指導

    横浜国立大学教育学部附属特別支援学校  令和3年度オンライン研究協議会  2022年1月

  • 令和3年度発達障害教育実践研究会第2回講演会

    役割:講師

    発達障害教育実践研究会  発達障害のある児童生徒の行動問題への支援ートークン・エコノミー法を用いてー  2021年12月 - 2022年1月

  • 明治安田こころの健康財団発達障害・専門講座1「自閉症とコロナー自閉症のある人と家族の新型コロナウィルス(COVID-19)の影響と今後ー

    役割:講師, 企画

    明治安田こころの健康財団  家族への影響と取組み、留意したいこと  2021年11月

  • 令和4年度国立特別支援教育総合研究所特別支援教育専門研修(知的障害教育コース)

    役割:講師

    国立特別支援教育総合研究所  行動と学習の見方ー行動変容法の視点からー  2021年9月

  • 神奈川県立鶴見養護学校人権研修会

    役割:講師

    神奈川県立鶴見養護学校  児童生徒の人権を大切にするための実態把握と教師のかかわり  2021年9月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 手立てにつながる行動観察の視点

    全日本教職員連盟  全日教連教育新聞  4面  2013年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  • 気になる行動を理解する

    全日本教職員連盟  全日教連教育新聞  2013年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  • まずは気づきの支援から

    全日本教職員連盟  全日教連教育新聞  4面  2013年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 別冊教育技術特集号(8月号)「明日からできる!教室での特別支援教育-新学習指導要領におけるわかりやすい実践事例集-」

    役割:企画立案・運営等

    小学館  2008年2月 - 2008年8月

     詳細を見る

    種別:その他 

  • 別冊教育技術特集号(8月号)「特別支援教育で学級担任ができること」

    役割:企画立案・運営等

    小学館  2007年2月 - 2007年8月

     詳細を見る

    種別:その他 

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在
      学長補佐   (全学委員会)

  • 2020年04月
    -
    2022年3月
      ダイバーシティ戦略推進本部バリアフリー推進部門部門長   (全学委員会)