矢吹 命大 (ヤブキ ノブヒロ)

YABUKI Nobuhiro

所属組織

大学戦略情報分析室

職名

准教授

研究キーワード

科学技術政策論、科学計量学、国際関係論

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0001-9008-7100

写真a

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年4月
    -
    2012年3月

    筑波大学   人文社会科学研究科   国際政治経済学専攻   博士課程   単位取得満期退学

  • 2001年4月
    -
    2005年3月

    筑波大学   第三学群   国際総合学類   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(国際政治経済学) - 筑波大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学戦略情報分析室   准教授  

  • 2017年7月
    -
    2020年3月

    専任   横浜国立大学   研究推進機構   特任教員(准教授)  

  • 2014年4月
    -
    2017年6月

    専任   横浜国立大学   研究推進機構   特任教員(講師)  

  • 2022年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   経営学部   准教授  

  • 2020年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   研究推進機構   リサーチ・アドミニストレーター  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年4月
    -
    2014年3月

      筑波大学   人文社会系   特任研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2010年4月
    -
    現在
     

    日本国際政治学会

  • 2016年4月
    -
    現在
     

    リサーチ・アドミニストレーター協議会

  • 2016年4月
    -
    現在
     

    科学技術社会論学会

  • 2017年10月
    -
    現在
     

    研究・イノベーション学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 科学社会学、科学技術史

  • 人文・社会 / 国際関係論

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
     
     

    普通救命講習

  • 2016年5月
     
     

    リサーチ・アドミニストレーター新任研修

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 第一次石油危機における日本政府の対外政策決定過程の分析

    矢吹命大

    2007年3月

    学位論文(修士)   単著    [査読有り]

論文 【 表示 / 非表示

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 第一部 研究力分析に向き合う はじめに

    矢吹命大 平井克之

    「研究力分析に挑む」 研究力分析タスクフォース事例集   6 - 14   2022年4月  [依頼有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著  

  • 研究力分析の効率化・高度化に関するCode for Research Administrationの取組み:URAによる機関を越えた連携

    平井 克之, 岡崎 麻紀子, 奥津 佐恵子, 久保 琢也, 矢吹 命大, 渡邉 優香

    情報の科学と技術   71 ( 2 )   80 - 86   2021年

    DOI J-GLOBAL

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:一般社団法人 情報科学技術協会   共著  

    <p>リサーチ・アドミニストレーター(URA)による研究力分析の効率化・高度化を進めるには,実務担当者間の連携が不可欠である。近年,データ分析の現場では,プログラミング技術を用いた分析手法が,広く利用されるようになってきた。分析作業の効率化と高度化を目的に,Code for Research Administration (C4RA)が発足した。本稿では,論文書誌情報や科研費を用いた研究力分析において,PythonやR等により作業の効率化を図った事例を紹介する。最後に,C4RAの今後の活動の方向性及びURAの普及定着への貢献の可能性を探る。</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007978854

  • 第6回 研修科目の概要

    馬場 忠, 高橋 真木子, 白井 哲哉, 矢吹 命大

    産学官連携ジャーナル   17 ( 7 )   27 - 30   2021年  [依頼有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:国立研究開発法人 科学技術振興機構   共著  

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008074795

  • URA as a Boundary Spanner

    Nobuhiro Yabuki

    NCURA Magazine   52 ( 3 )   18 - 19   2020年6月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:The National Council of University Research Administrators   単著  

  • 横浜国立大学における研究力分析の取り組み-科研費採択状況に着目した分析事例の紹介

    矢吹 命大

    情報の科学と技術   67 ( 4 )   185 - 189   2017年4月  [依頼有り]

    DOI CiNii Research J-GLOBAL

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:一般社団法人 情報科学技術協会   単著  

    <p>横浜国立大学は理工系,人文社会系,教育系及びその融合型の学部・大学院で構成される医学系部局を持たない中規模総合大学(学生数約1万人,教員数約600人)である。URAが設置されて以来,研究IRへの取り組みも活発に行われ,引用文献データベースを用いた大学の強み・特徴の分析が行われてきた。一方,横浜国立大学の研究活動には,引用文献データベースでは見えづらい分野も多々含まれているため,そういった分野も含めた分析を可能とする視点が求められていた。本稿では,この課題への取り組みとして,広い研究分野を網羅し,他機関の動向も知ることができる科研費の採択状況に着目した分析事例を紹介し,その有効性と限界を論じる。</p>

    その他リンク: http://doi.org/10.18919/jkg.67.4_185

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 研究力を測ることに向き合う

    矢吹 命大, 平井 克之

    情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集  2022年7月  一般社団法人 情報科学技術協会

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

    <p>本報告では、今日の大学・研究機関に求められている「研究力」の計測、分析、いわゆる研究IR活動について、特にそれを担当するURAがどう向き合い取り組むべきかを論じる。はじめに「研究力」という概念を整理するため、報道や政策文書上の用法を概観し、一般的な「研究力」概念が論文生産に紐付けられていることを確認する。その上で、本来研究成果は論文に限らないものであること、また、「研究力」の計測に用いられている論文データベースは網羅性が高いわけではないことから、極めて限られた範囲の情報で「研究力」分析が行われている現状を指摘する。分析担当者にとっては、限られた情報に基づいていることを自覚することは比較的容易であり、分析結果の受け手にもこの点を共有するべく配慮することが重要であることを論じる。</p>

  • 「総合知」を活かす社⼯連携グループ形成⽀援

    矢吹命大

    総合知をつくる知のマネジメント~URAに求められる活動を考えよう!~  2022年5月  「総合知による社会変革」に向けた人文・社会科学振興と研究支援に関する勉強会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 研究力評価のコストは下げられるのか?

    矢吹命大

    RA協議会第6回年次大会  リサーチ・アドミニストレーター協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • プログラミングによるデータ分析の生産性向上 ― Code for Research Administration

    矢吹命大

    RA協議会第5回年次大会  リサーチ・アドミニストレーター協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:調布市  

  • Code for Research Administrationの取り組み

    矢吹命大

    RA協議会第5回年次大会  リサーチ・アドミニストレーター協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:調布市  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   科学技術政策論

    経営学部

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 研究・イノベーション学会

    2022年11月 - 2024年11月  広報担当理事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 一般社団法人リサーチ・アドミニストレーション協議会

    2022年04月 - 2022年8月  第8回年次大会セッション実行委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • リサーチ・アドミニストレーター協議会 スキルプログラム専門委員会

    2021年11月 - 現在  副委員長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • リサーチ・アドミニストレーター等のマネジ メント人材に係る質保証制度の実施

    2021年11月 - 2022年3月  事業実施担当

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 大学改革支援・学位授与機構 大学経営手法に関する共同プロジェクト技術的事項等検討会

    2021年07月 - 2022年3月  協力者

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 経済安全保障と科学技術イノベーションの両立へ

    役割:司会, 企画

    研究・イノベーション学会  研究・イノベーション学会 第37回シンポジウム  オンライン  2022年8月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関, メディア

    種別:講演会

  • SPARC Japan セミナー2021「研究データポリシーが目指すものとは」

    役割:パネリスト, 司会, 企画

    国立情報学研究所 学術情報流通推進委員会  SPARC Japan セミナー2021  オンライン  2022年2月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関, メディア

    種別:講演会

  • 研究力を測ることにどう向き合うか

    役割:講師

    名古屋大学高等教育研究センター  第199回招聘セミナー 研究推進・支援担当者セミナー  2021年10月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 研究者, 学術団体, その他

    種別:セミナー・ワークショップ

  • オープンサイエンス時代におけるプレプリント

    役割:司会, 企画

    一般社団法人リサーチ・アドミニストレーション協議会  RA協議会第7回年次大会  オンライン  2021年9月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 行政機関

    種別:会議、学会等の企画・開催

  • テーマ別勉強会2021(試行) 成果報告と今後の展望

    役割:司会, 企画

    一般社団法人リサーチ・アドミニストレーション協議会  RA協議会第8回年次大会  仙台国際センター(オンラインハイブリッド)  2021年9月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 行政機関

    種別:会議、学会等の企画・開催

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在
      サイエンスカフェ・コーディネーター   (その他の主要活動)