YU Chen

Affiliation

International Strategy Organization

Job Title

Associate Professor

Research Fields, Keywords

教育思想史, 経済思想史, 儒学

Mail Address

E-mail address

Related SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0001-5677-5604

The Best Research Achievement in Research Career 【 display / non-display

  • 【Book】 Strands of Modernizaiton:The Circulation of Technology and Business Practices in East Asia, 1850-1920  2021.11

    【Book】 公共する人間2 石田梅岩 公共商道の志を実践した町人教育者  2011.10

    【Book】 渋沢栄一と<義利>思想―近代東アジアの実業と教育  2008.03

The Best Research Achievement in the last 5 years 【 display / non-display

  • 【Published Thesis】 A Study on Merchants' Motto of  2022.03

    【Book】 Strands of Modernization:The Circulation of Technology and Business Practices in East Asia, 1850-1920  2021.11

    【Book】 渋沢栄一的精神之路  2021.08

    【Book】 講座 近代日本と漢学 第8巻 漢学と東アジア  2020.04

    【Book】 国際交流に託した渋沢栄一の望み:「民」による平和と共存の模索  2019.10

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    2006

    東京大学大学院   教育学   総合教育科学   Doctor Course   Accomplished credits for doctoral program

  •  
    -
    2000

    北京日本学研究中心   日本言語文学   日本言語文学   Master Course   Completed

  •  
    -
    1997

    国際関係学院   Graduated

Degree 【 display / non-display

  • Docor of Education

  • M.A. - Beijing Foreign Studies University

Campus Career 【 display / non-display

  • 2013.11
     
     

    Duty   Yokohama National UniversityInternational Strategy Organization   Associate Professor  

  • 2011.4
    -
    2013.10

    Duty   Yokohama National UniversityFaculty of Urban Innovation   Division of Urban Innovation   Associate Professor  

  • 2010.4
    -
    2011.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Associate Professor  

  • 2009.4
    -
    2010.3

    Duty   Yokohama National UniversityCollege of Education and Human Sciences   Lecturer  

External Career 【 display / non-display

  • 2013.11
     
     

      Associate Professor  

  • 2008.4
     
     

    The University of Shimane   North-east Asian Research Centre   Visiting Fellow  

  • 2008.4
    -
    2009.3

    Kansai University   Institute of Cultural Interaction   Post Doctoral Fellow  

  • 2008.4
    -
    2008.9

    The University of Shimane   Faculty of Policy Studies   Part-time Lecturer  

  • 2007.4
    -
    2009.3

    Daito Bunka University   Institute of Business research   Visting Fellow  

display all >>

Academic Society Affiliations 【 display / non-display

  • 2019.4
     
     
     

    東アジア文化交渉学会

  • 2006.4
     
     
     

    日中社会学会

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & Social Sciences / History of thought

 

Research Career 【 display / non-display

  • 近代東アジアにおける実業家の果たした役割に関する総合研究

    Project Year:

     More detail

    近年渋沢栄一、張謇など近代東アジアの実業家に関する内外の研究は、経営史、外交史、社会史、教育史などの他分野で著しく進展したが、いまだに近代東アジア全体の視座の中で、彼らの果たした役割に対する評価は定まっていない。本研究プロジェクトは、従来の一国モデルや国家間関係を中心とする国際関係モデルを重視しながらも、19世紀後半から第一次世界大戦までの時期が、科学技術の進歩や交通通手段の発展により、人々の活動がグローバル化したことを踏まえ、国境を越えた(トランスナショナルな)分析枠組みで、東アジアの実業家の思想や活動を総合的に分析し、彼らの歴史的評価を明らかにする。

  • 日中両国の商人における「義・利」「公・私」思想の比較研究

    Project Year:

Books 【 display / non-display

  • Strands of Modernization:The Circulation of Technology and Business Practices in East Asia, 1850-1920

    Yu Chen, David B. Sicilia, David G. Wittner, Tze-ki Hon, Jeffer Daykin, M. William Steele, Kimura Masato, Kim Myungsoo( Role: Joint author ,  Zhang Jian and the Transfer of Western Business Practices through Japan into China)

    University of Toronto Press  ( ISBN:978-1487509088  [Reviewed]

     More details

    Total pages:191   Responsible for pages:121-138   Language:English Book type:Scholarly book

    The chapter is divided into four parts. Part 1 discusses the historical circumstances within which Zhang Jian was active and Zhang's blueprint for local self-government. Part 2 examines Zhang’s views on the transfer of Western technologies and business practices from Japan to China. In particular, this part explores his 1903 visit to Japan to uncover the origins of his ideas about local self-government from the perspective of knowledge acquisition. Part 3 illustrates Zhang’s efforts to improve political conditions in Nantong City and introduce his concept of “people’s or citizen’s diplomacy,” which was promoted by industrialists who sought local self-government and greater participation in the state. The last part deals with Zhang’s ideas concerning managerial systems in modern Chinese enterprises.

  • 渋沢栄一的精神之路

    戴秋娟、于 臣( Role: Translator/Editor)

    学苑出版社 

     More details

    Total pages:385   Language:Chinese Book type:Scholarly book

    本書は現在、日中両国の社会経済問題の解決を念頭に、多角的な視点を提示してくれた、渋沢栄一を扱う優れた論文を蒐集・翻訳したものである。論文の選択は主に次の3つのポイントを踏まえて行った。一つ、新しい史料の発掘をはじめ、斬新な視座を提供すること。もう一つ、比較の視点から渋沢栄一を再考すること。さらに学際的アプローチで、経済活動だけではなく、それと関係のある社会、政治、文化活動も取り上げながら渋沢栄一の全体像を探ることである。選択した論文を具体的に渋沢栄一の『論語とそろばん』、渋沢栄一の企業家精神、渋沢栄一の公益理念、渋沢栄一の国際認識という四つの分野に分類して編訳した。

  • 講座 近代日本と漢学 第8巻 漢学と東アジア

    江藤茂博,于臣,中村聡,松本和明など( Role: Contributor ,  渋沢栄一と『論語』)

    戎光祥出版  ( ISBN:9784864033480

     More details

    Total pages:332   Responsible for pages:300‐316   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    『論語』は孔子と弟子の言行を、孔子の死後に弟子たちが編纂した書物である。そのなかで理想社会を実現するための政治理念や倫理思想、道徳観念、ならびに教育原則などをめぐる言説がとりあげられ、現代にいたるまで東アジア諸国に大きな影響を与えている。日本資本主義の最高指導者である渋沢栄一は生涯を通じて『論語』を座右の銘としていた。彼の『論語』解釈は日本における経営倫理の形成に寄与し、中国人の読み方にみられない一つの手本となった。筆者は具体的に栄一がどのように『論語』を読んでいたかを考察することで栄一の独自性をあらためて解明すると同時に現代人の古典読みに一石を投じることとした。

  • 国際交流に託した渋沢栄一の望み:「民」による平和と共存の模索

    于 臣,飯森明子,櫻井良樹,木村昌人,中嶋啓雄,ジェファー・デイキン,高光佳絵など( Role: Contributor ,  中国メディアによる報道と渋沢栄一のジレンマ―1914年の中国訪問を手掛かりに)

    ミネルヴァ書房  ( ISBN:978-4623086580

     More details

    Total pages:232   Responsible for pages:175-194   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    渋沢栄一は三度にわたり中国を訪れたことがあり、1914年の中国訪問は三度目の訪中であり、最後の中国訪問でもある。ずっと国民外交を唱道していた渋沢は、両国が同文同種の関係であり、思想や風俗、趣味において共通している点が多いので提携しなければならないと主張した。筆者は1910年代の日中関係ならび渋沢栄一の持論を念頭に置きながら、訪中時の彼の言動に対する現地のマスコミやメディアの見方を取り上げることで当時の中国がどのように渋沢栄一を見ていたか、また何故そうみたのか、その原因を究明した。

  • 渋沢栄一は漢学とどう関わったか―『論語と算盤』が出会う東アジアの近代

    木村昌人,町泉寿郎,見城悌治,桐原健真,朴暎美等( Role: Contributor ,  近代中国の「孔教」論と『論語と算盤』)

    ミネルヴァ書房  ( ISBN:9784623077786

    Amazon

     More details

    Total pages:248   Responsible for pages:61-90   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    渋沢栄一の『論語』解釈の特徴を明らかにするため、筆者は中国最後の儒者と称される梁漱溟の伝統思想に対する見方を考察した。梁は『論語』を人生実践の学問とし、孔子学問の宗教性を否定し、人間の生活を指導するものであると主張した。また梁は『論語』による道徳規範の強調よりも理性の開発における孔子の貢献を讃えた。さらに渋沢栄一が商工業立国の理念をアピールするために『論語』を解釈したこととは対照的に、梁漱溟は農業に着目し、農民の性情、農業の性質、ならびに農村環境の特殊性を論拠に農村建設の必然性と必要性を力説し、郷村建設理念を展開したのである。

display all >>

Thesis for a degree 【 display / non-display

  • 渋沢栄一の<義利>観をめぐる実業と教育の一側面―張謇との比較を中心に

    于 臣

    2006.9

    No Setting   Single Work    [Reviewed]

     More details

    本論は日本の資本主義の最高指導者と称せられている渋沢栄一の<義利>観を中心に論述を展開し、その理念が実業と教育にいかに表されたのかを検討した。その中で筆者は、教育学の視座で渋沢の学問の形成および孔子の『論語』についての読み替えに対して、膨大な資料を通して考察し、そして彼のこの儒学への理解がいかに彼の実業と教育活動に反映されたのを明らかにした。さらに儒家文化の本拠地である中国の張謇と比べて、渋沢の独自性を明らかにした。

  • 石門心学における「語り口」の発展―「講釈」から「道話」へ

    于 臣

    北京日本学研究中心 『日本学研究』   ( 10 )   136 - 164   2000.3

    No Setting   Single Work  

     More details

    既存の先行研究は石門心学の始祖である石田梅岩の持っている批判と自覚に対し、弟子たちが彼の思想を卑俗化しただけだと捉えている。しかし、この視点は心学がなぜ普及したかなどの社会的影響については説明できないと思われる。本論は心学を「教化の学」としてとらえ、心学の教化手段である「語り口」の発展史を検討して、心学教化の普及における手島堵庵ら弟子たちの果たした役割を検討した。最後に、心学の御用学化はむしろ心学の普及の成功を反映していると捉えた。

Papers 【 display / non-display

  • A Study on Merchants' Motto of "Merchants Were Businessmen First" in Modern China: Focusing on Yu Qiaqing and Shanghai General Chamber of Commerce

    ( 34 )   47 - 69   2022.3  [Reviewed]

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • How to View "People's Diplomacy" from the Perspective of Modern Japanese and Chinese Business World : Focusing on the Nanyang Expositon and the Kondo Trade Commission

    Chen Yu

    23   149 - 166   2012.3  [Reviewed]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Single Work  

  • 梁啓超の国家論に関する一考察―国権、国民論を中心に

    于 臣

    横浜国立大学教育人間科学部紀要Ⅱ(人文科学)   12   1 - 11   2010.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:横浜国立大学   Single Work  

  • A research on the relationship between confucius and enlightenment from the perspective of "Keisei saimin": a case study of Nishi Amane and Zhang Jian

    YU Chen

    Shimane journal of North East Asian research : North East Asian region   17   29 - 42   2009.3  [Reviewed]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:University of Shimane. Institute of North East Asian Research   Single Work  

  • A study of commercial education of modern Japan and China: focusing on the way Fukuzawa Yukichi considered "public" and"private" in his educational structure

    YU Chen

    Journal of East Asian cultural interaction studies   2   81 - 93   2009.3  [Reviewed]

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:KANSAI Daigaku   Single Work  

display all >>

Review Papers 【 display / non-display

  • The Shibusawa Memorial Museum as Seen by a chinese Scholar

    Shibusawa Masahide, Gil Latz, etc.

    Rediscovering Shibusawa Eiichi in the 21st Century   2014

     More details

    Language:English   Publishing type:Internal/External technical report, pre-print, etc.   Joint Work  

  • 周見著『張謇と渋沢栄一―近代中日企業家の比較研究』書評

    渋沢史料館『渋沢研究』   ( 23 )   2011.1

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Single Work  

  • 人物研究からみる「公共哲学」の可能性

    京都フォーラム事務局『公共的良識人』   ( 222 )   2010.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Single Work  

  • 卞崇道「東アジアの哲学史上における西周思想の意義」翻訳

    島根県立大学北東アジア地域研究センター『北東アジア研究』   ( 14・15 )   2008.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Single Work  

Other external funds procured 【 display / non-display

  • 近代東アジアにおける実業家の果たした役割に関する総合的研究

    2018.4 - 2020.3

    Private Foundations  渋沢栄一記念財団研究助成事業

    Investigator(s):于 臣

      More details

    近年、近代東アジアの実業家に関する内外の研究は、経営史、外交史、社会史、教育史などの他分野で著しく進展したが、いまだに近代東アジア全体の視座の中で、彼らの果たした役割に対する評価は定まっていない。本研究プロジェクトは、従来の一国モデルや国家間関係を中心とする国際関係モデルを重視しながらも、19世紀後半から第一次世界大戦までの時期が、科学技術の進歩や交通通手段の発展により、人々の活動がグローバル化したことを踏まえ、国境を越えた(トランスナショナルな)分析枠組みで、東アジアの実業家の思想や活動を総合的に分析し、彼らの歴史的評価を明らかにする。

Presentations 【 display / non-display

  • 「一気の自然」からみる山田方谷の義利両立論

    于 臣

    第14回東アジア文化交渉学会  2022.5  韓国啓明大学校

     More details

    Event date: 2022.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:韓国啓明大学校Online   Country:China  

  • Management Nationalism in Modern China Focusing on Zhang Jian as Gentry Merchant

    于 臣

    世界経営史学会 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    To chronicle Zhang Jian’s thoughts and actions, this presentation is divided into five major
    parts. In the first part, I will discuss the historical circumstances within which Zhang Jian was
    active. I am most interested in his transformation from a government official into a modern
    entrepreneur. In part two, I will investigate how Zhang Jian collected funds to run his businesses,
    including Guan-li, which played an important role in establishing Chinese modern enterprises. In
    part three, I will examine his special business management and find the causes of his failure. Part
    four illustrate his business ethics, especially his viewpoint on how to distinguish between the
    concepts of “public” and “private.” This part also introduces his efforts for enhancing public
    welfare. The last part deals with Zhang Jian’s limitation in terms of the spirit of entrepreneurship
    by comparing with Shibusawa Eiichi.

  • 「在商言商」からみる近代中国商人の組織化 ―上海総商会の例を手掛かりに

    于 臣

    第13回東アジア文化交渉学会  東アジア文化交渉学会

     More details

    Event date: 2021.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:二松学舎大学  

    発表者は上海総商会の指導層や活動を取り上げながら、近代中国商人における「在商言商」の意味を考察してみた。具体的にまず近代中国における「官」と「商」の関係を論じ、そこから商会設立の意義を解明する。次に上海総商会の成立過程およびその活動内容を考察することで会館、行会から継承する一面を明らかにすると同時に、会員組織における同郷団体のプレセンスを浮き彫りにする。最後に総商会の会長たる虞洽卿に焦点を当てつつ、五・三〇事件や中国実業家赴日参観団のことを論考することで「在商言商」の中身をあらたに明らかにした。

  • Mu Ouchu's Views on Shiye and Shiyejia: Comparison with Zhang Jian

    于臣

    東アジア文化交渉学会  関西大学、ドイツFAU

     More details

    Event date: 2019.5

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:エアランゲン(ドイツ)  

  • 近代中国の「実業」と「実業家」についての一考察 —張謇と穆藕初の言説を中心に

    于臣

    東アジアの近代と実業家の役割  北京外国語大学全球史研究院

     More details

    Event date: 2019.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:北京外国語大学  

    筆者はこれまで捉えられた実業家の歴史像を見直し、複眼的な視点からもう一度考察するつもりで「実業」や「実業家」という用語の中身を細かく吟味した。とくに日中韓の「実業」や「実業家」が生まれた当初、ある種の経営ナショナリズムの色彩を帯びている。また筆者は比較の視座で日中比較を行い、日本資本主義の創始者とされる渋沢栄一が『論語』を再解釈することで近代日本の企業家精神の形成に大きな役割を果たしたのに対して、中国では実業家階層がなかなか生まれてこなかった。その理由についても「実業」と「実業家」という言葉を最高することを通じて解明してみた。

display all >>

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • 2022   Chinese Seminar

    Liberal Arts Education

  • 2022   Basic Chinese 1

    Liberal Arts Education

  • 2022   Basic Chinese 2

    Liberal Arts Education

  • 2022   Introduction to China Ⅰ

    Liberal Arts Education

  • 2022   Introduction to China Ⅱ

    Liberal Arts Education

Charge of off-campus class subject 【 display / non-display

  • 儒学からみる日本と中国の企業

    Institution:放送大学

 

Social Contribution(Extension lecture) 【 display / non-display

  • 近代東アジアにおける実業家の果たした役割に関する総合研究会

    日本横浜  2018.7

  • 経済人の論語読み

    教育人間科学部  横浜国立大学教育文化ホール  2010.11

     More details

    Type:Extension Lecture

    渋沢栄一の『論語と算盤』をとりあげることで、企業倫理の歴史および今後の可能性について検討した。