山﨑 朱音 (ヤマザキ アカネ)

YAMAZAKI Akane

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 保健体育

職名

准教授

研究キーワード

体育科教育学、舞踊教育学

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0001-8105-2475

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年4月
    -
    2014年10月

    筑波大学   人間総合科学研究科   コーチング学専攻   博士課程   修了

  • 2007年4月
    -
    2009年3月

    筑波大学   体育研究科   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 2003年4月
    -
    2007年3月

    筑波大学   体育専門学群   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(コーチング学) - 筑波大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   保健体育   准教授  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   高度教職実践専攻(教職大学院)   教科教育・特別支援教育プログラム   芸術・身体・特別支援グループ 保健体育   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年4月
    -
    2021年3月

      静岡大学   教育学部   講師

  • 2011年4月
    -
    2015年3月

      静岡大学   教育学部   助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2019年
    -
    現在
     

    日本教科教育学会

  • 2015年
    -
    現在
     

    日本コーチング学会

  • 2011年
    -
    現在
     

    (公社)日本女子体育連盟

  • 2009年
    -
    現在
     

    日本教育大学協会全国保健体育・保健研究部門舞踊研究会

  • 2009年
    -
    現在
     

    日本スポーツ教育学会会員

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 中学校・高等学校体育科教育法

    白幡和也,岡出美則,今関豊一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 創作ダンス)

    建帛社  2021年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:176   記述言語:日本語 著書種別:学術書

論文 【 表示 / 非表示

  • 知的障害のある児童生徒を対象とした造形及びダンスの題材研究Ⅲ : 特別支援学校における造形とダンスの授業づくりの可能性

    髙橋智子,山﨑朱音

    静岡大学教育学部研究報告. 人文・社会・自然科学篇   72   129 - 137   2021年12月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

  • 女子高校生における女性特有の健康障害の実態:

    宮地 美帆, 山崎 朱音, 片岡 千恵

    体育学研究   66 ( 0 )   551 - 559   2021年

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会   共著  

    In recent years, a number of health issues among adolescents in Japan have become highlighted. One of the major issues in school health is thinness among high school girls. Thinness is closely related to low energy intake, which can lead to menstrual dysfunction and low bone density. It is important to acknowledge these issues as health disorders that are specific to girls, and to consider measures for their prevention. The purpose of this study was to clarify the current situation of health disorders specific to high school girls, and to examine their level of awareness about them. Between March 2018 and February 2019, we conducted a self-administered questionnaire survey targeting 1,551 high school girls from 10th to 12th grade in 32 schools across 7 prefectures. This revealed that 18.7% of the girls were classified as “thin” based on Body Mass Index. In addition, many girls (more than half) had one or more signs of low energy intake, menstrual dysfunction, and history of stress fracture. The survey indicated signs of health disorders specific female high school students, suggesting that this is an important issue that needs to be addressed. The results also indicated that knowledge regarding health disorders was insufficient, as the overall correct answer rate was 50% or less. This was partly related to the presence or absence of health disorders specific to girls. In the future, it will be necessary to clarify the relevant factors that ought to be considered for comprehensive education designed to prevent health disorders specific to girls.

  • 全国の中学校ダンス授業における指導の現状と課題

    栫 ちか子, 佐藤 豊, 高橋 修一, 石川 泰成, 金高 宏文, 浜田 幸史, 檜皮 貴子, 山崎 朱音, 河合 史菜, 小松 恵理子, 田巻 以津香

    日本体育・スポーツ・健康学会予稿集   71 ( 0 )   120   2021年

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会   共著  

    <p>平成24年度から中学校第1学年及び第2学年で、ダンス領域が完全必修となり、令和2年度で9年目を迎えた。令和3年度からの新学習指導要領の完全実施が間近に迫る中、今一度、全国のダンス授業の実施状況を調査し、多角的観点から成果と課題、またその解決方策を検討した。</p><p> 調査は、全都道府県の中学校3000校を無作為抽出し、無記名アンケートを送付した。実施されているダンス授業における指導法や指導に関する意識、指導内容等について、1484名から回答を得た。</p><p> 分析の結果、ダンスを踊ること自体に苦手意識を持っている教員が依然として多く、ダンス授業の指導に対する不安も8割を超える教員が「ある」と答えていた。教員自身にダンス経験がないことや示範技能が不安要素の主な原因であった。ダンス授業のクラス編成は、男女共習での実施が60%に留まっていた。授業で採択されているダンス種目については、いずれの学年においても、「現代的なリズムのダンス」が最も多く、続いて「創作ダンス」「フォークダンス」の順となった。「現代的なリズムのダンス」の授業内容は、「振付のあるダンスを踊る」という回答が最も多く、「リズムに乗り自由に踊る」活動の実施は少なかった。また、「振付動画」の視聴覚教材の活用頻度が高いことも明らかとなった。また「創作ダンス」についても、「即興的に表現する」の実施率が低い状況であった。</p><p> 以上の結果から、中学校でのダンス授業の実施に際し、示範技能を柱に未だ現職教員の不安が大きいこと、また、「創作ダンス」や「現代的なリズムのダンス」の指導については、指導内容に偏りがあることが判明した。未だ男女共習授業に対して抵抗がある教員が存在する可能性も示唆され、教員側のダンス授業に係る先入観を取り払い、学習指導要領の内容に即した指導方法や教材を教員に提供する必要性が示唆された。</p>

  • 「表現系ダンス」における双方向的で創造的な学びを実現する指導(4)

    山崎 朱音, 安江 美保

    日本体育・スポーツ・健康学会予稿集   71 ( 0 )   456   2021年

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会   共著  

    <p>本研究は、舞踊教育学専門家3名、小学校、中学校現場の熟練指導者2名の5名で構成する専門家チームで協議を重ねながら、表現系ダンスにおける「これだけは指導したい内容」の一般化へ向けて、「指導案の作成-熟練指導者(4名)による実践-指導案の再検討-未熟練指導者(6名)による実践」の過程を経て実証的研究を進めてきた。</p><p>多様な質感の動きを有する題材・テーマとして取り上げた「新聞紙を使った表現」では、「全身をギリギリ(極限)まで使う」「メリハリ(緩急強弱)をはっきりさせる」「移動も入れて動きを連続させる」の3つを「これだけは指導したい内容」として設定した。指導案には指導者が新聞紙を動かして、学習者から様々な質感を伴った動きを引き出す場面で提示する一連の流れを4つ提示し、そこに示した動きと「これだけは指導したい内容」の関連も示した。</p><p>その結果、指導者が床に落ちた新聞紙を「床から浮いている」と指摘したものの、床から体を浮かせながら「全身をギリギリまで使う」ことと結びつけた指導に至っていなかった。また、指導者が新聞紙を操りながら「移動を入れて動きを連続」させたものの、学習者はただ走り回るだけになりがちで、移動しながら形が不規則に変わる新聞紙の動きにこだわる指導を行えていなかった。</p><p>このことから、指導者が操る新聞紙の動きを、学習者が体の動きでどのように誇張し極限化していくのか、そこをダイレクトにつなぐ指導への意識が不十分であったと考えられる。「2人の戦い」が対立・対応した動きの中でひと流れの動きを作りやすい面がある一方、「新聞紙を使った表現」は、新聞紙を操る側が「ひと流れの動き」を創り出す難しさと、それを体の動きで誇張、極限化していくなる側の難しさが同時に存在する特徴があることが改めて浮き彫りにされた。「これだけは指導したい内容」について再考し、動きの重点が伝わりやすい示し方を新たに提案する。</p>

  • 「表現系ダンス」における双方向的で創造的な学びを実現する指導(3)

    安江 美保, 山崎 朱音

    日本体育・スポーツ・健康学会予稿集   71 ( 0 )   455   2021年

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本体育・スポーツ・健康学会   共著  

    <p>本研究は、舞踊教育専門家3名、小・中学校現場の熟練指導者2名の5名で構成する専門家チームで協議を重ねながら、表現系ダンスにおける「これだけは指導したい内容」の一般化へ向けて、「指導案の作成-熟練指導者(4名)による実践-指導案の再検討-未熟練指導者(6名)による実践」の過程を経て実証的研究を進めてきた。</p><p> 固有の質感の動きを有する題材として取り上げた「2人の戦い」では、「体をひねる」「すばやく・ストップ・超スロー」「床を使って動きを連続」の3つを「これだけは指導したい内容」として仮説的に捉えて実践した。その結果、熟練指導者は3つを関連させながら指導しようとしていたが、未熟練指導者は3つを関連させながら指導することが難しい傾向にあった。特に未熟練指導者は、「体をひねる」を十分に指導しきれないまま「すばやく・ストップ・超スロー」「床を使って動きを連続」に移ってしまう傾向にあった。「これだけは指導したい内容」の中で「体をひねる」ことが、指導の根幹部分となっていることを、より強調する必要があることが示唆された。</p><p> また、学習者が主体的に動きをひろげていく後半の活動において、同じような動きの繰り返しになってしまうという課題が見られた中で、小学校5年生で実践した1人の未熟練指導者が、「にらみ合う」「場所を入れ替わる」等の言葉がけを行ったことにより、児童の動きに変化とひろがりをもたらしていた場面が見られた。この場面で指導者は「2人の戦い」がより面白くなっていくために、主体的にリズムや空間を「くずす」視点を投げかけていたと考えられる。</p><p> これらのことから、「これだけは指導したい内容」を「くずし」の視点と関連させて捉えていく方が、より分かりやすく指導しやすくなるのではないかという考えに至った。「2人の戦い」の実践から「これだけは指導したい内容」を再考し、動きの重点が伝わりやすい示し方を新たに提案する。</p>

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • リズム系ダンスにおける振付に頼らない指導法モデルの開発

    2020年 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:田巻以津香

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 必修期の「表現系ダンス」における双方向的で創造的な学びを実現する指導モデルの構築

    2017年 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:安江美保

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 創作ダンス指導における「動きをみる力」を高めるためのカリキュラムの作成と検証

    2016年 - 現在

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    代表者:山崎朱音

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 「動きの連続」に着目したダンス指導力向上のための資料映像の作成と活用

    2012年 - 2017年

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    代表者:山崎朱音

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 「表現系ダンス」における双方向的で創造的な学びを実現する指導(4)

    山崎朱音・安江美保

    日本体育・スポーツ・健康学会第71回大会  日本

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

  • 「リズムダンス」「現代的なリズムのダンス」の学習内容に関する検討

    田巻以津香・山崎朱音・栫ちか子

    日本体育・スポーツ・健康学会第71回大会  日本

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

  • 全国の中学校ダンス授業における指導の現状と課題

    栫ちか子・佐藤豊・高橋修一・石川泰成・金高宏文・浜田幸史・檜皮貴子・ 山崎朱音・ 河合史菜,・小松恵理子・ 田巻以津香

    日本体育・スポーツ・健康学会第71回大会  日本

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

  • 「表現系ダンス」における双方向的で創造的な学びを実現する指導(3)

    安江美保・山崎朱音

    日本体育・スポーツ・健康学会第71回大会  日本

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学  

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   中等保健体育科教育法A

    教育学部

  • 2022年度   中等教科教育法(保健体育Ⅰ)

    教育学部

  • 2022年度   初等体育科教育法

    教育学部

  • 2022年度   初等教科教育法(体育)

    教育学部

  • 2022年度   健康スポーツ演習B

    教養教育科目

全件表示 >>

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 令和3年度静岡県教育研究会保健体育研究部夏季研究大会

    役割:講師

    静岡県教育研究会・同保健体育研究部  2021年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:研究指導