横澤 公道 (ヨコザワ コウドウ)

YOKOZAWA Kodo

所属組織

大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

国際経営、 改善、知識移転、定性研究方法論

関連SDGs




直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2005年10月
    -
    2012年03月

    オランダ公立トゥヴェンテ大学  国際経営学研究科  国際経営  博士課程  修了

  • 2002年10月
    -
    2004年12月

    米国州立イースタン・ワシントン大学   経営学研究科  経営修士号  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • PhD -  トゥヴェンテ大学

  • Master of Business Admin -  イースタン・ワシントン大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究院   国際社会科学部門   准教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院先進実践学環   准教授  

  • 2017年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   経営学部   経営学科   グローバルビジネス   准教授  

  • 2016年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院国際社会科学府   経営学専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

      兵庫県立大学   経営学部   講師

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

      東京大学   経済学研究科ものづくり経営研究センター   特任助教

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2020年05月
    -
    継続中
     

    European Operations Management Association

  • 2013年05月
    -
    継続中
     

    多国籍企業学会

  • 2012年10月
    -
    継続中
     

    国際ビジネス研究学会

  • 2012年06月
    -
    継続中
     

    組織学会

  • 2011年02月
    -
    継続中
     

    国際戦略経営研究学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経営学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • インド企業への日本的生産システムの移転:企業間協働改善コミュニティの形成プロセス

    研究期間: 2014年04月  -  2018年03月

  • なぜ改善活動は海外への移転が困難なのか:従業員不安と改善活動の関係性の実証研究

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月

     概要を見る

    本調査は、これまで経営学分野ではあまり焦点が当てられてこなかった「個人の不安感」に着目し、製造現場における「改善提案活動の成果」との関係について実証研究を行う。一般的に個人が抱える不安感は、企業成果に対して負の影響があると考えられている。しかし、認知科学の見地から、ある程度の不安感を持っている従業員のほうが、改善提案活動に対して高い成果を発揮する可能性があることが明らかになった。本調査は、従業員のある程度の不安感が現場改善活動に正に影響するという仮説を実証することが目的である。さらに日本人は他民族と比較しても、不安感が高い可能性があることが既存研究から推察可能なことから、なぜ海外拠点へ改善提案活動の移転が容易か/困難かという理由を従業員特性という独自の視点から根本的な解明を目指す。

学位論文 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Towards an Economic Theory of Lean

    Eivind Reke, Daryl Powell, Kodo Yokozawa

    Advances in Production Management Systems: Artificial Intelligence for Sustainable and Resilient Production Systems ( Springer )    712 - 720   2021年08月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    For more than 40 years, researchers have studied the operations management practices of Toyota and their application in different companies and industries, most notably under the heading of lean operations. Even though lean has become an integral part of the operations management curriculum and corporations such as Danaher have embraced it as their “way of doing business”, lean has yet to truly breach the executive echelons of most firms and as such fails to reach its true potential as an alternative, people-centric, and sustainable business model. To address this gap, we have carried out an extensive literature search on the subject and conducted several interviews with C-suite executives from lean firms. Our findings point us in the direction of an underlying economic theory of lean, based on the business model and associated practices of the Toyota Motor Corporation. Furthermore, we present three exemplary case companies which have adapted some or all of these practices under the guise of lean production.

    DOI

  • Role of personal anxiety in individual kaizen behaviour and performance: evidence from Japan

    Kodo Yokozawa, Hao Anh Nguyen, Thi Bich Hanh Tran

    International Journal of Operations & Production Management ( Emerald Publishing Limited )    2021年07月  [査読有り]  [招待有り]

    共著

     概要を見る

    Purpose This study examines the role of anxiety in kaizen behaviour and performance by empirically testing the influence of personal anxiety (state and trait) on individual kaizen behaviours (rule adherence, initiative and perseverance of effort), which, in turn, affect individual kaizen performance. Design/methodology/approach The data were obtained from a survey of 552 employees of four companies in Japan and analysed using structural equation modelling. Findings The results show that state anxiety has a significantly positive effect on rule adherence and kaizen performance. Trait anxiety positively influences employees' initiative and perseverance but has a significant negative effect on kaizen performance. Originality/value This study contributes to kaizen and continuous improvement theory by focussing on individual kaizen, which is considered to be as important as organisation-level kaizen and investigating the relevance of personal anxiety in individual kaizen behaviours and kaizen performance.

    DOI

  • The impact of trust and intimacy on opportunism: The moderating roles of alternative supplier and job demand

    Pham Thi Xuan Thoa, Kodo Yokozawa

    EurOMA Conference 2021     2021年07月  [査読有り]

    共著

  • The role of a sense of urgency in driving employee innovative behavior: A conceptual model

    Hao Anh Nguyen, Kodo Yokozawa, Toru Takagi, Tim Wolput

    EurOMA Conference 2021     2021年07月  [査読有り]

    共著

  • 個人レベルの不安感と改善活動の成果との関係性:-概念モデルと研究意義-

    横澤 公道

    組織学会大会論文集 ( 特定非営利活動法人 組織学会 )  9 ( 1 ) 57 - 63   2020年08月

    単著

     概要を見る

    <p>This paper presents a conceptual model which concerns the relationship between personal level anxiety, kaizen behavior and kaizen performance. Previous literature on kaizen mostly discuss the association between its performance and organization level and strategic factors and often overlook the individual level factors such as traits and behaviors. In order to fill this gap, this paper concerns the individual factors especially focusing on personal level anxiety as one of the important determinants for successful kaizen implementation.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • なぜ改善活動は海外への移転が困難なのか:従業員不安と改善活動の関係性の実証研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月  代表者:  横澤公道

  • インド企業への日本的生産システムの移転:企業間協働改善コミュニティの形成プロセス

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月  代表者:  横澤公道

     概要を見る

    本研究は既存の知識移転の枠組みを延長し、組織コミュニティへの知識移転を調査した。インドの地場自動車部品サプライヤーコミュニティを事例研究調査した結果、生産システムの受け手のコミュニティの特性が、①高いトップのコミットメント、②メンバー同士の対等な関係、③メンバー同士の頻繁な資源の交換、④メンバーの適度な技術・知識の違い、⑤メンバー間の情報の高い見える化を行っているときに、知識の移転度が高くなり、その結果、⑥製造パフォーマンスが高くなっていた。本研究はこれらの条件下では、組織コミュニティに対する知識移転のほうが単体の企業の知識移転よりうまくいく可能性があることを明らかにした。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Role of Personal Anxiety in Individual Kaizen Behaviour and Performance

    Kodo Yokozawa  [招待有り]

    RIEB Seminar  (Online)  2021年07月25日   Research Institute for Economics and Business Administration, Kobe University

  • 従業員不安と改善の関係性

    横澤公道

    組織学会  (横浜国立大学)  2020年06月06日   横浜国立大学

  • いつ不安は改善活動を促進するのか:最新の実証研究を踏まえて

    横澤公道

    Kaizen IT Summit in Japan 2020 Virtual  (オンライン(Zoom))  2020年05月29日   合同会社 アイティ・マネジメント研究所

     概要を見る

    従業員の知恵と工夫を凝らした継続的な現場改善提案活動は模倣しにくく、長期的には大幅なコスト削減を実現することから、日本企業の競争力の源泉といわれてきた。もともと製造現場から生まれたこの概念は現在、開発、サービス、病院、郵便局でも適用され、品質向上、コスト低減のみならず、従業員教育やモチベーション向上のための活動として、国内外の企業においても重要な活動となっている。一方で、その活動を継続的に実行することは容易ではなく、活動のモチベーションを維持することの困難性や、拠点間で活動レベルに差が出るということがいわれている。今回、これまであまり焦点が当てられてこなかった個人がもつ「不安感」に着目し、それが改善活動を促進するのか、最新の研究結果を報告する。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院国際社会科学府  比較経営特論

  • 経営学部  基礎ゼミナール

  • 経営学部  横澤ゼミナールⅡ

  • 経営学部  横澤ゼミナールⅠ

  • 経営学部  International Business

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 国際大学   Monozukuri Management in Japan

  • Vietnam Japan University (VJU)   Qualitative Analysis

  • The International Masters Program for Managers (IMPM)   The Collaborative Mindset, Managing Relationships

  • 早稲田大学ビジネススクール   ケーススタディ研究戦略

  • 筑波大学社会人大学院   事例研究法

全件表示 >>